ゲーム音楽っぽいオススメのプログレ・フュージョン名曲を紹介!

ゲームよりもゲームBGMが好きなdaisen(@kiteretu1101)です。

ゲームが大好きな人はゲーム音楽・BGMも好きな方が多いんじゃあないでしょうか?

名作ゲームには名曲あり!ゲームだけじゃあなく思わずサントラ盤も買ってしまいますよね。

 

そんなゲーム音楽ですが、実は昔のロックやジャズフュージョンにもゲーム音楽並にカッコイイ名曲があるんですよ。

というわけで今回はファンが厳選?したゲーム音楽・サントラ好きは聞いたら絶対ハマってしまうプログレ・フュージョンの名曲をご紹介したいと思います。

※フュージョンって何?という人は↓

▶はじめてジャズ&フュージョンを聴くならこれ!オススメ名曲・名盤10選

ちなみにゲームの作曲者って元プログレ・バンド出身だったり、プログレ・バンドの曲をオマージュした曲も作ってるなど結構ゲーム音楽との関係が深いのも特徴です。

 

FFやテイルズのようなRPGのボスバトルっぽい熱い曲や、アクションゲームっぽい曲、思わず癒やされる曲などなど…

そんなゲーム音楽っぽいプログレ・フュージョンをどうぞ。

スポンサーリンク

Kansas – Closet Chronicles

Kansas – Closet Chronicles
A song written by Steve Walsh and Kerry Livgren Artist: Kansas Album: Point Of Know Return Year: 1977 Lyrics: Once carried through the current And being swept away The king is in the closet He's hiding from today And though he owns all fortunes This room is where he'll stay And his world is filled with darkness, turning grey Gazing out the window Of the 42nd second floor He is separate from all others No one knocks upon his door And it might as well be raining 'cause the sunlight hurts his eyes And his ears will never hear the children's cries Once proud and full of passion He fought the cause of man Many people loved his courage Many followed his command He changed the old into the new And the course of things to come And then one day they noticed he was gone At first it didn't matter Nobody seemed to care They all became too busy To find him anywhere do no one knew hot even him The problems he would find On the day he journeyed deep into his mind I close my eyes I go far away Away from this battlefield In my dreams well here I will enjoy it Where innocence plays with all the laughing children The kind who are crying right now A taste of freedom from the pain Of everything here I see Life is sweet but I took it all for granted And now I don't know if I could even tell you Just what we permit, we allow Allow me to forget the life I've made my own I've held this nation in my hand And yet it's not my home Allow me just one answer just one reason why Why this refugee of the family of man must die Tell me why Daydreams filled his nighttimes And night dreams filled his days Confusion and uncertainty A puzzled mind of haze You thought he was so powerful And set upon his ways Well he left us all to travel through this maze I heard the king was dying I heard the king was dead And with him died the chronicles That no one ever read The closet's fully empty now It's occupied by none I'll draw the drapes now destiny is done

Kansas - Closet Chronicles

アメリカのプログレ・バンド。ヴァイオリンとオルガンが紡ぎ出すキャッチャーでロックなサウンドが全米で大ヒットしました。

はい、中盤までジックリ聞いてみて下さい。あれ?この曲どっかで聞いたことあるような…

そう、(おそらく)あのFFⅤの名曲「ビッグブリッジの死闘」のオマージュ元の曲なんですよ。

この曲がリリースされたのが1977年。実に20年も前からゲーム音楽っぽい曲が合ったんですよ。

アルバムも名盤なので初心者にもオススメです!

Yes-Heart of Sunrise

Yes-heart of sunrise
Wonderouse song by yes.

Yes-heart of sunrise

 

プログレ四天王(4人とは言っていない)のYesの曲。ジョジョで使われた「Roundabout」が入っているアルバムです。ジョジョのEDって言ったらピンと来るかも。

同じアルバムに入ってるこの曲もイントロから熱い展開。12分という長い曲ですが一瞬で過ぎてしまいます

RPGのイベントボスっぽい展開がプログレの真骨頂。一曲目のRoundaboutと共にYESの最高傑作です。

これもプログレ初心者にオススメです!

スポンサーリンク

Herbie Hancock – “Sly” 

Herbie Hancock – "Sly"
Herbie Hancock's "Sly" off the 1974 album Headhunters

Herbie Hancock - "Sly"

 

天才ピアニスト、ハービーハンコックの作品。ジャズフュージョン界を支えたボスっぽい人です。

中盤からのアップテンポな展開、そして後半のベースとドラムのビートの絡み合いがメチャクチャカッコいい。

まさにジャズ・ファンク!を体現している曲です。思わず体がノッってしまいます。

ビーマニなどの音ゲーファンはきっとハマるはずです。

フュージョンの名盤、初心者は是非!

Jaco Pastorius-“Kuru/Speak Like a Child”

Kuru/Speak Like a Child
"Kuru/Speak Like a Child" is the fourth track on Jaco Pastorius's self-titled debut album.

Kuru/Speak Like a Child

 

伝説のベーシスト、ジャコパストリアスのソロアルバムから。ベースやってる人は一度はその名を聞いたことあるはず。吹奏楽やってた人は「ザ・チキン」のほうが有名かな?

ハービーハンコックの名曲、スピークライクアチャイルドをベースに、スリリングに仕上げられた音楽は圧巻もの。ストリングス(バイオリンかな?)の疾走感がゾクゾクさせる一曲。

ジャズなのに超絶カッコイイのがこの曲。洒落たバトルBGMにどうでしょうか?

King Crimson-Discipline 

discipline – King Crimson
King Crimson Discipline

discipline - King Crimson

プログレ四天王King Crimsonの後期の曲から。21世紀の精神異常者とかがメジャーですけど、ゲーム音楽っぽい曲っていったらこれです。

単調なリズムがどんどん癖になってゆく、スルメみたいな曲です。ギターの正確無比なポリリズム。

工場とかのフィールドにぴったりなんじゃあないでしょうか?

Emerson, Lake & Palmer-”悪の教典#9” 

Karn Evil 9 – Emerson, Lake & Palmer
I do not own this song. Epic track by Emerson, Lake & Palmer taken from their 1973 album "Brain Salad Surgery". It's a three part epic fiction story. 1st Impression: 0:00 – 13:22 (It was split in the original LP beacuse it was too long for one side of the album, the first impression was split around 8:42) 2nd Impression: 13:23 – 20:00 3rd Impression: 20:31 – 29:37 Each part has its own style, and it's a beautiful track to listen. Enjoy!

Karn Evil 9 - Emerson, Lake & Palmer

プログレ四天王(4組とは言っていない)の一つ、ELPの大作。

三部構成で、コンセプトにそって曲が進行する。まさにプログレ!な作品。

第二部のサウンドはビーマニ・ギタフリファンは絶対知ってるはず。(というか元ネタ)。ゲーム音楽っぽいっていうかゲーム音楽の元となった曲です。

30分というありえない長さ(プログレ界では常識)ですが、これも30分が一瞬に感じるほど没頭できる曲です。

個人的に”悪の教典”というタイトルが厨二っぽくてすき。

Return To Forever -“中世序曲” 

Return To Forever – Medieval Overture

Return To Forever - Medieval Overture

 

「スペイン」で有名なチックコリアのバンド。メンバーも当時最高方のメンバーが集まった、黄金期のアルバム。名前もスタンドっぽくてカッコいい(小並感。

イントロからぐいぐい引き込まれるエレピのメロディが印象的、そこから続く強烈なセッション、ハードな演奏に一瞬でやられてしまいました。アルバムを通して世界観が強く、まさに中世の世界をイメージしたアルバムです。

浪漫の騎士っていうタイトルが中二っぽさを引き立たせます。

テイルズとかヴァルキリープロファイル系の戦闘BGMが好きな人は絶対ファンになるはずです。

 

上原ひろみ-” Time Difference” アルバム「Time Control」より

上原ひろみ / time difference
どうぞ!

上原ひろみ / time difference

ピアノが打楽器になる天才(多すぎィ)ピアニスト上原ひろみの一曲。

始まりのピアノからいきなりリフが入り予測もつかない展開を魅せる曲。ジャズなのかプログレなのかこれもうわかんねぇな。

不思議と切ない戦慄がボスバトルっぽさを沸き立たせますね。ジャズだって立派なゲーム音楽っぽい曲になるんですよ!

Soft Machine-”hazardProfile” 

Soft Machine – "Hazard Profile" (full)

Soft Machine - "Hazard Profile" (full)

船は2つあった!でお馴染み?のプログレバンド、Soft Machine。

スーパーギタリスト、アラン・ホールズワースのギターが耳に残るイントロです。

鐘の音から這い寄るドラム、底から放たれるアランのギター!

重厚感あるギターだけど、すんなり聞ける、これも聞くほど癖になる一曲です。リズムセクションが熱カッコイイ!

ゲームのOPに使うと絶対カッコイイと思います。

スペースサーカス-”アリババ” 

Space Circus – Ali Baba
Excelent funk-jazz-rock track from this Japanese band. First track from their 1978 album "Funky Caravan"

Space Circus - Ali Baba

しょっぱなからチョッパーベースが炸裂する一曲。ギターを押しのけてベースが我が物顔で演奏している印象を受けます。というかまさに変態(いい意味で)。プログレ伝家の宝刀変拍子をこれでもかと使っています。

何がすごいってこれスタジオ一発撮りなんですよね。変態だー!

ファンキーだけどシンプルなサウンドはオサレなバトルシーンで使って欲しいと思います。

グランツーリスモみたいなカーレースゲームにはぴったりかもしれません。

※アルバムが絶版だったので、オムニバスアルバムを貼っておきます。お得です。

GONG-”Percolations” 

Percolations Pt. 1 & 2 – Gong
Percolations Pt. 1 & 2 – Gong from the album Gazeuse

Percolations Pt. 1 & 2 - Gong

フランスのプログレバンド。普段フランスのバンドって聞きます?

この曲はなんてったって滝のように流れるパーカッションが特徴。

ドラムとかコンガとか鉄琴とかが好きな人にはぜひとも聞いて欲しい。脳内にいろんな汁が出てきます。

独特な緊張感、疾走感が体感できる。多分この曲の敵って絶対ステータス異常の技を使う面倒くさいタイプ。

ExhiVision – ”Windyne” 

ExhiVision – Windyne
Great song.

ExhiVision - Windyne

キーボードプレイヤー難波弘之のソロアルバムから。軽快なサウンドが心地いい。テイルズとか作曲してる桜庭さんの曲が好きならなおのこと。

イメージとしてはGTのような車ゲームに合いそう。あとは空中戦とか?

とにかく青空を爆走するイメージ。めっちゃカッコよくないですか?

 

CARAVAN-”L’Auberge Du Sanglier”(イノシシ狩りに行こう)

Caravan L'auberge du Sanglier A hunting we shall go Pengola Backwards A hunting we shall go reprise

Caravan   L'auberge du Sanglier   A hunting we shall go   Pengola   Backwards   A hunting we shall go reprise

カンタベリーロックの先駆者、CARAVANの組曲。アルバムタイトルがなんかふざけているように見えますが、曲はキレッキレ。勢いと洗練さを兼ね備えた曲です。

ファンタジーの決戦とかに使えそうな雰囲気。バイオリンとギター、リズム隊がいい味を出しています。名前負けしてるとはこのことか。

作品の空気感も優雅さがあって綺麗に作られています。敵の騎士団長との一騎打ちのBGMに使いたいですね。

 

McCoy Tyner-”Fly With The Wind” 

McCoy Tyner – Fly With the Wind – [Fly With the Wind] 1976
McCoy Tyner w/ Billy Cobham, Ron Carter and Hubert Laws – 1976 – Fly With The Wind "Personnel: McCoy Tyner (piano); Stuart Canin, Peter Schafer, Daniel Kobialko, Edmund Weingart, Frank Foster, Myra Bucky, Mark Volkert (violin); Selwart Clark, Daniel Yale (viola); Kermit Moore, Sally Kell (cello); Hubert Laws (alto flute, flute); Pual Rienzi (piccolo, flute); Raymond Duste (oboe); Linda Wood (harp); Ron Carter (bass); Billy Cobham (drums); Guilherme Franco (tambourine).Recorded from January 19-21, 1976. Originally released on Milestone (9067).McCoy Tyner's first major attempt at commercial success, 1976's FLY WITH THE WIND, is in a sense a follow-up to 1973's SONG OF THE NEW WORLD. On that album, although Tyner was experimenting with writing for a large group, his material was a direct outgrowth of his work with John Coltrane. Here, producer Orrin Keepnews and drum star Billy Cobham bring McCoy fully into the jazz-rock world.The orchestral backup and strings that sweeten Tyner's flights of pianistic fancy add a cinematic touch, and Hubert Laws's flute lends commercial viability as well as a textural contrast. But Tyner's playing still leaves spiritual echoes, while Cobham's excitable virtuosity makes the pianist's solos sound almost introspective by comparison. "Beyond the Sun" features a poignant and spare arrangement; after the orchestral statement, the piano enters unaccompanied, effectively imitating the orchestra. Tyner's piano sweeps evoke strings, harp, and flute. "Rolem," a rock-samba, is replete with the quick unison passages that were the rage at the time." ~ Music Outfitter Tracklisting: 01. Fly With The Wind 02. Salvadore De Samba 03. Beyond The Sun 04. You Stepped Out Of A Dream 05. Rolem

McCoy Tyner  - Fly With the Wind - [Fly With the Wind] 1976

ジャズピアニスト、マッコイ・タイナーの大作。

自分ストリングスに弱いんですかね、イントロの静けさから一気に山を駆け巡るような開放感。

ピアノがセクシー…エロいッ!

マッコイ・タイナーのピアノとストリングスがかっこよさを引き立たせます。JAZZとしてもかなりの良曲。EDとかに使ったらそれは壮大な幕引きになるだろうなぁ。

ファンタジー系のBGMで盛り上がること間違いなしです!

KENSO-”謎めいた森” 

Kenso – From the Mystic Woods – (Yume No Oka) Track #3
Group: Kenso Title: From the Mystic Woods Album: Yume No Oka (1991) Track: 3 Japanese Prog/Fusion band I will eventually put up every track on this album!

Kenso - From the Mystic Woods - (Yume No Oka) Track #3

日本が誇る、現役歯科医のギタリストがリーダーのプログレバンド、KENSO。

テンション高い曲ばっかりだったのでダンジョンっぽいBGMを。

ぶっちゃけタイトル通り「謎めいた森」のダンジョンなBGMですね。いやぁまさにゲーム音楽っぽい。

深夜に聞くと癒やされます。

パット・メセニー-” Facing West”

Pat Metheny – Facing West
[INSTRUMENTAL] Though this music genre is not among the ones I usually come to appreciate, I find this track amazing. Taken from the 1992 album 'Secret Story', entirely composed by Pat Metheny but played along with orchestra.

Pat Metheny - Facing West

シマシャツが世界一似合うギタリスト、パット・メセニー。アニメのジョジョ3部でパット・メセニーの曲が使われいました。

風のクロノアっぽい爽やかな曲です。冒険の始まり。ステージ1-1っぽい曲ですね。

このアルバム自体こんな感じでダンジョンっぽかったり街のBGMっぽい曲にピッタリなのでオススメですよ。

Liquid Tension EXPERIMENT ” acid rain” 

Liquid Tension EXPERIMENT – acid rain –
LTEの代表曲と言っても過言ではない、アシッドレインです。 曲のみです メタルです。変態です。 LTE is no exaggeration to say that music is not typical, acid rain is. Only tune Artisan craftsmanship is

Liquid Tension EXPERIMENT - acid rain -

スーパー変態プログレメタルバンド、LTEの2ndアルバムから。

ウルトラ変態プログレメタルバンド、ドリーム・シアターのメンバーで構成。

初っ端からバカテクのオンパレード。だから滅茶苦茶カッコイイサウンドが創りだされる。ドコドコドラムが癖になります。

ギルティギア、DMC好きはホイホイ寄ってくるかも。あまりメタルは聞きませんが、これはヘビロテ不可避。

Frost* -” Milliontown” 

Frost* – Milliontown
In celebration of YouTube enabling uploads longer than 15 minutes, I made this video. A video to showcase a particular favorite song of mine that just so happens to be over 15 minutes long. Thanks, YouTube! That song, of course, is Milliontown by Frost* from the album of the same name. I hope you enjoy it. That and the awesome Summer Wars fan art I used. :3

Frost* - Milliontown

90年台のプログレバンドのメンバーが集結したアルバムの組曲から。

これでもか!というほどメロディとフレーズのアイデアを詰め込んだ一曲。

この一曲でボス~回想イベント~ボス第二体型~ボス最終体型の流れが組めます。

ゲームファンならこれだけでゲーム作れるんじゃあないかってくらいオススメです。

ゲームファンは是非プログレ・フュージョンを聞いてみて!

というわけでゲーム音楽っぽいプログレ・フュージョンの名曲でした。

テンション高い系のボスっぽい曲に偏ってしまいましたが…

ゲームのサントラ・BGMが好きな人は絶対プログレ・フュージョンにハマると思います。かくいう自分がそうですからね。

 

ちなみに自分は音質にこだわる人なのでいつも通勤の時にウォークマンで曲を聞いてます。

仕事前に聞くとやる気が出る…気がします。

▶音質にこだわるならiPhoneよりも断然ウォークマン!使ってみた感想とオススメする理由とは?

 

他にもゲームの名曲をまとめた記事がありますのでそちらもどうぞ

ゲーム音楽好き必聴!星のカービィシリーズの名曲・BGMおすすめ90曲をまとめて紹介!

 

ゲームファンに絶対オススメしたい!ソニックシリーズの名曲・BGMをまとめてみた

 

それではみなさんいい夢を(締めの言葉

スポンサーリンク

関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です