JAZZ

【オススメ】ジャズ初心者に聞いて欲しい一度は絶対聞いたことがある名曲30選【JAZZ】

一度は聞いたことがあるジャズの名曲

知ってる曲がJAZZばかりでカラオケで歌えないdaisen(@kiteretu1101)です。

 

皆さんジャズは聞かれますか?

 

最近「坂道のアポロン 」とか「ブルージャイアント」とかアニメや漫画、ちょっと前なら「SWING GIRLS 」なんかでジャズに興味を持たれた方も多いと思います。

テレビやCM、カフェのようなお店でふっとジャズを耳にしますよね。

ちょっと気になったからジャズってどんな曲があるんだろうと調べてみた!

でもジャズって沢山の曲があってどれから聞いたらいいかわからない…と悩む人もいらっしゃると思います。

というわけで中学生からジャズを聞いてるジャズ好き人間が、テレビやCMで一度はどっかで聞いたこともある有名なジャズの名曲・オススメ名盤を紹介していこうと思います。

曲を聴いていいなと思ったら是非ジャズの世界へ足を運んでみてください。

 

ちなみにジャズをお得に聴くなら流行の定額制音楽配信サービス(音楽アプリ)がオススメです。筆者も通勤中や休日はアプリを使って聞いてます。

月額900円とシングルCD一枚くらいの値段で、今回紹介した映画サントラ以外にも4000万曲を超える楽曲が聴き放題になります。

当ブログではオススメの定額制音楽配信サービスをまとめてますので、音楽好きの方は是非チェックしてみてください。→【音楽アプリ】ジャズ好きが厳選した定額制音楽配信サービスおすすめ5つを比較してみた

あわせて読みたい
聴き放題サービスオススメを紹介します
【音楽アプリ】ジャズ好きが厳選した定額制音楽配信サービスおすすめ5つを比較してみたスマホでたくさん音楽を聴きたい!CDは高いからなるべく安く音楽を聴きたい!YouTubeじゃ使いについ! そんな人にオススメなのが定額...

目次

ベニー・グッドマン「シング・シング・シング」

Sing Sing Sing – Benny Goodman

初めのドラムを聞いただけでピンとくるはず。

そして管楽器の盛り上がりで誰もが「あ!この曲知ってる!」となるであろうスーパー有名曲。

スウィングJAZZの定番ナンバーとして世界中で愛されているこの曲。スウィングの王様と言われるだけあります。

日本でもちょっと前に「スウィングガールズ」という映画で一躍有名になりました。某ネズミの国でも演奏されています。

耳にするだけで誰もが気分上々になるこの曲。まさにJAZZのいいところを全面に出した曲です。

歴史もあるだけ多くのバンドでアレンジされています。YouTubeで聴き比べてみるのもいいかもしれません。

デューク・エリントン「A列車で行こう」

Duke Ellington, "Take the A Train"

 

タイトルはおそらく誰でも知ってるであろう名曲。ゲームとは一切関係ありません。

JAZZと言うよりかはどちらかといえばビックバンドなんですが…まぁいいや。

 

ちなみにA列車っていうのはブルックリン東地区からハーレムを経てマンハッタン北部を結ぶニューヨーク市地下鉄の8番街急行線のことです。(8th Avenue ExpressのA)

子供の頃A列車のAを「ええ列車(関西弁)」だと勘違いしてました。(´・ω・`)知らんがな。

フランク・シナトラ「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」

スポンサーリンク

Frank Sinatra Fly Me To The Moon

 

歌は心を潤してくれる。リリンの生み出した文化の極みだよ。そう感じないか?

と問われそうなこの曲。アニメ好きなら誰もが聞いたであろうジャズナンバー。

特にザ・ヴォイスの異名(メタルギアっぽいなぁ・・)で知られたジャズシンガーのフランク・シナトラのカヴァーは世界中でも有名です。

当時アポロ計画まっただ中ということで、本当に私を月に連れてってくれるのが現実になろうとしていた時代

当時の人はとても思い入れのある曲なんです。

グレン・ミラー「In the Mood」

Glenn Miller – In The Mood [HQ]

 

だれもが一度は耳にしたであろうこの曲。

CMはもちろん、アレンジやカヴァーでポップスとして歌われたりして多くの人に親しまれている名曲です。

ぶっちゃけジャズというかビックバンド…ってもうくどいか。

スタンダードジャズとしてスタンダードな一曲。吹奏楽をかじってた人なら絶対にやってるはずです。

全然関係ない話ですが、東京ディズニーランドのアトラクション?の一つである「ビッグバンドビート」で聞いた時は印象深かったなぁ…

何時間も寒い中、行列を耐えて聞いた時のイン・ザ・ムードは格別でした。

グレン・ミラー「ムーンライト・セレナーデ」

ムーンライト・セレナーデ

 

グレン・ミラーからもう一曲。

これもCMでよく使われている曲なので、みなさんご存知だと思います。

スウィングガールズでも使われたのが記憶にあたらしい、と思う。

なんでかこの曲、車のCMによく使われているんですよ。なんでだろう。

確かに深夜のドライブでこの曲を聞きながらデート…なんてできたらきっとカッコイイんだろうなぁ。

アート・ブレイキー「Moanin’」

Moanin' ~モーニン~

 

ジャズ界の巨匠でありジャズドラマーとして功績をのこしたアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ。

ジャズ・メッセンジャーズってカッコイイですよね。

アート・ブレイキーはJAZZのなかでも一番好きなアーティストです。

この曲もものすごく有名ですね。JAZZといえば、アート・ブレイキーといえばモーニン。

ジャズドラマーだけあってドラムのキレ、安定感が抜群です。JAZZの渋かっこよさが詰まっています。

メンバー全員が全盛期にプレイされたこの曲はアート・ブレイキーのすべてがあります。これさえ聞いとけばとりあえずJAZZは語れる、はず。

ちなみにアートブレイキーは大の親日家だったそうな。来日したときに飛行機代が無くて日本人に助けられたらしいです。やっぱり親切はするものですね!(なんのこっちゃ

セロニアス・モンク「ラウンド・(アバウト)・ミッドナイト」

 

ジャズピアニストを代表するセロニアスモンクの有名な曲。

題名どおり深夜にたたずむなんともいえない雰囲気が最高ですね。

深夜に一人で腰を掲げながらスコッチ片手にハードボイルドするときにうってつけ?の一曲です。

こういう渋いジャズの曲が似合う大人になりたいですね。

マイルス・デイヴィス「So What」

So What by.Miles Davis

 

ジャズの歴史を語る上で欠かせない人物。

それがジャズの帝王「マイルス・デイヴィス」(帝王ってまたすごい異名だな…)

一曲だけでは魅力を伝えきれないのでアルバム丸ごと紹介しました。その中でも好きなオープニング曲。トランペッターの凄みが伝わってきます。

ジャズの演奏方法を大きく変えた「モード演奏」を編み出し、ジャズ界に革命を起こした人物として有名でもあります。

マイルス・デイヴィスの艶美でクールなトランペットがたっぷり楽しめる、彼を代表する一曲です(ライブ版ではなぜか猛烈にスピードが上がるという不思議)。

大人の渋さってまさにこんな感じだとおもいます。おもわずバーでウイスキーが飲みたくなっちゃう一曲です。

マイルズ・デイヴィス「Milestones」

Miles Davis – Milestones (Audio)

 

JAZZの帝王・マイルス・デイヴィスのからもう一曲。マイルス・デイヴィスといえばいろんな名曲がありますが、僕はこのマイルストーンズをオススメします。

初期のマイルス・デイヴィスの作品、モード奏法云々を取り組み始めた作品とのこと。って言ってもいまいちピンときませんよね。

理論を抜きにして何故か聞き心地のいい音楽なんです。マイルス・デイヴィスらしいトランペットと自然と体が動いてしまうリズム。

個人的にはとてもシンプルにまとまった曲だと思います。シンプルがカッコイイッて言われるじゃあないですか。あれですよ。

created by Rinker
ソニーミュージックエンタテインメント

バド・パウエル「クレオパトラの夢」

Cleopatra's Dream

 

モダンジャズのピアニストとして開祖と言われるピアニスト、バド・パウエル。

彼が創りだした曲は今でも名曲として語り継がれています。

その中でも一番カッコイイ。って思った曲がこれ。モダンジャズの開祖だけあって、いかにもJAZZらしい曲です。

「クレオパトラ」の夢のとおり、不思議と中東のリズムをイメージさせられます。ものすごくお酒が合う曲。軽快なリズムがとてもいいんですねぇ。

初心者でも全然おすすめできる曲です。ここからどんどんモダンジャズに入っていくのもいいかもしれません。

ビル・エバンス「ワルツ・フォー・デビー」

Bill Evans – Waltz For Debby

 

モダンジャズの名ピアニスト、ビル・エバンス。彼も様々な曲を遺していきました。

そんな中でも一番有名な曲かつオススメしたい一曲。

ビル・エバンスの優しいタッチの演奏は多くのピアノプレーヤーのベースとなりました。

この曲は姪っ子のデビーのために書かれた曲だそうで、心地よいピアノの音色を捧げたビル・エバンスの凄さがわかります。

初めは三拍子のワルツなんですが、途中から軽快な4拍子に変わります。このピアノの心地よさとベースの渋さ、ドラムの軽快さが体をゆっくりと揺さぶります。

バーで聞いたら絶対受けそうな一曲です。こちらもジャズ初心者にオススメの一曲。ジャズピアノの入門にもうってつけですね。

あわせて読みたい
ピアノの画像
有名なジャズピアニストの名曲名盤を紹介!ジャズ初心者にもオススメ!カフェやレストランで耳にするジャズピアノ。 鍵盤が奏でる表情豊な音色と自由を象徴するジャズは、ジャズを知らない人でもつい夢中にする魅力...

ビル・エバンス「枯葉」

Bill Evans Trio – Autumn Leaves

 

ビル・エバンスからもう一曲。これは絶対に外せないモダンジャズの名曲です。

枯葉というタイトルのようにそこはかとなく哀愁ただようピアノの音色、そしてトリオで奏でる音楽が素晴らしいんですよ。

そよ風とともに、緑で生い茂っていた葉っぱが秋になり、時と共に色を変え、そしてそよ風とともに散っていく・・・・

なんて想像をしながら作業するとデキる大人っぽくないですか?

ちなみにジョジョのスタンドとしても出てきました。最近の荒木センセイはジャズのネタが多くて個人的に大満足です。

デイブ・ブルーベック「テイク・ファイブ」

Dave Brubeck – Take Five

 

5拍子というユニークなリズムで展開する曲。一度聞くと中々忘れないメロディです。

アリナミンのCM(30年前だけど)とかにも使われているのでどこかで聞いたことがあるはず。

ラジオやテレビでも度々使われており、実は引っ張りだこな人気曲。60年台のアメリカでは一日5回も流れたとか。

軽快なリズムなんですが、力強いドラムが印象的。単調ながらも味わい深い音楽が聞こえてきます。

カッコイイの中でも渋カッコイイといったほうが良いのかな?とっても大人~な感じがしますね。

ソニー・ロリンズ「セントトーマス」

Sonny Rollins – St. Thomas

 

サックス界の大御所、ソニー・ロリンズの名盤。

サキソフォン・コロッサス、略してサキコロ。マクドの新商品みたい。(おいしそう)

名前の通りセントトーマス島をモチーフにしたポップスなモダンジャズ。一度聞いたらなぜか覚えてしまう音色です。

アルバム全体の完成度も素晴らしく、モダンジャズの玄関をくぐるにはもってこいの一曲です。

ジャズらしい楽しい気分になれる曲です。

ソニー・クラーク「クール・ストラッティン」

Sonny Clark – Cool Struttin'

 

いかにもジャズ!ってかんじのナンバー。うえのソニー・ロリンズと間違えやすいのでテストの時は注意して下さい。

実は本国アメリカではそんなに人気になった曲ではなく、何故か日本でヒットした曲。

昔から喫茶店で流れていたこともあり、知らず知らずのうちに聞いている人も多いと思います。

ラジオとかテレビのコーナーでもよく使われるので、ジャズといったらこんな感じ、みたいなのがあるんでしょうか。

ジョン・コルトレーン「マイ・フェイバリット・シングス」

My Favorite Things – John Coltrane [FULL VERSION] HQ

 

モダンジャズを代表するサックスプレイヤー。その中でも特に有名なのがこの曲でしょう。初心者にも絶対に聞いて欲しい一曲。

曲自体は「サウンドオブミュージック」で歌われたモノをジャズアレンジしたもの。

日本でも「そうだ京都行こう」のCMで使われていますね。どっかで聞いたことあるなぁと思うはずです。

ジョン・コルトレーンの音色もさることながら、ピアノがものすごくいいんですよ。

こういう音色がものすごくカッコイイと思うのは自分だけでしょうか。このピアノの和音とサックスが「私のお気に入り」です。

ジョン・コルトレーン「ジャイアント・ステップス」

Giant Steps

 

コルトレーンからもう一曲。

ハイテンポなリズムから繰り出されるジョン・コルトレーンのサックスプレイは必聴。シーツ・オブ・サウンズと呼ばれる、洪水のように流れる音符がコルトレーンの魅力の一つです。

渋カッコイイとはまた違った軽快さがカッコよさを醸し出します。小刻みに足でリズムを数えさせてしまう魅力があります。

この曲のようにロックにも引けをとらないカッコイイ曲があるのもジャズの魅力の一つでもあります。カッコイイインスト曲を探してる人にもオススメですよ。

あわせて読みたい
jazz-jam
JAZZ好きがオススメする疾走感あふれる最高にカッコイイジャズを紹介!スィングしなけりゃ意味がない、daisen【@kiteretu1101】です。 ジャズというとおしゃれなバーでしっとりとした雰囲気で聴...

ハービー・ハンコック「ウォーターメロンマン」

Herbie Hancock – Watermelon Man (1962)

 

一度は絶対どこかで聞いたことがあるんじゃあ無いでしょうか。

ご存知ファンクの申し子?ハービー・ハンコックの初期の作品。一番JAZZしてた頃ですね。

シンプルなんだけど耳に残るピアノとトランペットが不思議とカッコよさを引き立たせます。

一度聞いたら耳から中々忘れない、ハービー・ハンコックの独特なサウンドが魅力。

色んなアレンジがいろんなアーチストで彩られているのも特徴。

他所多様な「スイカ」が味わえます。そんななかで元祖的な存在。必聴です。

ハービー・ハンコック「処女航海」

Herbie Hancock – Maiden Voyage

 

ハービー・ハンコックからもう一曲。

スタンダードジャズとしても有名な一曲です。

ハービー・ハンコックっていうとさんま御殿のオープニング曲やファンクなどの曲でどうしてもイメージが先行してしまいがちですが、昔は渋くてカッコイイジャズもプレイしていました(失礼か。)

さすが若き天才と言われただけあって、帝王マイルス・デイヴィスからも認められた作曲はこの頃から片鱗を表していました。

自分の思い通りのジャズを書いた、というこの曲。現代ジャズを築き上げたハービー・ハンコックのセンスが体で感じられます。

テッド・ウィームス「Somebody Stole My Gal」

PEE WEE HUNT CD Vintage Jazz Swing Orchestra. Somebody Stole My Gal / Spain …

 

タイトルを見ただけではなんだ?とおもうかもしれません。

でも最初のところだけ聞くとあら不思議、関西人の9割があの風景を思い浮かべる曲です。そりゃああのテーマ曲だもん。自分も子供の頃土曜日に何回も聞きました。

ホンワカパッパ♪ホンワカパッパ♪というリズムが頭のなかから離れません。

曲自体はとても陽気でたのしい曲なんですが、『Somebody Stole My Gal』を日本語に訳すと「誰かがあの娘を奪っていった」という、実は今風にいう失恋の曲なんですね。

そんな悲しさを微塵も感じられないトランペットの音色はなんだか落ち込んでもついつい楽しくなっちゃいます。

ナット・キング・コール「LOVE」

NAT KING COLE L-O-V-E

 

歌物?から一曲。これもどっかで聞いたことがある名曲です。

ジャズピアニストであり歌手のナット・キング・コールの名曲の一つ。

案の定日本でもスウィングガールズのEDで使われていました。

実はこの曲を最後になくなったというエピソード。なんとなく哀愁を感じるのは自分だけでしょうか。

日本語訳もされているのでお暇な方は聞いてみてください。あの美空ひばりがナット・キング・コールのカヴァーをしたそうで。すごいなぁ。

チック・コリア(リターン・トゥ・フォーエバー)/Spain

Chick Corea and Return to Forever – Spain

 

こっからJAZZの時代からフュージョンの時代に変わりつつあります。

そんな時代のパイオニア的な曲がこれ。自分JAZZ好きと言いましたが、どっちかって言うとフュージョン好きなんですよ。何が違うのかって言われたら…難しいんですけど…まぁいいか。

ラテン・ジャズの流を組んだこの曲。一度は絶対聞いたことがあるはず。それほどフュージョンでは有名な曲なんですよ。自分も大のチック・コリアファンでして、流れるような情熱的なエレクトリック・ピアノがもうたまりません。

この曲でピン!と来た方は是非フュージョンにも足を突っ込んでみて下さい。JAZZと現代音楽が見事に混ざりあった音色はオススメできますよ!

フュージョンの名曲について書きました▶はじめてジャズ&フュージョンを聴くならこれ!20代が同世代にオススメする名曲・名盤10選

いつか王子様が/Someday My Prince Will Come

 

ディズニー映画『白雪姫』の曲より。ディズニー映画とジャズって親和性が高いんですよね。不思議なことに。

ジャズに興味が無い人も、この曲は聞いたことがあるのではないでしょうか?

先ほど紹介したビル・エバンスを筆頭に、多くのジャズマンたちにカヴァーされ、いつの間にかジャズスタンダードとして欠かせない曲になりました。こうしたいきさつがあるジャズの曲があるのもジャズらしいというかなんというか。

個人的にはビルエバンス版のピアノがオススメ。繊細なエバンスのピアノがお姫様っぽくて好きです。(乙女

 ミシェル・ルグラン「キャラバンの到着」

キャラバンの到着(ミシェル・ルグラン)

 

車好きはピンとくる。みんなも一度も耳に記憶が残ってるはず。

「ロシュフォールの恋人」という映画の主題歌として作曲した巨匠ミシェル・ルグランの一曲。今聞いても色あせません。

ジャズというかもうビックバンドなんですけど、まぁ細かいことは気にしない。

ビックバンドといえばシング・シング・シングとかアイ・ガット・リズムとかありますが、独断と偏見でこれ。

不思議と心がわくわくしてくる、勇気づけられる曲です。落ち込んだ時はこれを聞くとすっきり。晴れた日に聞きたいですね。おすすめです。

映画音楽の特集記事もどうぞ▶一度は絶対聞いたことがある!有名な映画テーマ曲・主題曲30選【おすすめ】

大野雄二/ルパン三世のテーマ

Theme From Lupin III '79 / You & The Explosion Band

 

ふぅー↑じこ↓ちゃぁ~ん→でおなじみ?のルパン三世。この曲、聞いたら絶対あの男を思い浮かべるはずです。

作曲者の大野雄二さんはジャズ・ピアニストとしても活躍されています。流石JAZZで食ってるだけあってJAZZ好きだけではなく、多くの人達の耳と心を盗んだ大どろぼうですよ。

作曲者曰く「マカロニ・ウェスタン」を意識して作曲されたとのこと。

当時(70年台)、アニメ音楽で刑事ドラマみたいな管楽器が効いた曲ってのは珍しかったそうです。そう考えると大野さんの作曲スキルに脱帽です。

人気アニメのテーマ曲だけあって、様々なアーチスト達によってカヴァーされています。

ルパン三世のテーマだけでも78年と80年のテーマ曲があり、探してみると面白いですよ。

ルパン三世っっぽいジャズ曲の記事を書いてます▶ジャズ好きがオススメする、ルパン三世っぽい曲7選【アップテンポ】

矢野沙織 /Open Mind(報道ステーション初代OP)

報道ステーション 初代 テーマ曲「Open Mind」矢野沙織 & 松永貴志 スタジオライブ

 

こんばんわ、報道ステーションです。  

 

この曲も絶対聞いたことあると思います。

なにせみんなが見るニュース番組のOPですから。スゴイですよね、ニュース番組にJAZZをもってくるって。

でもそれが余計にアーバンさを出してるのか、オシャレな雰囲気なんですよ。

このうなるようなサックスの音色、OPだけだとさわりだけですが、通しできくとこれまた素敵な一曲なんです。

アルバム通してもオススメなので、現代のジャズを聞きたい方はおすすめです!

ルイ・アームストロング「この素晴らしきこの世界」

【歌えるオールディーズ 62】 この素晴らしき世界 (ルイ・アームストロング)

 

このろくでもない、素晴らしきこの世界に向けた一曲。

”サッチモ”の愛称で親しまれたルイ・アームストロングの名曲です。

某缶コーヒーのCMで使われているのでほとんどの人がこの曲を知ってると思います。名曲のなかの名曲です。

当時ベトナム戦争のまっただ中で作られたこの曲。歌詞もさながら、とてもピースフルに満ちています。

「争いなんかしなくても、思いやりあうだけで、世界はこんなにも素晴らしいんだよ」

歌詞も曲もとてもシンプル。

だけどルイ・アームストロングの心に響く声が体の中に溶け込んでいくような力強さがあります。

いろんなアーティストにカヴァーされていますが、やっぱり行き着く先はルイ・アームストロング。

なんて素晴らしいんだろう、この世界は。

最後に:ジャズをたくさん聞くなら定額音楽サービスがオススメ!

というわけで一度は耳にした事のあるジャズの名曲でした。一度聞いたら「あ~あの曲ね~」ってなりませんでしたか?

今回紹介した曲以外にも素敵な・カッコイイ曲がたくさんあるので是非調べてみてください。

もしジャズに興味を持たれた方で、もっとたくさん音楽を聞きたい!という人は定額制音楽配信サービスがおすすめです。

ジャズはたくさんの曲があるので、CDを揃えるだけでもお金がかかってしまいます。

その点音楽配信サービスだと定額でいろんなジャズが聴けるのがポイント。

自分も利用しましたが、アルバムに換算したら100枚以上買っている計算になりました。10万以上は越えてますね(笑)。

定額制なら900円ほどで4000万曲以上が聞き放題になります。音質も十分、スマホからでも聞けるのでたくさん曲を聴きたいジャズ初心者にもオススメのサービスです!

ほとんどのサービスが一ヶ月の無料体験を行っているので是非チェックしてみてください。

詳しくは↓の記事をどうぞ。

あわせて読みたい
AmazonMusicUnlimited アイキャッチ
Amazon Music Unlimitedレビュー~使ってみた感想・評判など徹底解説!2017年11月8日、Amazonは音楽配信サービスMusicUnlimited(ミュージックアンリミテッド)を開始しました。 月額9...

コチラの記事もオススメです。

 

ABOUT ME
daisen1101
15卒のメーカーで働いている20代。よく30代の課長っぽいと言われます。このブログは働きながら疑問に思ったこと、社会人について書いています。趣味は合気道(初段・5年目)と麻雀と一人旅。JAZZとプログレが大好きな20代です。 詳しいプロフィールはこちらから