水泳でダイエットするなら市営プール?ジム?実際に通った感想を比較してみた!

バタフライをする男性

元水泳部のdaisen(@kiteretu1101)です。昔は腹筋が割れてました。

 

ダイエットのために水泳を頑張るぞ!

と意気込んだはいいけども、どこで泳いだらいいのか悩んでませんか?

市営プールなら安いけど、ジムのほうが設備がよくて泳ぎやすそう・・・と迷ってるかもしれません。

 

自分もダイエットのために水泳を始めて市営プールとジムのどちらも利用しました。

そこで今回は市営プールとジム、どっちのほうが泳ぎやすいのか。メリットやデメリット、使ってみた感想を書いていこうと思います。

 

これから水泳でダイエットしたい!という人は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

水泳するなら市営プール?ジム?表にまとめてみた

バタフライをする男性

まず市営プールとジムのプールの比較を表にまとめてみました。

  市営プール ジム
値段 一回300~500円 月8000円(週2で800円くらい)
泳ぎやすさ 泳ぎにくい【人が多い】

泳ぎやすい【人が少ない】

施設の豪華さ 最低限【シャワーやバス】 お風呂やサウナがある
営業時間 10時~夜の8時半 9時~夜の11時(休日は7時)
使ってみた感想 水泳初心者は気軽に続けやすい ガチでダイエットする雰囲気

一つ一つ解説していきます。

市営プールは圧倒的に安い!ジムは高い!

意外とコストがかかる自炊

まず肝心のお値段です。

価格は市営プールが断然お得。一回300~500円で泳ぎ放題なのは流石市営プールといったところ。

今自分が通っているジムはトレーニングジムとプールで8000円強ほど。

週に二回としたら月8回。一回1000円ちょっとですね。

なので市営プールだとジムのプールの半額くらいで泳げます。

なるべくお金はかけずに泳ぎたい!という人は市営プールをオススメします。

スポンサーリンク

通い安さは市営もジムも立地によりけり。~ジムのほうが便利?

次に通いやすさです。遠すぎると行くだけでもしんどいですから、なるべく近いほうがいいですよね。

 

通いさすさはぶっちゃけ住んでる地域によりけりです。

都市部だとジムもたくさんあるし、市営プール(スポーツセンター)の数も多いです。

通いさすさに関しては近くにプールがないかを確認して自分にあったプールを探すのが一番です。

 

プールは会社や自宅、通勤の合間にあるところのほうが続けやすいですね。

ジムだと遅くまでやっているところも~社会人にはジムのほうがいい?

市営プールのデメリットは営業時間の短さです。東京など都心部を除く市営プールは遅くても9時頃で営業が終わります。

対して大きめのジムだと夜の11時ごろまでやっているところが多いです。

夜の時間帯専用のコースだと会費も抑えることが出来ます。

特に仕事が忙しい社会人の人は夜遅くまでえいぎょうしているジムの方が通いやすいですね。

施設やサービスはジムが圧倒的に豪華!市営プールも最低限の設備あり

室内プールの画像

施設の豪華さ(便利さ)やサービスはジムのほうが圧倒的に豪華です。

 

(ジムによりけりですが)今通ってるところだと初回限定で個人レッスン一回無料クーポンがもらえたり、体脂肪などを図ってアドバイスをもらう、というサービスがありました。

またジムでは無料のアクアフィットネスや水泳教室も毎週開催されており、サービスも充実してます。

設備もジムならサウナや大浴場はあたりまえ。マッサージもできたりプールも広いので快適です。

市民プールも無料の水泳教室も開催。市民プールでも充分な施設です

じゃあ市営プールはしょぼいのかというとそうではありません。

シャワーも付いてますし、月によっては無料の水泳教室もやってます。ジムと比べると見劣りしますが、それでも十分な設備があります。

 

サービスや設備はしっかりしたのがいい!という人はジム、安くていいからとにかく泳ぎたい!という人は市営プールですね。

泳ぎやすさはジムがオススメ。市営プールは混雑期に注意!

水に潜る男性

泳ぎやすさはジムですね。市営プールも狭いことは無く、十分に泳げます。

じゃあなぜジムのほうが泳ぎやすいかというと人の多さです。

ジムだと人はあまり多くありません。大体1レーンに1~2人です。

ですが市営プールだと1レーン2~3人が多いですね。

特に市営プールだと家族づれやお年寄りの方が多いため、夏は特に人で一杯になります。

 

なのでガッツリ泳ぎたい!という人は人数が少なく泳ぎやすい環境が整っているジムをオススメします。

ムキムキの人を見ると頑張ろう!ってモチベーションも上がりますよ。

コスト優先なら市営プール。本気で痩せたいならジムで水泳

水泳キャップをはめている男性

というわけで結論を申し上げますと、

  • とにかく安く泳ぎたいなら市営プール
  • 本気で痩せたいならジムで水泳

がオススメです。

やっぱり市営プールとジムと比べると施設の充実さや泳ぎやすさで比べたらジムの方がいいですね。

ジムだと人も少なく、プールも広いのでガッツリ泳ぐにはジムが最適です。

 

市営プールだと人が混んで居るときは泳ぎづらいですが、安いので気軽に通える所がポイントです。

まずは市営プールで泳ぎの練習。もっと痩せたい!とおもったらジムへ

おすすめなのはまず市営プールで泳ぎの練習をすることです。

モチベーションを上げるためにジムへ入る!というのもありですが、市営プールだと安いので泳ぐときの練習になります。

あわせて読みたい

 

ジムに入ったけどきつすぎて結局つづけられない…というのが一番もったいないです。

 

なのでまず市営プールで泳ぎに慣れるのがベストです。

泳ぎに慣れてきてもっと痩せたい!本格的に泳ぎたい!と思ったらジムに入会するのがいいですね。

 

まずは自分が一番続けやすい方法が一番です。市営プールでも頑張ればダイエットは出来ます!

ダイエットは継続が大事!ゆっくりつづけてダイエット頑張りましょう!

それでは皆さんいい夢を【締めの言葉

スポンサーリンク

関連記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

15卒のメーカーで働いている20代。よく30代の課長っぽいと言われます。このブログは働きながら疑問に思ったこと、社会人について書いています。趣味は合気道(初段・5年目)と麻雀と一人旅。JAZZとプログレが大好きな20代です。
詳しいプロフィールはこちらから