麻雀

【麻雀本レビュー】現代麻雀の神ワザ~天鳳強者の牌譜徹底分析~は上級者必読の戦術本!

現代麻雀の神ワザ

今回レビューするのは現代麻雀の神ワザ ~天鳳強者の牌譜徹底分析~という麻雀戦術本でございます。

人気麻雀ブログ「 鳳南研究所」の運営者”研タロウ”氏書き下ろし戦術本です。

鳳南研究所はネット麻雀でもかなりのレベルである天鳳の最上位に位置する鳳凰卓、その強者の戦術を隅から隅まで分析し、「強者はどう打つのか?」をわかりやすく解説しているサイトです。

今回は待望の書籍化、書き下ろしに当たって充実した内容。さらにコラムと天鳳高段位者の麻雀プロとの座談会もありとてんこもりです。

 

こんな人にオススメ
  • 天鳳鳳凰卓で勝ち越したい(目指せ天鳳位)
  • 天鳳強者の打牌を学びたい
  • 観戦はメンドクサイから手っ取り早く打ち方を知りたい
  • 天鳳特上卓で伸び悩んでる

試験勉強で例えるならセンター試験は完璧だけど、東大京大レベルの参考書が欲しい!という上級者向けの濃い麻雀戦術本となっております。

内容は難しいですが、マスターできれば確実にレベルアップすること間違いなしの良書です!

天鳳強者と書いてますが、天鳳以外のフリー麻雀やネット麻雀でも応用できますので、一歩抜きんで強くなりたい人は必読ですよ!

本の概要:麻雀ブログ「 鳳南研究所」の書き下ろし~鳳南の観測者”研タロウ氏”の鋭く深い分析が光る!

 

現代麻雀の神ワザ ~天鳳強者の牌譜徹底分析~”は従来の麻雀戦術本とは違い、天鳳強者(九段~天鳳位)の打ち方を分析し、なぜ強いのか、どう打っているのか?を牌譜を用いて読み解くというスタイルです。

鳳南研究所」という、管理人の研タロウ氏がネット麻雀でもレベルの高い天鳳鳳凰卓東南戦、通称鳳南の強者を観戦・打ち筋を分析していくというサイトを戦術本用に書き直したのがこの本です。

筆者もちょくちょく参考にさしてもらってまして、研タロウ氏の深い、かつわかりやすい解説が読みどころ。(多分研タロウさんはジャイアンツファン)

天鳳の観戦機能を使ってあーだこーだ打牌の検討をしたりする人にはたまらなく面白いんじゃあないかと思います。

そんな氏の待望の戦術本、ブログにも書かれてますがまぁ内容はめちゃくちゃ濃いです

どろソースレベルで濃い。

ある程度セオリーがわかってる中級者(天鳳特上レベル)でないと内容を理解するのはしんどいと思います。

それくらい研タロウ氏の分析は鋭く、かつためになる内容になっています。

筆者曰く「高揚感、あります」とのこと。

いやぁ私も読んでいてワクワクしました!戦術本読んだときの「俺強くなった!」感がひしひしと伝わります(実戦で使えるとは言っていない)。

読みどころ:麻雀が強い人(天鳳強者)の打ち方をわかりやすく解説

麻雀を打っていると「なんであの人は強いんだろう?どんな打ち方をしているんだろう?」と疑問に思った方は多いはず。

そんな疑問に対してわかりやすく、かつ鋭く丁寧に分析をしているのがこの本のポイントです。

内容はあるテーマに沿って天鳳強者(九段~天鳳位)の牌譜を元に説明するというスタイル。

牌譜を用いながらひたすら解説するという流れなので、文章量も多く、内容もセオリーがわかってる前提で話が進みます。

ある程度麻雀のセオリーがわかってないと強者の打ち方はこうだから凄い!という面白さが伝わりづらくなりますが、逆にある程度麻雀に慣れていると「へぇ~!麻雀が強い人ってこんなこと考えてるのかぁ!」と目からウロコが大漁です。

そんな麻雀が強い人たちの”キモ”が研タロウ氏の丁寧かつわかりやすい分析付きなので非常に勉強になるんですね。

麻雀戦術本を読んだけど伸び悩んでいるという人は新しい発見があること間違いなしです!

麻雀の強い人はセオリーどおりに打たない~「強者の共通点はびっくりするほど少ない」

スポンサーリンク

麻雀牌と自動卓

そんな麻雀強者の謎を読み解くわけですが、筆者の研タロウ氏曰く、「強者の共通点はびっくりするほど少ない」とのこと。

なるほど、読んでいて気づいたんですが、皆さん打ち方が一緒のように見えてバラバラなんですよね。言い換えると教科書どおりでないといった感じです。

天鳳民=デジタル一辺倒・ガチガチ、というイメージでしたが、この本を読んでその考えは覆されました。

デジタルに忠実に打つ強者もいれば、打点至上主義の強者、鋭い鳴きでアガリをもぎ取る強者・・・などなど。

押し引き・手組み・牌効率はマスターして当り前の世界、それが鳳凰民。強者がひしめく中勝ち抜くにはその人にしか出来ない打牌があるというのがわかります。

そんな麻雀の強い人=鳳凰民はどうやって?何を考えて打っているのか?といいう点を研タロウ氏が鋭く分析してくれます。なるほどこういう風に考えてるからこの打牌ができるのか!と読んで納得しました。

特に座談会の部分は面白かったですね。強者が普段どうやって打ってるのかが赤裸々に?書かれています。プロってここまで考えてるのか・・・と逆に自信なくしちゃうほどです(笑)。

惜しかった点:天鳳強者のセオリーのまとめがあるとわかりやすい?

最後に気になった・もっとこうすべきでは?という点をいくつか書いていきます。

ぶっちゃけ完成度が高いのでこれと言って不満は無いのですが、もしスペースがあれば今回紹介した天鳳強者のセオリーまとめがあるとわかりやすかったと思います。

「強者の共通点はびっくりするほど少ない」といいますが、本の中でも「強者の多くはこう打つ!」という内容があったので、それをセオリーとしてまとめるとわかりやすかったのではと思いました。

もちろんセオリーにまとめるのは難しいし、ナンセンスかもしれませんが、ある程度麻雀強者の戦術を体系化してもよかったのではと感じました。

ちなみに私が読んで感じた麻雀強者の共通点をまとめると・・・

  • 強者は打点に忠実。ちょっとした手間で満貫を目指す。
  • 常に押し返せる手を意識。アガリに貪欲。打点はもちろん攻撃のための安全牌を持つ。
  • 強者は粘り強さが大事。1%の行幸アガリも見逃さない。
  • 強者はしつこく場と入り目を見る。手牌と相手の速度・打点を見て方針決め。
  • 強者ほど守備意識はシビア。割の合わない遠い鳴きはしない。無理ならすぐ撤退。

とにかく強者は粘り強い。

リーチを受けても押し返すし、遅いと思ったら鳴きで鋭く突いてくるし、ラッキーレベルのアガリも逃さない。

アガリ率を高め、打点を高め、なおかつムダな放縦はしない・・・はぁ~そりゃあ強者だわさ、って感じがしました。ラス半。

最後に: 現代麻雀の神ワザ ~天鳳強者の牌譜徹底分析~は強くなりたい上級者雀士必読の戦術本!

 

というわけで 現代麻雀の神ワザ ~天鳳強者の牌譜徹底分析~のレビューでした。

サイトを見ていて非常にレベルが高いなぁと思っていましたが、戦術本になってよりコンパクトに、かつ内容も濃くなりました。

元ネタはまだまだサイトにゴロゴロ転がっていますので、ぜひとも第二段を出していただいと願っております。

天鳳はもちろん、麻雀が強くなりたいという人には参考になる戦術がたくさんですので、是非読んで学んでください。

実用レベルにするには難しいですが、強者のコツが理解できれば麻雀力はグンと上がること間違いなしですよ!

オススメの麻雀戦術本を紹介してますので興味がある人は是非チェック!

あわせて読みたい
麻雀で遊ぶ女性
【麻雀】読むだけで強くなる!おすすめの麻雀戦術本を紹介します!※4月18日更新。戦術本を追加しました。 好きな役はメンタンピンツモ赤赤、daisen【@kiteretu1101】です。 ある程度...
ABOUT ME
daisen1101
15卒のメーカーで働いている20代。よく30代の課長っぽいと言われます。このブログは働きながら疑問に思ったこと、社会人について書いています。趣味は合気道(初段・5年目)と麻雀と一人旅。JAZZとプログレが大好きな20代です。 詳しいプロフィールはこちらから