page contents
ライフハック的

初心者必見!青春18きっぷの旅で役立つテクニック・コツを紹介!

格安旅行の代名詞的な存在である「青春18きっぷ」

このきっぷの魅力はなんといっても一日約2300円でJRの電車が乗り放題であるという点です。

ローカル線をのんびりいくのもよし、普段行かない秘境駅へ冒険に向かうのも良し、貧乏旅行で遠くの地へ行くのも良し、使い方と工夫次第で自由に行動できるのがいいんですよねぇ。

 

今でも利用者が多い青春18きっぷ。ご多分に漏れず自分も駆け出し18キッパーであります。

社会人になってからでも相変わらず18きっぷで旅をしております。

【青春18きっぷの旅】新社会人がムーンライトながらで征く、関東周遊の旅その①【大阪~東京】

 

というわけで今回は18きっぷを利用する人のためにちょっとした小技(ワザってほどでもないけど)をご紹介したいと思います。

18キッパーなら当たり前!なことから自分しか気にしてないことまで、意識してるとほんのちょっと18きっぷの旅が便利になる、そんな重箱の隅をつつくテクニックです。

座席はクロスシートの車両を狙え!

普通電車のシートには種類かあるのをご存知でしょうか?

主に「ロングシート」「クロスシート」というのがあります。

ロングシートは画像のように通勤電車とかでよく見る横に長い座席。

ロングシート

クロスシートは特急みたいな縦に並んで座るシートです。

クロスシート

青春18きっぷの旅では長時間座席に座ることが多いものです。

横に並んだロングシートよりも、縦のロングシートのほうが空間を広く使うことができます。

隣を気にすることも少ないし、人に気にせず足を伸ばせたり、もたれて座ることができるので、長時間座る場合はクロスシートだと負担も多少軽減できます。

首都圏(東京・名古屋・大阪)はロングシートとクロスシート、それぞれの車両があるので、長時間座席に座る場合はなるべくクロスシートがある車両を選びましょう。

首都圏だと快速や新快速の車両の大半がクロスシートです。人が少ない時はのびのびと使えるのでオススメですよ。

席を取りたければ10分前行動!余裕を持ってホームへ

青春18きっぷの鍵を握るのは「座席に座れるかどうか」です。ローカル線なら人が居ないので大丈夫ですが、首都圏に近いところや、観光名所が近い線路はひとが多いため、最悪立ちっぱなし、なんてことも。

そうならないためにも電車に乗るときは発射10分前にはホームへ並んでおくようにしましょう。

特に地方の列車は出発前からホームで待機していることが多いです。(終点や始発駅に多い)繁忙期だと一瞬で埋まってしまうので、なるべく早めに来て席を確保しておきましょう。

地方の大きめの駅(県庁所在地の駅とか)ならエキナカも充実してますし、買い物もできるので、身の回りを整える時間を作ると効果的です。

スポンサーリンク

ご飯は乗り換えの待ち時間に食べる!エキナカや待席で食べると効率的

10分前行動にプラスして、食事はなるべく待ち時間が多い時に取るのが効率的です。

例えばターミナル駅から一時間に1~2本の電車に乗る場合は、乗り継ぎがうまくいかないと3~40分待たされるのもしばしばあります。

食事は地元の美味しいお店へ~というのも醍醐味の一つですが、移動手段として青春18きっぷを使う場合は、なるべくエキナカの食事やコンビニで買って、待席で食べるという手もありです。

待ち時間を食事の時間に置き換える、。こうすることで時間をより有効的に使うことが出来ます。

接続時間は余裕を持って。無理のない乗車プランを

長距離移動をする時などは、乗り換え時間は余裕をもっておくようにしましょう。

18きっぷの旅となると、知らない土地に行くことも多いので、ちょっと大きめのターミナルだと意外と迷うことが多いです。(特に東京や大阪。なれないと本当に迷う)

また地方の駅でも乗り換え時間が少ないとすでに人がいっぱいのところに乗ることがあるので、座れないことが多いです。

急いで乗り換えると車内に忘れものをしたり、トイレにいけなくなったり、ゴミを捨てれなかったりと、なにかとアクシデントが起きやすいものです。

なんでも余裕を持った行動が一番。普通列車のように、心に余裕を持った行動が一番です。

スポンサーリンク

車両は先端部分を狙う。比較的座りやすいぞ!

細かいテクニック?です。都市部に近いところや、通勤で人が多いところはとくに有効です。

なるべく座りたいと思うならちょっと遠いですが、端っこの車両を狙うのがおすすめです。

端は階段から遠いため、好んで使う人が少ないからです。なのでちょっと混んでいる時も端っこのほうは2~3人分開いていることもあります。

これは18きっぷだけでなく普段の通勤などでも使えるテクニックなので、覚えておくとちょっとお得です。

ストレスとおさらば!通勤電車で確実に座って寝る9つのテクニックを紹介

なるべくトイレが有る車両に座る

長旅をしていると急にお腹がゲリラ豪雨…なんてこともあるでしょう。

そんなときのために長く電車に乗るとわかっていたら、トイレが有る車両を選びましょう。

遠いと電車の中を歩かないといけないし、周りに迷惑をかけてしまうので、すぐに入れるようにトイレが付いている車両がオススメ。

地方の列車や都市部の快速列車などに付いていることが多い(逆に「普通」の列車には少ない)ので、自信がない方はなるべくトイレが付いている車両を選びましょう。

トイレが付いている車両は先端部分がほとんどです。上にも書きましたが、はしっこの車両は利用者が少ないので、合わせてお得です。

日の当たらない座席に座る

地味~なテクニック。

日差しが強い夏場だと日光が差し込んで熱いんですね。冬場だといいんじゃないの?と思われますが、日差しが強いと逆に風景が見づらいんですよ。

春先ならまだしも、風景を楽しみたいという方や、ゆったり座りたいという方はなるべく日の当たらない座席を選びましょう。

ブラインドがあるとなしでは景色の見え方も違います。

プラスαでワンランク上の座席を使う

18きっぷは安さが魅力ですが、ちょっとお金に余裕がある人は18きっぷに追加料金を支払ってワンランク上の座席を狙うのもありです。

特に有名?なのが都市部の「普通グリーン車」と「ホームライナー」です。

普通グリーン車は東京近辺を走る普通列車についていて、2階建ての車両がグリーン車です。東京の人は見慣れていることでしょう。

普通グリーン車18きっぷの旅でとった写真。2階建てが子供心をくすぐる

ちょっとお高いですが、使い方次第で熱海から宇都宮まで900円ちょっとで新幹線の普通車並の座席に座る事ができます。900円ちょっとであの東京の満員地獄を抜け出せるのはものすごくお得!首都圏を抜けるときには重宝しますよ。

またホームライナーはプラス300円ほどで指定席で特急車両を利用できます。

特にオススメのホームライナーは沼津~浜松のホームライナー。地獄の静岡県をリクライニングシートで移動することが出来ます。

そのほかいろいろなお得な列車があるのでワンランク上の18きっぷの旅を満喫できますよ。

バスや新幹線を使うのもあり

青春18きっぷの度は移動手段を全部18きっぷにしないといけない・・・わけではありません。

確かに安いんですけど、例えば北海道を一周したいとか、九州を回りたい、という目的ならば目的地までわざわざ18きっぷを使わなくてもOKです。

いまだとLCCや深夜バスが充実していますので、18きっぷを現地で使うことで、旅費を抑えることが出来ます。

さらに普通列車では時間がかかる線路も、高速バスや新幹線を使うことで、費用対効果が優れた場所もあります。

既存の公共機関と青春18きっぷを使うことで、コストを抑えつつ、なおかつ時間も少なくする。組み合わせ次第でいろんなルートが考えれるので、オススメです。

長時間移動に便利なアイテム

青春18きっぷを使ってみてこれは便利だなぁと思ったアイテムです。当たり前のもののありますが、結構重宝します。

モバイルバッテリー

スマホを使うこのご時世。モバイルバッテリーは18きっぷのマストアイテムです。

オススメは大容量のモバイルバッテリー。自分は↓のを使ってます。

[amazonjs asin=”B00OXPDYGK” locale=”JP” title=”cheero Power Plus 3 13400mAh 大容量 モバイルバッテリー ホワイト”]

大容量・まぁまぁ安い・コンパクトを兼ね備えたバッテリー。旅先の充電はこれでバッチリ!

ネックピロー(空気を入れるやつ)

クロスシートで長く座るときに便利。クッションに使えたり、そのまま枕としてもつかえます。

都心部だと周りの目が気になりますが、これがあると疲れのたまり具合が全然違います。空気を入れるタイプだと使わない時はコンパクトにしまえるのでオススメです。

[amazonjs asin=”B00O0E0GOC” locale=”JP” title=”携帯型 折り畳み トラベルエアー ネックピロー 洗えるカバー 持ち運びに便利な収納ポーチ付 グレー AKEMIDO”]

時刻表

スマホで乗り換え検索が出きるのにいまさら時刻表?とおもわれがちですが、結構役に立つやつです。

スマホと違って人目で停車時刻や乗り継ぎなどがわかる他、全体の路線図があるのでおおよそのルートや土地がわかります。

いまだと電子版の時刻表があるので、タブレット端末をつかてる方は合わせて使うとより効果を発揮します。

プロの18キッパーは時刻表一冊で旅をします。時刻表をみてたら多分プロ18キッパーです。

[amazonjs asin=”B01G5SQHCK” locale=”JP” title=”コンパス時刻表 2016年 08 月号 雑誌”]

上着

夏の移動では重要なやつ。気づいた時に大切さを知る立ち位置的なアイテム?

電車は結構冷房が強いことがあるので、夏の青春18きっぷの移動ではクーラー病にかかる可能性もあります。

外は熱いですが、中は結構寒いので、1枚だけでも上着があると体温調整がし易いのでオススメ。

工夫次第で快適な18きっぷの旅を

青春18きっぷ

いかがでしたでしょうか(まとめサイトっぽく

 

重箱の隅をつつくテクニックでしたが、意外と効果があると思います(実体験

普通列車しか乗れませんが、工夫次第では結構色んな所に行けたりコストを抑えて遠くに行けたりできるのが18きっぷの面白いところです。

 

そしてなにより18きっぷの魅力は「自由さ」だとおもいます。それも制限された自由さ。普通列車ならどこでも自由に行ける、というのが青春っぽくないですか?

 

お金のない大学生はもちろん、日々の仕事からちょっとだけ自由になりたいオトナの方は是非18きっぷの旅を体験してみてください。

 

それではみなさんいい夢を(締めの言葉

ABOUT ME
daisen1101
15卒のメーカーで働いている20代。よく30代の課長っぽいと言われます。このブログは働きながら疑問に思ったこと、社会人について書いています。趣味は合気道(初段・5年目)と麻雀と一人旅。JAZZとプログレが大好きな20代です。 詳しいプロフィールはこちらから
音楽聴き放題ならアマゾンの”MusicUnlimited”

最近はスマホやPCで音楽を聞いている人も多いはず。

そんな音楽好きにオススメなのが音楽聴き放題サービスの『AmazonMusicUnlimited

▼公式サイトはコチラ▼

月額980円、シングル1枚の料金でで6500万曲以上がスマホやPCで聴き放題になります!

  • 6500万曲以上が聴き放題(洋楽はもちろん最新の邦楽も聴ける!)
  • 30日間の無料体験サービス実施中(途中解約してもタダ!)
  • シンプルなUI、プレイリストやラジオなど機能充実

アマゾンを使ってない人にもオススメ!音楽を聞くなら是非チェックですよ!

30日間無料体験をチェック