page contents
会社/働き方について

就職=懲役40年って本当?社会人として働くことは自由が無い、辛いことなのか?

意識”他界”系サラリーマンのdaisen(@kiteretu1101)です。人生のレールに飛び込みたい。

4月から新社会人となる方へ、おめでとうございます。

さてツイッターなんかで

「社会人へ、就職は懲役40年なんだぜ」


ってな感じで虚ろに笑いながらつぶやいてる人を見かけます。
 
ふと思ったんですが、
 
 
社会人で就職する=懲役40年
 
 
っておかしくないですか?
 
そりゃあ僕だって月曜日は「あ~仕事めんどくせー」って気分にはなりますが、それでも「懲役」って表現はなんかおかしくないか?っておもうんですよ。
 
しかも40年ですよ。重罪者だって情状酌量の余地があって20年ほどですよ。なんかこの表現って変ですよね。
 
 
 
 というか仕事をすること=自由が無く、辛く苦しいことであるという図式が成り立ってる時点でなんかオカシイですよね?
 
 

なぜ働くこと=”懲役”なのか

奴隷扱いされているサラリーマン

ちょっと考えてみたんですけどね、仕事は40年の”懲役”って表現。

なんでわざわざ”懲役”って言葉を使うんでしょうか?

懲役は「罪を犯した人が刑務所内で定められた期間作業をすること」です。

なんか嫌ですよね。別に悪いことしてないのに刑務所に入って、まるで自由がない状況に立たされるかのような印象をウケます。

 

別に”懲役”って言葉を使わずに例えば”修行”40年とか、”試練”40年って言葉使ったほうがまだ納得できるじゃあないですか。

でもあえて”懲役”って言葉を使うってことは仕事はまるで「会社という刑務所で自由が無く作業をするところ」という印象が強いから”懲役”って言葉が使われてるんじゃあないかと思うんです。

働くことは自由がないのか~”社畜”という言葉が使われる理由~

自由が無いサラリーマン

働いている人の多くは仕事に対して懲役、つまり「自由がない作業」というイメージが強いってことです。

 

SNSとかネットとかで「社畜」って言葉を見かけると思います。あれってまさに仕事=懲役という言葉のイメージから生まれたものだと思います。

 

この”社畜”って言葉も普通考えたらおかしな話ですよ。

だって普通に働いてたら衣食住も自由だし、休日もあるから自由はありますよね。お給料もそこそこもらえて不自由はしないはずです。

一日中会社で仕事をしてる…まるで家畜か奴隷かのように働くことを皮肉ったのを”社畜”っていうんだから、普通はそんな言葉は生まれないはずです。

スポンサーリンク

就職=懲役40年というイメージはブラック企業にあり?

まるで家畜か奴隷かのごとく働く( ^ω^)・・・・

それがまかり通ってるから”社畜”なんて下らない言葉が生まれたんですよ。

つまり仕事をする=刑務所で自由無く作業をさせられるような働き方をさせる会社があるということです。それも結構な数が。

本来働くことって言えば例えばお金のためとか、社会のためとか、成長のためとか、そういったことのために働いてるんですよね。

なのに仕事は自由がない、死ぬほど辛く、プライベートのないものだ、というとてつもなく暗いイメージが強いからネットでも就職=40年という未来の無い言葉が生まれるんです。

 

そもそも働くこと=自由が無い・辛いというイメージがまん延している日本の会社が悪い!

 

社会人としての40年をどうやって生きるかはアナタの”自由”である

自由になったサラリーマン

とまぁ大声?で日本の会社を批判するのは誰でも出来ます。でもそれじゃあ根本的な解決にはならないですよね。

社会人3年目の若造が言うのもおこがましいとは思うんですが、

社会人としての40年をどう生きるかはアナタの自由である

と思うんですよ。

誰が就職=40年の懲役と言ったかはわかりませんが、社会人としての働く期間を”懲役”と捉えるか、”修行”と捉えるか、”遊び”だと捉えるかは”アナタの自由です。

 

就職=懲役っていうのははっきり言うと”社畜”の考えですよ。そりゃあ楽ですから。でもその分”自由”は無いですけどね。

どうせ社会人生活を40年やるなら”楽しく”40年を過ごそうよ。

ものすごく上から目線な言い方でアレなんですが、どうせ40年以上社会人を経験するんですから、仕事は楽しくやったほうが得ですよね。

 

コンサルをされてる方のとあるブログ記事を見て気づいたことがあります。

社会人になったあなたに贈りたい言葉。

働くことは辛いことも苦しいこともあるけど、どうせなら”楽しめる努力をしよう”。ってなわけです。

どうせなら「働かなくても自由に過ごせるために働く!」って考えたほうが楽しい

初めから「働くんだ~辛いんだ~40年も続くんだ~」

ってネガティブな気持ちでいたらそりゃあ続きませんよ。刑務所で作業してるのと一緒です。

 

だったらいっそ「この10年でノウハウとお金を稼いで自分の自由に生きれるようにする!社畜人生とはおさらばだ!」って目標立てたほうが楽しくないですか?

 

自分もしがないサラリーマンやってますが、こうしてブログを書いていつかは趣味の麻雀と合気道で楽しく過ごせるように!と思いながら書いてます。

(その割にはサボりがちだけど…)

スポンサーリンク

社会人は意外と”自由”です。~就職したからといって絶望する必要はない!~

青空に向かって叫ぶ男性

働いて思ったんですけどね、社会人(サラリーマン)って結構自由なんですよ。

 

学生よりもお金もらえますし、仕事が合わなかったら転職出来ますし。なんなら自分で会社作れることも出来ますからね。(ニートにだってなれる)

実を言うと僕が入った会社の同期はすでに3割が辞めてます。理由は色々ありますが、みんな結構生活出来ています。中には企業してるやつも居るくらいですから。

 

そうなんです。別にサラリーマンで就職したからといって”不自由”じゃあないんですよ。

上にも書きましたが、社会人生活を”懲役”と捉えるか、”自由”と捉えるかはアタナの”自由”です。会社に居残ってもいいし、冒険してもいい。”社畜”になるもの自由です。

 

確かに人を人として見ないブラック企業は許されるものではありませんが、個人でどうこうするのはしんどいだけです。別にそこで40年いる必要はないですからね。

 

そんなことを書きつつ、私はなんとなくサラリーマンをつづけながらお金を稼いで、趣味の麻雀と合気道を続けるのが性に合ってるんじゃあないかなぁと思うこの頃です。

 

コチラの記事も読まれてます。

【書評】中小企業は面白い!就活生・新入社員に『小さな会社で僕は育つ』という本をオススメしたい

働く若者の60%が出世したくない理由とは?~出世はコスパが悪い?~

→職場のストレス・悩みが簡単に解決できる!人間関係を抜群に改善させる「アサーション」とは?

 

それではみなさんいい夢を(締めの言葉

ABOUT ME
daisen1101
15卒のメーカーで働いている20代。よく30代の課長っぽいと言われます。このブログは働きながら疑問に思ったこと、社会人について書いています。趣味は合気道(初段・5年目)と麻雀と一人旅。JAZZとプログレが大好きな20代です。 詳しいプロフィールはこちらから
麻雀本が読み放題になる『KindleUnlimited』がおすすめ!

麻雀本を揃えたいけど意外と高いんだよね・・・

と買うのを戸惑っている人におすすめなサービスがあるんです。

それがAmazonの『KindleUnlimited』。

↓KindleUnlimited公式サイト↓

月額980円で電子書籍のKindleが読み放題になるというサービス。麻雀本が1冊1000円ちょっとなので一冊ダウンロードするだけでも元が取れちゃいます!

スマホやタブレットでダウンロードすればどこでも読み放題。通勤通学やちょっとしたスキマ時間があればOK。

もちろん麻雀本以外にも漫画や小説、雑誌など12万点以上が月額980円で読み放題になります。

さらに今なら30日間無料キャンペーンを実施中!30日以内なら解約してもお金は一切かかりません!

無料で麻雀本をたくさん読みたい人は是非キャンペーン中にKindleUnlimitedをチェックしてみてください!

 

30日間無料体験を始める