page contents
会社/働き方について

体育会系企業がクソな理由~会社は根性と気合で結果が出るのか?~

体育会系を自慢する社員

学生時代音楽と体育(筆記)が得意だったdaisen(@kiteretu1101)です。

ネットとかで「ウチの会社は体育会系な社風だから…」って書き込みを見かけます。

 

はっきり申し上げますと、”体育会系をうたう企業”は軒並みクソです。(あと体育会系って言葉も個人的には好きじゃあないです)

ブラック企業だ!というニュースを見てると大体そういった会社って体育会系を履き違えてる企業ばっかりなんですね。

今までブラック企業だと噂された企業を調べると大抵が体育会系のノリで仕事をしてるところばっかりです。

正直体育会系企業で幸せに働いている社員を見たことがありません。

 

というわけで今回はなぜ体育会系をうたう企業はクソなのかをご紹介しようと思います。

体育会系企業がダメなのは将来的に会社のためにならないから

そもそも体育会系企業とはどんな会社なんでしょうか?

例えば・・・

  • 朝早くにきて掃除をし、夜遅くまで仕事をする
  • 上司には絶対。意見をするのは失礼。上の言うことに口答えせず黙々と作業する。
  • 上下関係が厳しい。
  • 朝礼で社是を大声で叫ぶ。
  • 飲み会が激しい。一気飲みが普通。
  • 精神論・根性論に基づいた考え。

ちょっと偏見が入っているかも知れませんが、おおむね体育会系企業はこんな感じでしょう。

ネットの口コミでも大体上で書いたことが当てはまる会社はブラック企業といわれる会社です。

なぜこうした体育会系企業がダメなのかというと、それは

ビジネスとして長期的に見たらに会社にとって損だから

です。

体育会系企業は売り上げは伸びても会社が成長しない

やる気だけで会社の業績が伸びればみんな初めからやっています。

自分だって朝早く来て夜遅くまで働いて大声出してやる気さえあれば売上が出るって聞いたらとっくにやってますよ。

だって売上が上がるんだから。

でも現状は真逆です。大体心身ともにぼろぼろになって退職する人が出てきてかえって会社としては損になります。

確かに朝早く夜遅くまでがむしゃらに働いたら売上は上がるでしょう。

しかし長期的に見たら人材が減っていくし、マネージャーとしての立場に上がったら結局同じ方法を取るだけで会社の成長にはなりません。

もし体育会系企業で長期的に売上を出してる企業があったら教えて欲しいくらいです。

体育会系企業のココがおかしい!~体育会系の特徴を挙げていく

悩むサラリーマン

次に体育会系企業のここがオカシイんじゃないのか?という部分についてツッコミを入れていこうとおもいます。

体育会系企業のココがクソ~先輩よりも朝早く来て夜遅くに出る~

体育会系企業によくあるのが常識として後輩は先輩よりも早く来るべし、帰るときは遅くまで残っているってやつ。

それを後輩がしたことでどうなるんでしょうか?

朝早く来たり、遅くまで残って仕事するのはあくまで個人の責任です。

仕事がたくさん残っていたら遅くまでやらなきゃいけないときもありますし、朝片付けたい仕事があるなら早く出社する。

先輩がどうのこうのというのは仕事において関係ありますか?って話ですよね。

朝早く来たり遅くまで働いたら売上が伸びるから?

だったら先輩も一緒に早く来て遅くまで仕事したほうが良いですよね。

あくまで早く来たり残業するのは個人の選択です。強要するのはおかしな話です。

それに時間を消費して売上を上げる方法はいつか壁に当たります。そのままだと会社の成長はある程度まできたら止まってしまいますよ。

体育会系企業のココがクソ ~先輩・上司の言うことは絶対?

部下に怒鳴りつける上司

体育会系の部活では上の言うことは絶対!だから先輩や上司のことを聞いてくれる体育会系出身の学生は優遇!という理屈。

これはもう本当におかしいです。軍隊だったらまだしも、ここは企業です。

上司は部下の意見を汲み取って新しい気づきを生み出し、会社の利益とするのが本来の姿であり健全な組織の姿ですよね。

体育会系企業は人権侵害をしている

アサーションというコミュニケーションを円滑にするという方法があります。

 

そこでは

人は誰にでも自分の意見を自由に発言してもいい権利を持つ

という”アサーション権”が唱えられています。いわば人権みたいなものです。

これは極論を言うと

新入社員でも意見があれば社長に自分の意見をいってもいい、

という権利です。

体育会系をうたう企業は自由に意見を言えるというアサーション権を否定している…つまり人権侵害していると言っても過言ではありません。

 

成長している多くの企業は部下と上司の円満なコミュケーションによって支えられています。それを否定する会社に果たして未来はあるのでしょうか?

体育会系企業のココがクソ~社訓を叫んで利益は出るの~

おかしな社訓を唱える社長

よくブラック企業体験談にでてくるのが

「朝礼に社訓(社是)を大声で叫ぶ」

あれなんの意味があるんでしょうか?大声で叫んだら売上が上がるんでしょうか?

確かに社員の一体感を出してモチベーションを上げる、という理由ならまだわかります。

 

でもその時間があるなら研修したり営業回ったり仕事の処理をしたほうがよっぽど利益になりますよね。

 

大声出して売上上がるなら毎日朝早くに来て叫んでますよ。

大声で叫ばすのが是非という人はどういった理由・根拠があるのでしょうか。少なくとも今まで成功した会社や経営者はそんなことはしてないですね。

体育会系企業のココがクソ~気合と根性論で結果は出るのか?

気合と根性で叫ぶ社長

体育会系企業の根本的な問題、それは気合や根性といった精神論を根拠にしていることです。

「営業?んなもん客先100件回って売ってこい!」

「ノルマが足りない?お前の気合が足りないからだよ!遅くまで働け!」

「仕事はやる気が必要だ!研修として名刺100枚もらってこい!」

 

こういった根拠の無い精神論、これが体育会系企業の悪しき部分だと思います。

そりゃあまぁ気合や根性はあったほうがいいですよ。若者のほうがやる気があってきびきび動けますから。

でもそうした精神論はあくまで精神論。それ”だけ”で本当に結果が出るのでしょうか?

客先を100件回ったけど成果が出ない。それは訪問件数が足りないから?訪問方法がおかしいから?客先のターゲットが間違えているから?

 

こうやって頭をつかうことで問題を解決するのがビジネスとして当たり前の流れです。

それを売上が上がらないのは気合が足りないからと叫ぶ上司はきっと脳みそが足りてないからでしょう。

 

気合が足りないから休日出勤しろ?違うだろ。

あんたらが頭使ってないから時間を使うしかないんだろ。

汗出せ、知恵出せ、利益出せ~気合と根性だけでは長くつづかない

体育会系企業の特徴はとにかく「体」と「時間」を使わせることです。

そりゃあ体力と時間があれば仕事のパフォーマンスは上がるでしょう。ですがそれが通用するのはせいぜい20代前半くらいです。

 

自分の職場の上司(60歳)の口癖で

「汗出せ、知恵出せ、利益出せ」

とよく自分に教えてくれます。

走るサラリーマン

どういう意味かというと、

新人のうちは知識も経験も無いので体を使って利益を出せということです。

そして歳を取るうちに体力が落ちてくるので今度は頭を使って利益を出せということです。

つまり歳をとっても「知恵」がなければしんどいだけです。体力勝負ではどうせ若者に負けるのは目に見えています。

それをいつまでの知恵を絞らずに体力だけでなんとかできると思っているから駄目なんですよ。

スポンサーリンク

結局体育会系企業が駄目な理由

働くことに疑問を持つ女性

体育会系企業のこうしたブラックな部分は「納得できない」んですよ。つまり「根拠がない」。

朝早く来たりとか、社訓叫んだりとか、上司の言うことは絶対だとか。

一万歩譲って「理由」があればまだ納得がいきます。なぜそうしたことをするのか。

 

例えば名刺を100枚もってこい!と理不尽な研修を言い渡されたとき、”なぜ名刺を100枚集めるのか”を考える必要があります。

名刺を100枚集めることでコミュケーション能力、対応力を鍛えることができると説明を受けたら一万歩譲って納得します。

気合や根性でぼろぼろになるまで歩き回りますか?僕は嫌です。

なのに上司に意見しても「だまってやれ!文句あるのか!」と返答するだけ。

それじゃあ納得もクソもありません。行動する理由を教えす、思考を放棄させる。そうして洗脳されたブラック企業の社蓄の出来上がり。

 

・・・これじゃあ会社も育ちませんよね。

体育会系企業は将来ある若者を殺す畜生である

奴隷扱いされているサラリーマン

体育会系企業を許せないのは体育会系で頑張ってきた若者を奴隷のように扱うことです。

 

自分は”体育会系”を否定するつもりはありません。むしろここぞって時に必死になって頑張るやる気があるし、チームのモチベーションを上げるリーダーシップの素質を持っています。

だから体育会系は優遇されるんですよ。結果がすべてのスポーツの世界で頑張ってきたんですから。そりゃあ並の学生とは一味違います。

 

でも体育会系”企業”はそうした若者を「素直に上のことを聞く、体力もある奴隷」としか見ていません。それがどうしても許せない。

そりゃあずっと意味の無いことをボロボロになるまで続けていたら”うつ”にもなりますよ。

もちろんいい意味での体育会系の風土はあると思います。でも多くは体育会系を間違って解釈しているのがほとんどです。

スポンサーリンク

”体育会系企業”にはろくな会社はない!ヤバイと思ったら転職の準備を

 

体育会系全部否定するわけではありません。

新卒や会社でも体育会系で培ってきた経験やタフさなどが発揮できると思います。それに根性や精神って時としてものすごいパフォーマンスを発揮するから侮れません。

 

が、体育会系企業はそんな若者を利用しようとたくらんでいます。部活ならまだまかり通ってましたが、会社・・・ビジネスは根性だけでは通用しません。

 

体育会系企業に勤めている皆さんはなるべく転職なり退職なりで逃げるべきです。

もしストイックな方が居たらせいぜい2年くらいでとどめておくべきです。学べることはあると思いますが、長く居るとやがて心身ともにボロボロになってしまいます。

どんなタフな人間でもそれではもったいないです。

もしクソみたいな体育会系企業に入ってしまったら、すぐに転職サイトに登録して転職の準備をしておきましょう。

体育会系企業で学んだこと、経験したことはまっとうな会社で存分に発揮したほうが絶対あたなの今後のためにもなります。

今だと第二新卒の転職サイトも充実しているのでオススメです(自分もこっそり使ってます)

[btn class=”bg-yellow big lightning”]マイナビジョブ20’S [/btn]

 

 

それではみなさんいい夢を(締めの言葉

ABOUT ME
daisen1101
15卒のメーカーで働いている20代。よく30代の課長っぽいと言われます。このブログは働きながら疑問に思ったこと、社会人について書いています。趣味は合気道(初段・5年目)と麻雀と一人旅。JAZZとプログレが大好きな20代です。 詳しいプロフィールはこちらから
麻雀本が読み放題になる『KindleUnlimited』がおすすめ!

麻雀本を揃えたいけど意外と高いんだよね・・・

と買うのを戸惑っている人におすすめなサービスがあるんです。

それがAmazonの『KindleUnlimited』。

↓KindleUnlimited公式サイト↓

月額980円で電子書籍のKindleが読み放題になるというサービス。麻雀本が1冊1000円ちょっとなので一冊ダウンロードするだけでも元が取れちゃいます!

スマホやタブレットでダウンロードすればどこでも読み放題。通勤通学やちょっとしたスキマ時間があればOK。

もちろん麻雀本以外にも漫画や小説、雑誌など12万点以上が月額980円で読み放題になります。

さらに今なら30日間無料キャンペーンを実施中!30日以内なら解約してもお金は一切かかりません!

無料で麻雀本をたくさん読みたい人は是非キャンペーン中にKindleUnlimitedをチェックしてみてください!

 

30日間無料体験を始める