page contents
会社/働き方について

日本と海外の働き方の違いをざっくり簡単にまとめてみた

ミーティング中

日本の働き方はダメだ!残業ばかりで仕事が出来ないやつも出世している!

海外を見習って働き方を帰るべきだ!・・・と。

 

じゃあ日本と海外の働き方ってどう違うの?海外の働き方ってどうなの?と思う人も少なくないと思います。

 

ってか本当に海外の働き方は日本よりも良いのでしょうか?日本の働き方は本当にダメなのでしょうか?

 

という疑問にお応えすべく、今回は日本と海外(欧米)の働き方の違いを簡単にまとめてみました。

※ちなみにここで言う海外は欧米(ヨーロッパ・アメリカ)を指します

給与の違い~人で給与が決まるのが日本、職務で給与が決まるのが海外

ボタンを押す男性

海外はインセンティブ、成果報酬が多い。日本は長く働くと給与が上がる、と言われます。

日本と海外では給与のシステムが大きく異なります。この部分が働き方を大きく変えてると言っても過言ではないでしょう。

日本は能力で給与が変わる=何ができるかに価値がある

日本は人の能力によって賃金が変わります。

つまり何ができるかで価値が変わります。

 

二人のサラリーマンが居ます。

社会人年数も業界もまったく一緒とします。

給与が多くもらえそうなのはどちらでしょうか?

Aさん:ファイナンシャルプランナー1級取得。パソコンも使える。営業・人事の経験あり。

Bさん:資格は普通免許のみ。ずっと経理の仕事をやってきた。

 

おそらくほとんどの人がAさんのほうが給与高そうと思ったはず。

だって資格もあるし出来ることも多いですもんね。

 

AもBも同じ課長だとしても、Aさんのほうが給与もらえます。なぜならできることが多いから。

このように人の能力と給与が比例してるのが日本です。

海外はポスト(役職)で給与が決まる=何をしてるかに価値がある

 

とある英会話教室。AとB、どっちのほうが給与が高いでしょうか?

Aさん:ドイツ語と英語と中国語が話せる。今は初級英会話の講師をしてる

Bさん:英語のみ話せる。今は上級ビジネス英会話の講師をしてる。

 

日本の感覚だとAさんのほうが給与高そうですね。トリリンガルとかスゴイ能力です。

が、海外だとBさんのほうが給与が高いです。なぜなら上級ビジネス英会話という高度な仕事に就いてるから。

 

たとえAさんがトリリンガルでも、教えてる内容が難しいBさんの方が給与が高いんですね。

これはBさんの仕事内容が難しい=その分の給与を払う価値があるから、という認識です。

 

 

このように職種(ポスト)と給与が比例しているのが海外です。

転職・転勤の違い~日本は会社を軸に、海外は仕事を軸に動く

人事異動なう

日本は転勤が多くて転職が少ない!

海外は転勤が当たり前!これはおかしい!

という人がいますよね。これも働き方が大きく異なるからです。

日本に転勤・異動が多いのは人で価値が変わるから

日本は上で書いたように人で給与が決まります。

ということは一つの会社でいろんなことが出来るようになるほうがいいわけですよね。

営業ができる、だけではなく、経理や人事のスキルがある人の方が優秀なわけです。

 

だから営業や経理や人事、一人がいろんなことができるように転勤・異動が多くなるんです。

転勤・異動のメリットは会社内で人を育てられること

こういうと異動ばっかりだと能力が定着しないのでは?と思う人も居ますよね。

転勤・異動のメリットは仕事に縛られなくなること。

営業がからっきしダメでも、次は人事部に回す。それで駄目なら次は経理部に…

わざわざ転職しなくても会社内で仕事内容を変えられるんですね。これが異動の強みです。

海外で転職が多いのは会社内で給与が増えないから

一方海外だと職務で給与が決まります。

日本なら出世したり、異動や勤続年数で給与が上がります。

でも海外では職務=給与なので、会社を変えない限り給与が増えません。

 

なので海外の多くの人は給与を増やすために待遇のいい会社に転職します。

会社の中で増えないなら、会社を変えて増やす、というわけです。

海外は職務の変更がしづらいのがデメリット

海外で、例えば営業をやったけど合ってない、経理をやりたい。

と思ったらかなり大変です。営業の経験があるならどの会社もウェルカムです。

が、中途で全く経理の経験がない人は採用しません。メリットもないし、育てるコストがムダだから。

 

なので経理をやりたい場合は大学院などで一からやり直しです。

日本と違って職務を簡単に帰れないのが海外のツライところなんです。

 

スポンサーリンク

出世の違い~日本はみんな出世できる、海外は一部の人しか出世できない

札束を登る画像

海外の人はスピード出世ができる!

一方で

海外の人は定時に帰って有給をしっかり取って、男性も育休をとってる!

日本は働きすぎ!オカシイ!

という意見を耳にします。

なぜでしょうか?

海外は一部のエリートしか出世できない

海外の人は出世して、かつワークライフバランスも取れてる!

 

と、勘違いしてる人がいます。

超スピードで出世してる人は一部のスーパーエリートの人だけです。

日本で言う東大レベルの、主席レベルで卒業した人が更に仕事で頑張てようやく出世ができるレベルです。

 

海外のエリートはそれこそブラックか!?ってくらい働きますし、プレッシャーも半端ないです。

その分給与もスゴイです。上級役職についてるので、その分給与もかなりもらえます。

海外で超スピード出世ができるというのは、あくまで一部のエリートたちのことを指します。

海外で働くほとんどの人がヒラ社員で終わる

逆に海外のほとんどの人は一生ヒラ社員のまま。せいぜい頑張って主任レベルになるくらいです。

海外は日本みたいに勤続年数で給与がほとんど上がりません。その代わりインセンティブ(成果報酬)がつきます。

ヒラ社員なのでエリートとくらべると気持ちいいくらい少ないです。新卒の初任給レベル。

ヒラ社員だから定時で帰って育児をする。給与が少ないから夫婦で働く。

ヒラ社員なのでそこそこ仕事ができればOK。がむしゃらに働く必要がないんです。

(もちろん仕事内容にもよりますが)

ヒラ社員なので、定時で帰ったり、有給を取ったりするわけです。

当然ヒラ社員の給与じゃあ生活できないので、多くの家庭では夫婦揃ってフルタイムで働きます。

給与が300万でも二人あわせて600万。定時に帰れて有給も取れるのでお互い働いてても育児ができるわけです。

 

海外だと定時で帰れて有給取れる!というのはこうしたヒラ社員の人のことを指します。

日本は誰でも部長に慣れるチャンスがある

逆に日本は新卒採用や中途採用された人も出世できるチャンスがあります。

高卒で入社した人が叩き上げで部長になった!と言うのは日本くらいです。

 

なんでかと言うと、上で紹介したように、人で価値が高まるから。

10年会社で働くと、その分個人のスキルも上がります。スキルが上がるから役職も上がる。

長く働いたらその分能力も上がるだろう、という考えがあるので、入社した人は長く居ると出生ができるわけです。

長年居たら誰でも出世できる=能力が無くても出世できる

ということは、大した能力が無くても、長年勤務してたらだれでもある程度は出世できちゃうんです。

 

能力もないくせに課長になるのはオカシイ!というのは日本のこうした制度があるから。

ぶっちゃけ居るだけで出世ができるってわけです。成果は別にして。

 

当然それだと問題なので、最近は色々制度を変えてる会社も増えてますが…

教育の違い~日本は若者に優しく、海外は若者に冷たい

ミーティング中

優しい・厳しいと書くとちょっと語弊があるかもしれません。

 

日本だと若手の先輩が新人に対して手取り足取り教えたり、時には飲みに連れて行ったりしますよね。

海外だとそういうのはなく、非常にドライな環境だと。

 

これも日本と海外の働き方の違いから説明出来ます。

海外は成果報酬なので後輩に教えるメリットがない

海外は仕事内容で給与が決まります。どんな人でも仕事が同じなら給与も一緒。

これだとモチベーションが下がるので、がんばった分だけ給与が上がるインセンティブ=成果報酬があります。

 

もしあなたが海外のディーラーをやってるとしましょう。アナタは5年目選手。

新人クンとくらべても給与はほとんど代わりません。

日本の感覚なら後輩を教えて成長させる~となりますが、後輩にいくら教えてもアナタの給与は変わりません。だって成果に結びつかないから。

 

そう、後輩を教育したところで仕事内容は変わらないし、給与も変わらないので、教えるメリットが少ないんです。

海外は決まった仕事しかしない、というのもこうした理由があるから。

海外で後輩を指導するひとはよっぽどのいい人でしょうね。

日本は年長者の基本給が高いから助け合いの風土が生まれる

 

日本は年数が上がることに給与が増えます。

つまり年数を重ねることでスキルを高めていくわけです。

そして若手を教えるのはそうしてスキルを高めてきた先輩。先輩の先輩も色々教えてもらって成長したわけです。

 

先輩が後輩を指導してスキルを高め、その後輩が先輩になって後輩を指導し、その後輩が…

と、こうした流れがあるんですね。蓄積した能力に応じて給与が上がる日本だからこその文化です。

スポンサーリンク

日本と海外の働き方の違いのまとめ

ホワイトボードと女性

長くなりましたので、もう一度おさらいしましょう。

 

日本の働き方

  • 人(能力)で給与が決まる=何ができるかに価値がある
  • 会社の中で給与が変わる=転勤・異動でスキル(給与)を高める
  • 会社を変えにくいが、職務は変えやすい
  • 誰でもある程度出世ができるチャンスがある=勤続年数で価値が変わる
  • 後輩を育てる能力も必要なので社員間の教育が手厚い

海外の働き方

  • 職務(仕事内容)で給与が決まる=何をしてるかに価値がある
  • 会社を変えることで給与が上がる=転職で給与を高める
  • 会社は変えやすいが、職務は変えにくい
  • 一部のエリートしか出世できない=ヒラ社員が多いので定時で帰る人が多い
  • 後輩を育てても給与は変わらないので社員間の教育が少ない

 

ガッテンしていただけましたでしょうか?

日本も海外も働き方の良し悪しがある

で、最後に、何がいいたいかと言いますと、

 

日本と海外、働き方は一長一短

 

ってことです。日本には日本の、海外には海外の良し悪しがあるのです。

なのでやれ日本の働き方はクソ!海外を見習え!

という意見は一方で正解で、一方で間違いなんですね。

 

今回紹介した双方の働き方にはいろんな問題があります。

我が国でもブラック企業だの社畜だといろんな問題が山盛りです。

でも海外でも若者の就職率の低さやデモなど、あっちはあっちで問題だらけ。

 

大事なのはお互いの働き方を知ること。

そして自分はどんな働き方が理想か、を考えることだと思います。

 

働き方の参考になれば幸いです。

参考文献

今回はキャリアアドバイザーでおなじみの海老原 嗣生さんの新書を参考に作成しました。

本の中にはどうやったらより良い働き方がデキるか、ということが書かれてますので、興味を持たれたら是非読んでみて下さい。

 

コチラの記事もどうぞ

日本人の働き方はおかしい!異常だ!ここがヘンだよ日本の会社

転職に失敗したくなければ”レベル”を上げろ!~なんとなくの転職はNGな理由とは

結果が出ないと有給休暇は取れないの?社会人は義務を果たさないと権利は主張できないのか

 

それでは皆さんいい夢を(締めの言葉

 

ABOUT ME
daisen1101
15卒のメーカーで働いている20代。よく30代の課長っぽいと言われます。このブログは働きながら疑問に思ったこと、社会人について書いています。趣味は合気道(初段・5年目)と麻雀と一人旅。JAZZとプログレが大好きな20代です。 詳しいプロフィールはこちらから
麻雀本が読み放題になる『KindleUnlimited』がおすすめ!

麻雀本を揃えたいけど意外と高いんだよね・・・

と買うのを戸惑っている人におすすめなサービスがあるんです。

それがAmazonの『KindleUnlimited』。

↓KindleUnlimited公式サイト↓

月額980円で電子書籍のKindleが読み放題になるというサービス。麻雀本が1冊1000円ちょっとなので一冊ダウンロードするだけでも元が取れちゃいます!

スマホやタブレットでダウンロードすればどこでも読み放題。通勤通学やちょっとしたスキマ時間があればOK。

もちろん麻雀本以外にも漫画や小説、雑誌など12万点以上が月額980円で読み放題になります。

さらに今なら30日間無料キャンペーンを実施中!30日以内なら解約してもお金は一切かかりません!

無料で麻雀本をたくさん読みたい人は是非キャンペーン中にKindleUnlimitedをチェックしてみてください!

 

30日間無料体験を始める