page contents
JAZZ

オススメのジャズアーティスト~初心者が絶対聞くべきスタンダート曲集めました

ジャズの演奏

中学時代からジャズを聞いてるdaisenです。

 

  • ジャズに興味をもったけど、どの曲から聞いたらいいかわからない!
  • ジャズ初心者なんだけど何から聴けばいいの?
  • 曲やアーティストがたくさんあってわからない!

 

という これからジャズを聴こうという方へ 、アルバム100枚以上購入したジャズ好きがコレだけは聞いて欲しい!というアーティストを紹介します。

ジャズファンなら誰もが知ってる歴史的有名人(と個人的にオススメしたいアーティスト)の名盤・名曲もあわせて紹介します。

ジャズ初心者の方はとりあえずこのアーティストのこの曲さえ聞いておけばOK!

という選び方をしました。初心者でも聞きやすい曲を厳選しましたのでぜひきいてみてください。

 

ちなみにジャズをお得に聴くなら流行の定額制音楽配信サービス(音楽アプリ)がオススメです。筆者も通勤中や休日はアプリを使って聞いてます。

月額900円とシングルCD一枚くらいの値段で4000万曲を超える楽曲が聴き放題になります。

当ブログではオススメの定額制音楽配信サービスをまとめてますので、音楽好きの方は是非チェックしてみてください。→【音楽アプリ】ジャズ好きが厳選した定額制音楽配信サービスおすすめ5つを比較してみた

聴き放題サービスオススメを紹介します
【2019年最新比較】オススメの音楽配信アプリをジャズ好きが厳選してみた【ストリーミング】スマホでたくさん音楽を聴きたい!CDは高いからなるべく安く音楽を聴きたい!YouTubeじゃ使いについ! そんな人にオススメなのが定額...

目次

オススメジャズアーティスト:モダンジャズの帝王~マイルス・デイヴィス

ジャズトランペッター。ジャズの帝王といわれたらこの人。

(帝王って名前、ちょっとかっこいい)

モダン・ジャズはもちろん、クールジャズ、モードジャズ、果てはエレクトロニックジャズ、フュージョンなどなど・・・

ジャズに囚われない、時代とともに自身の音楽性を絶え間なく変化し続けました。

またマイルスのメンバーとして活躍したアーティスト達も後にブレイクするなど、コーチとしての役割も担っていました。

鬼コーチだけど、育った門下生は皆成功するという、登竜門みたいいな役割も担っていました。

マイルスデイビスといえば聞いたら忘れられないトランペットの音色。

一言で言うと「俺がカッコイイと思った音を追求する!」

という感じ。特にエレクトロニック期のマイルスがゴリゴリ自分を押し出していきます。

流石ジャズの帝王と呼ばれるだけあって、マイルスのジャズはジャンル「マイルスデイヴィス」といっていいほど。ジャズの範疇を超えた音楽性が特徴です。

由緒正しい?モダンジャズから、革新に満ちたエレクトロニックジャズまで精通しました。

ラウンド・アバウト・ミッドナイト/ラウンド・ミッドナイト

Miles Davis Quintet – 'Round Midnight

ジャズのスタンダードナンバー。哀愁漂うトランペットの音色がグッと来ます。

こう、なんだろ、夜のバーでウイスキー片手にニヒルに決めれる曲上位に来るくらい、カッコイイですよね。

初心者に是非オススメしたい一曲です。

カインド・オブ・ブルー/ソー・ホワット

Miles Davis – So What

THE・モダンジャズって感じなマイルス・デイヴィスの名曲。モード・ジャズの定番曲でもあります。

やっぱりマイルス・デイヴィスのトランペットって耳に残りますね。ムーディーな感じがね、ジャズっぽい。

紹介してる動画はゆったりとしたテンポですが、年が経つにつれ、ライブではテンポの早い曲になります。

これもまたカッコよくてオススメです。

イン・ア・サイレント・ウェイ/In a Silent Way

Miles Davis – In a Silent Way/It's About That Time/In a Silent Way (1/3)

モダンジャズとして有名なマイルス・デイヴィスですが、クロスオーバー黎明期のアーティストでもあります。

はっきり言って初心者や入門向けの曲ではありません。が、この曲がいい!と思ったらアナタはジャズ好きの素質ありです。

 

キャッチャーではないですが、しんしんとしたトランペットが緊張感を醸し出します。これがクールなんだよほんと。

オススメジャズアーティスト:モダンジャズピアニストの巨匠~ビルエヴェンス

ジャズピアニストで有名なアーティストといえばビルエヴァンス。

クラシックに影響された演奏は高く評価され、マイルスデイビスなどのバンドに参加。

ジャズの発展に大きな影響を与えました。特にビルエヴァンスの音色は日本で人気になりました。

 

マイルスが時代に合わせて変化していきましたが、ビルエヴァンスは対照的にずっとジャズピアノの姿勢を崩しませんでした。

たとえるとひたすら音を追求する研究者みたいなイメージですね。

 

ジャズは個性の音楽だといわれますが、自分を突き通したピアニストは彼ぐらいじゃあないかってくらいです。

しかし内縁の妻の死、信頼を置いていたミュージシャンの事故死など悲劇が襲い、耐えれなくなった彼はは薬物に溺れてしまいます。

そして1980年のライブ中に息を引き取りました。

たおやかで美しいピアノの音色の裏には暗い悲劇の物語がありました。

ビルエヴァンスの音色はこうした彼の人生をあらわしてるといっても過言ではないと思います。

ジャズ好きがオススメするジャズピアニストの記事もどうぞ↓

ピアノの画像
【癒やし】オススメのジャズピアノ10選~初心者なら絶対聞くべき名曲紹介します【作業用BGM】カフェやレストランで耳にするジャズピアノ。 鍵盤が奏でる表情豊な音色と自由を象徴するジャズは、ジャズを知らない人でもつい夢中にする魅力...

ジャズの巨匠としても知られた彼の名盤を紹介します。初心者でもジャズの世界に入りやすいのでオススメです。

ポートレートオブジャズ/枯葉【オータム・リーブス】

Bill Evans Trio – Autumn Leaves

モダンジャズ、というかジャズで有名な一曲ですね。スタンダードナンバー。

ビル・エヴァンスの軽快なピアノプレイがたっぷり楽しめる一曲です。

枯葉という曲は様々なジャズアーティストに演奏されてますが、やはり一番はビル・エヴァンスのプレイですね。

ジャズ初心者にもオススメの一曲です。

ワルツ・フォー・デビー/ワルツ・フォー・デビー

Waltz for Debby

ビル・エヴァンスの代表曲であり、ジャズとしても有名な曲。

途中から4拍子にかわるのがたまりません。

軽やかなピアノが心地よいですね。これもジャズ特有の難しさもなく、初心者にオススメです。

ちなみにデビーというのは姪のデビーちゃんのこと。ん~可憐だ。

スポンサーリンク

オススメジャズアーティスト:下町のジャズ親父~アートブレイキー

下町オヤジなジャズドラマー。力強い音がジャズにスパイスを与えます。

個人的にフェイバリットなアーティスト。

 

今ではジャズドラマーとして名をはせてますが、実は元ジャズピアニスト。人間どうなるかわかりませんね。

ちなみに彼、かなり?の親日家であり、 曰く、「世界中でアフリカと日本だけが我々を人間として歓迎してくれた」との事。

われわれ日本人にとってはちょっと鼻が高くなるエピソードですね。

 

アート・ブレイキーといえばジャズメッセンジャーズ。下町親父のように、若手のジャズメン達を育てる場としての役割もありました。

アルバムジャケットを見ると親父っぽさが醸し出されてますね。

オススメジャズドラマーも紹介してます。コチラ↓の記事をどうぞ。

BEST OFJAZZ DRAM
【初心者向け】ジャズドラムのオススメ名曲名盤を紹介!~最高にカッコいい曲を厳選!ドラムといえばロックやメタルバンドが激しくビートを刻む!というイメージがあります。 一方ジャズというと、なんかしっとりしてて地味じゃな...

ジャズドラマーの中でもかなり個性的なたたき方をする彼のドラムは一度聴いたらクセになります。

力強いけど繊細なドラミングはまさに中小企業がもつ独自の技術って感じですね。

モーニン/モーニン

Art Blakey & the Jazz Messengers – Moanin'

アート・ブレイキーの代表曲、これも有名ですね。

坂道のアポロンというアニメでも演奏され、アニメファンにも知られるようになりました。

イントロのピアノから続くアート・ブレイキーのドラム。いいですねぇ。

Night in Tunisia/チュニジアの夜

Art Blakey & the Jazz Messengers – A Night in Tunisia

チュニジアの夜といえばこれもJAZZのスタンダードナンバーで有名な曲。

ですがアート・ブレイキーのチュニジアの夜はめちゃくちゃカッコイイんです。

初っ端からアート・ブレイキーの力強いドラムが始まります。そしてトランペットが熱い!

モダンジャズでもこんなに熱い、まるでロックな感じを表現できるのも魅力。オススメです。

Mosaic/Mosaic

Mosaic

個人的に紹介したいアート・ブレイキーの良曲。

チュニジアの夜のようなアップテンポな曲です。

聞き所は後半のアート・ブレイキーのドラムソロ。ほんとにJAZZ?ってくらいのプレイは一度聞いてみて下さい。

オススメジャズアーティスト:不協和音で我が道を行く~セロニアスモンク

奇抜な言動やファッション、そして天才ともいえる演奏で多くの人を驚かせたアーティスト。

友人(バドパウエル)が麻薬所持で疑われていたところ、彼をかばって演奏自体を禁止させたれたというエピソードを持つ。いろいろ凄い人。

一時期出禁状態になるも、数々のアーティストとレコーディングし、功績を残していきました。

出禁の間は妻に支えてもらいながらも(いわゆるヒモ)研究を重ね、出禁が解除された時、その独特の音楽が世に生まれました。

 

とにかくJAZZのアイデンティティである「個性」を突き抜けたアーティストです。

今では個性が評価され、セロニアス・モンク協会もできるくらいですから

彼の演奏スタイルはモンク独特の音階を展開します。

特に和音のこだわりがすごく、セロニアス・モンクの独特な不協和音がポイントです。

なんというか、とにかく独創的。ジャズのかっこよさが前面にでています。

ブリリアント・コーナーズ/ブリリアント・コーナーズ

Thelonious Monk – Brilliant Corners

セロニアス・モンクの代表曲(だとおもう

しょっぱなから不協和音炸裂のピアノ。サックスもなんかなよなよ~とした音色です。

でもなぜか心地よい雰囲気になれるという、これもセロニアス・モンクの醍醐味でしょうか。

セロニアス・モンク・トリオ

Thelonious Monk \ Thelonious Monk Trio, 1954 [Full Album]

セロニアス・モンクのピアノトリオ。セロニアス・モンクのスタンダードな曲が味わえます。

アルバムの中の一曲、というよりか、このアルバム全体がJAZZの入門としても最適だと思います。

モダンジャズの巨匠ビル・エヴァンスとはまた違ったピアノ。是非聴き比べてみてください。

スポンサーリンク

オススメジャズアーティスト:シーツオブサウンズ(音の洪水)~ジョンコルトレーン

モダンジャズ界の巨人、サックスプレイヤーといえばジョンコルトレーン。

晩成型といわれ、30手前になってマイルスデイビス率いるユニット参加。

そしてようやく実力が認められたというジャズマンです。

 

今まで謙遜されてたソプラノサックスを使った独特な音色が支持され、晩年もジャズに囚われない独創的な音を追及し続けました。

モダンジャズはもちろんのこと、モードジャズから果てはフリージャズまで作り上げます。

晩年の大作「至上の愛」を作り上げるも、40歳という若さで亡くなりました。

ジョンコルトレーンの音はたたみかけるような音、敷き詰められた音・・・シーツオブサウンズといわれるほどの音色が利き所です。

例えるなら…そう、松岡修造がひたすら励ましの言葉をかけてる感じ?

とにかくヴァーっっと濃密な音を作り上げるのが特徴です。

ジャイアントステップス/Giant Steps

Giant Steps

ジョン・コルトレーンのシーツオブサウンズがたっぷり堪能できる一曲。

ゆったりとした感じではなく、とにかくサックスを吹きまくる吹きまくる!

でもすごく綺麗な流れなんですよね。音の流れが。

ジャズ初心者に是非オススメしたい一曲です。これも。

マイフェイバリットシングス/My Favorite Things

My Favorite Things – John Coltrane [FULL VERSION] HQ

サウンド・オブ・ミュージックでおなじみのジャズ・スタンダード。

アニメ坂道のアポロンでも演奏されてましたね。ん~いい曲だ。

ジョン・コルトレーンの渋いサックスがじっくり味わえる一曲です。これも個人的に上位にあげたいナンバーです。

サックスもそうですが、ピアノも魅力的なんです。とにかくいい、まさにお気ににいり【Favorite】の曲です。

至上の愛/A Love Supreme

1964 – John Coltrane – A Love Supreme

ジョン・コルトレーンが生涯を懸けて作り上げた名作中の名作。

モダンジャズというかフリージャズ…いや、コンセプトアルバムといっていいでしょう。

アルバム全部をつかって一曲を作り上げるという、壮大な作品です。

これも初心者向けの曲ではないんですが、私の中では一番のジャズです。

この曲がどれだけ凄いかはジャズ好きがオススメする人生で最高の名曲名盤ランキング10

という記事で書いてますので、ジャズの真髄を堪能したいかたは是非きいてみてください。

MY favorite JAZZ
本気でオススメするジャズの名曲ランキング~100枚以上アルバムを聞いた私が紹介します皆さんジャズは好きですか?僕は好きすぎてカラオケで歌える曲が少なくて苦労してます。 突然ですが、今回はジャズ好き(といってもまだまだだ...

オススメジャズアーティスト:自由を体現した男~チャーリーパーカー

アルトサックス奏者であり、ビバップの概念を築きあげたモダンジャズの功績者。

今では当たり前な即興・・・アドリブ奏法を広めた人です。

コード進行に囚われない、もっと演奏者が自由に自己表現をできるようになったのもチャーリーパーカーが居てこそです。

ジャズの花ともいえるアドリブ奏法。ジャズは個性の音楽といわれるのもこのためです。

ちなみに、ご本人モテまくりで4人の奥さんがいて、お薬をやりすぎてわずか34歳という若さでこの世を去りました。

演奏もさながら、生き方もアドリブしまくりという、まさに地でゆくアーティストです。

破天荒な生き方をされたチャーリー・パーカーですが、曲自体は至ってマジメ?なモダンジャズです。

独特の音色とスピード、不思議な心地よさがチャーリー・パーカーの魅力なんです。

コルトレーンのスピードが全力疾走なら、チャーリー・パーカーはランニングみたいな感じ?

チャーリー・パーカーwithストリングス

Charlie Parker with Strings – Just Friends

チャーリー・パーカーの音色とストリングスが見事に融合した名盤。

チャーリー・パーカーのスピード感、言葉にするのは難しいんですけど、とりあえず聞いてみて下さい。

なんとなく書きたい事がわかるはず…

 Now’s The Time/ナウズ・ザ・タイム

Charlie Parker – Now's The Time

ジャズファン曰く、モダンジャズの名盤だ!と言われる名盤。まぁまさしく名盤なんだけど。

この曲こそTHE・モダンジャズっていう感じですね。

すいません、自分音楽理論はさっぱりなので、どれがアドリブなのかってのがよくわかってません。

この曲はチャーリー・パーカー独特のアドリブが満載になってます。アドリブ?って思うほど自然に演奏してるってことはそういうことなんですね。

オススメジャズアーティスト:切れ味冴える老いたカミソリ~バドパウエル

ビルエバンスとともにジャズピアノでは有名な巨匠。バドパウエル。

元はベースのように主役の楽器でないピアノを全面的に出して、ジャズピアノの今を作り上げた人。

 

ジャズでは当たり前のジャズ・トリオを確立させたのもバドパウエルのおかげです。

昔はトリオといえばピアノ+ベース+ギターでしたが、バド・パウエルはギターをドラムに変えたトリオを編成。

若い頃はキレキレのピアノでしたが、鬱と麻薬で不調になるも、再起した時に独特の「味」を生み出しました。

ビルエヴァンスが哀愁ただよう音なら、バドパウエルは深みのある音でしょう。コーヒーでいうエスプレッソみたいな?

とにかく彼のアドリブは味わい深いんです。力強いといいますか、クセがあるけど聞けば聞くほど良さがわかるってやつです。

The Scene Changes /クレオパトラの夢

Cleopatra's Dream

バド・パウエルの代表曲であり、ジャズの中でも有名な一曲。

タイトルの”クレオパトラの夢”ってのがいいですよね~。どんな夢なんだろう。

耳に残りやすく、ジャズ初心者でも聞きやすい名曲です。おしゃれな気分になりたいときはオススメです。

ウンポコロコ/Un Poco Loco 

Bud Powell – Un Poco Loco [Alternate Take No. 1]

ジャズ好きの中でも結構玄人好みな一曲。アルバムでは同じ曲が三連続で収録されています。

ジャズってオルタナティヴ・テイク【別撮り】でもがらっと印象が変わるのが面白いところ。

同じ曲だけど、三者三様の音が楽しめる一曲です。バド・パウエルの味わい深いピアノの音色を堪能できます。

 

オススメジャズアーティスト:父親のような温かいギターの音色~ウェスモンゴメリー

ジャズギタリストといえば多くのジャズファンはウェスの名前を挙げると思います。

ジャズ初心者の方はあまりなじみのない人かも知れませんが、ウェスを知っておけばとりあえずジャズ知ってるよ!という顔ができます。

 

ギターって言えばロックなイメージですが、ジャズギターもこれはこれで味わい深いものですよ。

サムピック奏法というピックを使わず親指の腹で弦をはじく奏法やオクターブ奏法など、当時は類を見ない演奏で多くのファンを魅了しました。

(ジミ・ヘンドリックスも参考にしてるとか。)

ジャズテイストな柔らかくも温かい音色が心ん響きます。

ウェスのギターはアドリブがポイント。さわやかな音色がピアノやベースと程よく絡み合います。

Full House/フルハウス

Wes Montgomery – Full House 1962 (full album)

ウェス・モンゴメリーの代表曲であり、名盤。

ジャズというとトランペットやサックスですが、ウェス・モンゴメリーのギターがとっても似合うんです。

全部親指で弾いてるんですから、この音色はウェス・モンゴメリーにしか出来ない芸当ですね。

スタンダードジャズとしても是非初心者にオススメしたい一曲です。

ジャズは奥深い!オススメのジャズアーティストを見つけよう!

ジャズの画像

というわけでジャズの歴史を築いたジャズアーティストの紹介でした。

ぶっちゃけ上で紹介した以上にホントにたくさんのアーティストがいるんですが・・・

書くと結構な分量になっちゃうので、今回はこれくらいで。

 

初心者の方はとりあえず上で紹介したアーティストの名曲を聴いてみてください。

そしてジャズってこんな音楽なんだ!というのを是非体感してください。

なにせロック以上に造詣が深い世界です。まずは名曲名盤からジャズの世界を楽しんでみましょう。

そのままジャズの奥深い世界が待っているはずです。

ジャズ聴き放題ならAmazonMusicUnlimitedがおすすめ!

もしジャズに興味を持たれた方で、もっとたくさん音楽を聞きたい!という人はジャズ聴き放題アプリのAmazonMusicUnlimitedがオススメです。

  • 4000万曲が聴き放題。ジャズも豊富。
  • 一ヶ月の無料お試し期間あり
  • Amazonプライム会員なら更にお得

スマホやPCで月額900円とシングルCD一枚くらいの値段で、今回紹介した曲以外にも4000万曲を超える楽曲が聴き放題になります。

ジャズに興味を持たれた方はぜひチェックしてみてください!

\管理人も使ってます!/

>>30日間無料お試し期間を始める

AmazonMusicUnlimited 公式HPはコチラ

Amazon Music Unlimitedについて詳しくはこちらをどうぞ(レビュー記事です)↓

AmazonMusicUnlimited アイキャッチ
【高音質】Amazon Music Unlimitedレビュー~使ってみた感想・評判などを紹介!2017年11月8日、Amazonは音楽配信サービスMusicUnlimited(ミュージックアンリミテッド)を開始しました。 月額9...
 
 

ジャズに興味を持たれた方は他の記事もどうぞ

【オススメ】ジャズ初心者に聞いて欲しい一度は絶対聞いたことがある名曲30選【JAZZ】

JAZZ好きがオススメする疾走感あふれる最高にカッコイイジャズを紹介!

【オススメ】超定番のフュージョン名曲・名盤10選!初心者はまずこの曲を聴け!

それでは皆さんいい夢を(締めの言葉

ABOUT ME
daisen1101
15卒のメーカーで働いている20代。よく30代の課長っぽいと言われます。このブログは働きながら疑問に思ったこと、社会人について書いています。趣味は合気道(初段・5年目)と麻雀と一人旅。JAZZとプログレが大好きな20代です。 詳しいプロフィールはこちらから
麻雀本が読み放題になる『KindleUnlimited』がおすすめ!

麻雀本を揃えたいけど意外と高いんだよね・・・

と買うのを戸惑っている人におすすめなサービスがあるんです。

それがAmazonの『KindleUnlimited』。

↓KindleUnlimited公式サイト↓

月額980円で電子書籍のKindleが読み放題になるというサービス。麻雀本が1冊1000円ちょっとなので一冊ダウンロードするだけでも元が取れちゃいます!

スマホやタブレットでダウンロードすればどこでも読み放題。通勤通学やちょっとしたスキマ時間があればOK。

もちろん麻雀本以外にも漫画や小説、雑誌など12万点以上が月額980円で読み放題になります。

さらに今なら30日間無料キャンペーンを実施中!30日以内なら解約してもお金は一切かかりません!

無料で麻雀本をたくさん読みたい人は是非キャンペーン中にKindleUnlimitedをチェックしてみてください!

 

30日間無料体験を始める