page contents
三人麻雀

【三人打ち】関西サンマのルール・特徴を紹介~ドラ20枚!インフレ麻雀が激アツ!

関西サンマのルールを紹介

関西サンマという三人麻雀のルールをご存じでしょうか。

三人麻雀といえば地域によって色んなルールがありますが、関西にも関西人らしい?独特のルールがあります。

特徴をざっくり書くと、

  • 全赤華あり、裏ドラ合わせると常時ドラ20枚
  • ツモは表ドラのまで
  • ナシナシ(喰いタンなし後付なし)の完全先付

通常の四人麻雀を打ってるひとが見ると「え!ドラ20!?」とびっくりするかもしれません笑。

そんな関西人らしい?派手でハイパーインフレ麻雀ですが、これがよくできてまして、やればやるほど戦術の奥深さが実感できるんですよ!

というわけで今回は関西で主流の三人麻雀、通称関西サンマのルールを紹介いたします。

5ソーと5ピンがすべてドラ

通常の4人麻雀だとマンピンソーに赤が1枚づつですが、関西サンマはソーズとピンズの5はすべてドラ扱いになります(たいていは赤牌を使用)。

常に表ドラが5ソーと5ピンみたいなフィールドです。まずここで度肝を抜かれますね(笑)。

真ん中が常にドラなので4人麻雀以上に形が重要になります。表ドラと合わせるとドラの数が多いのであえてリーチせずにドラ受けを残すという戦術も必要になります。

また華牌も含めるとドラが全部で20枚と非常に多いため、平均打点がかなり高くなるという点は押さえておきましょう。跳満なんて日常茶飯事です(笑)。

関西サンマはドラを使いこなし、上手に和了きる能力が重要になります。

華牌(もしくは北抜き)を使用

三人打ちではメジャーなルールですね。

手牌に華牌(もしくは北)がある場合、横に置いて王牌から一枚ツモることができます。

抜いた華(北)はドラ扱いになるので抜けば抜くほど打点が高くなります。

フリー雀荘では華の代わりにお店独特の牌を使用しており、4枚のうち1枚が祝儀対象になったりしています。

(お店によっては一人で4枚抜いたら祝儀対象になる】

華牌を採用しているところは北は三元牌と同様共通の役牌扱いになります。地味に役牌が多いのも三人麻雀の特徴です。

北抜きのところは完全空気扱い(国士無双・小四喜・字一色の役満以外手牌として使えない)だったり河に捨てれたりと様々です。

通常のドラと違って目に見える情報なので華牌を多く抜いている他家には十分警戒することがポイントです。

スポンサーリンク

完全先付(喰いタンなし・先付け)

4人麻雀ではアリアリルールがほとんどですが、関西サンマはナシナシ、完全先付けが主流です。

4人麻雀で有効な役牌バックや片アガリができないため、アリアリルールより鳴きの価値が下がります。

また役牌以外で仕掛けるとある程度役が絞り込まれる(トイトイ・染め手・役牌アンコ)ので注意が必要です。

門前の場合はリーチをかけたり平和や一盃口などの役をつけやすいですが、仕掛けの場合は役が確定していないと上がれないケースもあるので注意しましょう。

例えば下の手、一見トイトイで上がれそうですが・・・

四索:麻雀王国四索:麻雀王国五索赤:麻雀王国五索赤:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国一筒:麻雀王国一筒:麻雀王国一筒:麻雀王国 九萬:麻雀王国九萬:麻雀王国九萬横:麻雀王国

よく見ると3索と6索の待ちが存在しています。これだとトイトイという役が確定していないので上がれません。

慣れてないとこうしたケースに遭遇するので注意しておきましょう。個人的には仕掛けより門前で進めた方が色々お得な気がします笑。

東場テンパイ連荘、南場ノーテン連荘

関西サンマでは南場の親はノーテンでも連荘ができます。なので子が上がらない限りずっと親のターンになります(笑)。

南場の子はぼーっとしてると親に点棒を吸い取られてしまうため、かわし手で親を流したり、点棒に余裕があるときは子への差し込みなどの技術が必要になります。

南場では曲回しの技術が求められるため、結構場況を見て進めないと行けないのが面白いんですよね。

スポンサーリンク

七対子の4枚使いあり

4人麻雀では七対子の4枚使いはチョンボですが、関西サンマでは有効です。

三人麻雀自体牌の種類が少なく、タテに重なりやすいため4枚使いの七対子は珍しくありません。

またお店によっては4枚使い七対子は4ハン扱いになったりします。

トイツとシュンツが混じった手牌になると七対子とほかの役の両天秤になるという珍しいことも起こりえます。

例えばこんな手

二索:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国四索:麻雀王国五索赤:麻雀王国五索赤:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国六索:麻雀王国八索:麻雀王国八索:麻雀王国

通常だと待ちは二索:麻雀王国五索赤:麻雀王国八索:麻雀王国となりますが、4枚使いの七対子がOKなので六索:麻雀王国も七対子の待ちとして通用するんですよ。

清一色は慣れてるぜ!という人もこうした4枚使い七対子による変則待ちはチェックしておきましょう。慣れてないとアガリ逃します(笑)。

なお関西サンマのお店のほとんどは小車輪(ホンイツ七対子、6ハン)と大車輪(清一色七対子、役満)を採用してます。七対子をうまく使うことが関西サンマのコツといっても過言ではありませんね。

フリテンリーチは一切禁止

関西サンマではフリテンリーチは一切禁止となっています。

4人麻雀では割と有効な戦術でしたがフリテンリーチができないので手組みの構成力がポイントになります。

先に19を切ったけど横に並んで147待ちになった・・・なんてことにならないようにしましょう。機会損失がすごいです笑。

お店によってはフリテンツモも禁止にしているところもあるので注意です。

4人麻雀以上に手組の順序が肝になるため牌効率は徹底しておきましょう。

ツモはドラ表示牌まで

関西サンマではドラ表示牌までツモが続きます。

4人麻雀よりツモが多くなるので大抵はツモることができます。カンチャンペンチャンでもサクッとツモれるときがあるのが三人麻雀です(笑)。

そのため流局が少なくなっています。オリていてもたいてい他家にツモられるのでこちらも攻める必要があります。

また山に牌が残ることがほとんどないので確実にツモるためにも山読みの技術が試されるのもポイントですね。

山読みがしっかりしてないといつまで立っても自摸れなくて精神衛生的非常によろしくないです笑。

関西サンマ、その他の細かいルール

ここでは重要じゃないけど通常の3人麻雀とは異なるルールを紹介します。

お店によっては採用したりしてなかったりなど様々です。必ず細かいところまでルールはチェックしておきましょう。

  • 100の位はすべて切り上げ(3900は4000、5200は6000)。点棒も100点・500点棒を使用しません。お店によっては符計算をしたりしなかったり。
  • 積み棒は1000点。自摸なら倍もらえる。
  • 純粋なツモ損ルールは関西サンマでは少ないです。ツモ損ルールの場合は4人麻雀のツモにプラス1000点で計算します(子の跳満なら4000・7000、親の倍満なら9000オール)。
  • ローカル役で四連刻、三連刻採用。四連刻役満、三連刻2ハン、三風(風牌を3ブロック作る)2ハンを採用するところも。流しは役満扱いがメジャーです。また多くのお店は萬子のホンイツは役満扱いしているところがあります。

 

ちなみに関西では倍満のことを十翻(トッパン・ジッパン)と呼びます。

倍満は場ゾロ込みで10ハンなのでそれが由来とされています。

とりあえずトッパン!というと通ぶれます(笑)。

関西サンマルールならではの戦術

ざっと関西サンマの特徴的なルールを紹介しました。

このルールを踏まえて関西サンマの特徴を整理します。

  • 裏ドラ合わせドラは20枚、平均打点は跳満以上。
  • 平均打点が高いためリーチの価値が若干低い
  • 役より形が重要視される
  • ツモが多いので流局が少なく親かぶりがでかい

とにかくドラがべらぼうに多いので場の平均打点が高くなっています。

データで勝つ三人麻雀では三麻のアガリ素点は平均8000点となっています。ドラの枚数を踏まえると関西サンマの平均打点は跳満クラスだと考えられます。

打点読みをする際は常に高めに見積もりましょう。リーチに放銃したほぼ跳満以上、華牌が抜いていたら十翻も致し方ない、という世界です。

関西サンマは形が命。上がれる形を意識する

関西サンマはドラが多いため通常の三人麻雀以上にアガれる形が重要になります。

テンパイの形は両面以上が基本。愚形なら2・8や字牌が絡む待ちでないと他家との勝負でめくり合いで不利になり、高打点で押し返されてしまいます。

456のカンチャン、シャボは子なら跳満以上、親は満貫以上の打点がないときびしいでしょう。

序盤なら456の愚形の場合トリダマにしたりテンパイを外して無理やり両面にするといった戦術も必要になります。

牌効率はもちろん、アガリ率を高めることを常に意識することが大事です。

ちょっとまて、テンパイ即リー全ツッパ

関西サンマはドラが多いので通常のルールより若干リーチが弱くなります。

というのもリーチのメリットは打点がアップすることですが、ドラが多いルールなのでリーチをしなくても跳満以上を簡単に作れてしまうからです。

特にのみ手両面の場合。四人麻雀や通常のサンマなら鉄でリーチですが、関西サンマだと値段が安いと読まれると高打点で押し返される危険があります。

二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国九筒:麻雀王国一索:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国三索:麻雀王国九萬:麻雀王国九萬:麻雀王国ドラ六筒:麻雀王国抜きドラ0

こんな手でテンパイしたらダマにとります。赤5や表ドラを吸収できるのと、かわし手としても活用できるからです。

このようなのみ手でリーチをかけると高打点の押し返しに負けることがあるのでなおさらです。

ドラを引いたり抜きドラを手に入れ、跳満が見えたらリーチするようにしています。

テンパイ即リーは4人麻雀では定石ですが、関西サンマではより繊細なリーチ判断が求められるゲームなんです。これがなかなか奥深いんですよね。

関西サンマは奥が深い!

秋刀魚の画像

というわけで関西サンマの紹介でした。

ドラが20というすさまじいルールですが、打ってみるとこれがなかなかに面白いんですよ。

山読み・リーチ判断・打点読みといった技術が求めらるため、はまると楽しくなるのが関西サンマです!

大阪を中心に関西では多くの関西サンマのフリー雀荘があるのでぜひチェックしてみてください。

最近では関東でもアリアリルールや祝儀牌を入れた関東サンマのお店も流行っています。

興味を持たれた方はぜひ遊んでみてください!

ABOUT ME
daisen1101
15卒のメーカーで働いている20代。よく30代の課長っぽいと言われます。このブログは働きながら疑問に思ったこと、社会人について書いています。趣味は合気道(初段・5年目)と麻雀と一人旅。JAZZとプログレが大好きな20代です。 詳しいプロフィールはこちらから
麻雀本が読み放題になる『KindleUnlimited』がおすすめ!

麻雀本を揃えたいけど意外と高いんだよね・・・

と買うのを戸惑っている人におすすめなサービスがあるんです。

それがAmazonの『KindleUnlimited』。

↓KindleUnlimited公式サイト↓

月額980円で電子書籍のKindleが読み放題になるというサービス。麻雀本が1冊1000円ちょっとなので一冊ダウンロードするだけでも元が取れちゃいます!

スマホやタブレットでダウンロードすればどこでも読み放題。通勤通学やちょっとしたスキマ時間があればOK。

もちろん麻雀本以外にも漫画や小説、雑誌など12万点以上が月額980円で読み放題になります。

さらに今なら30日間無料キャンペーンを実施中!30日以内なら解約してもお金は一切かかりません!

無料で麻雀本をたくさん読みたい人は是非キャンペーン中にKindleUnlimitedをチェックしてみてください!

 

30日間無料体験を始める