page contents
麻雀

初めてフリー雀荘へデビューする前に抑えておきたいルールやマナーを紹介します

フリー麻雀がはじめての人のための雀荘講座

雀ゴロサラリーマンのdaisen(@kiteretu1101)です。

ネット麻雀や麻雀漫画、アニメなどを見て「自分もフリー麻雀に挑戦してみたい!」と言う人も少なく無いと思います。

ネット麻雀で打ちなれている人でもリアルの麻雀は初めてという人は

フリー雀荘ってどんなところ?
ルールやマナーってどんなことを守らないといけないんだろう?
フリー雀荘ってお金を賭けなきゃダメ?レートは?
フリー雀荘って怖い人がいるの?

などなど、疑問や不安が一杯だと思います。

今回は大学生からフリー雀荘通い詰めてる筆者がフリー雀荘に初めて行く初心者のためにフリー雀荘の楽しみ方を紹介します。

フリー雀荘で遊ぶために覚えて欲しいこと、ルールやマナー、ちょっと聞きづらいレートについて、お店の雰囲気などなど、アナタが気になることにすべてお答えします!

フリー雀荘に興味を持った人は挑戦する前に一度この記事を読んでおくと問題なし!

是非フリー雀荘ならではの雰囲気を味わってください!

(長いので目次から気になる項目をクリックすると飛ぶようになっています。気になる項目から読んでいってください)

※この記事では便宜上”ゴールド(G)”という単語を使います。諭吉さんとか樋口さんのことです。

目次

雀荘のシステムについて~「セット」と「フリー」

フリー雀荘の説明の前に、簡単に雀荘のシステムについて説明します。(知ってるよ!と言う人は目次から次の項目をクリックしてください)

そもそも雀荘というのは主に二種類のシステムで運営されています。

主に決まった面子で遊ぶ「セット」、知らない人同士で遊ぶ「フリー」というシステムです

フリー雀荘と呼ばれるのは二つ目の「フリー」を経営しているお店に当たります。

雀荘によってはセットだけしか営業していないお店があるので要注意です。

「セット」:知り合い同士で麻雀卓を借りて遊ぶ

よく漫画とかだとサラリーマンが4人で集まって遊ぶ・・・という場面がありますよね。

これは「セット」といってお店の麻雀卓を借りて遊ぶ、というシステムです。お店はセット料金と呼ばれる支払やドリンク代などで経営してます。

家で遊ぶのと違ってドリンクやフードが使えたり、自動麻雀卓が使えるので快適に遊ぶことができます。カラオケで歌うようなイメージですね。

セットの雀荘も様々で、フリー雀荘と一緒に営業することもあれば、セットのみの営業で運営している雀荘もあります。

セット麻雀はVIPが使うような高級なお店もあるのでピンからキリまでです。(よく麻雀漫画で使われるのも高級なセット雀荘が多い)

セット雀荘はフリーとは違い、一人で遊べないのでお店を選ぶときには注意しましょう。

大抵の雀荘だとセット専用と書かれているところがあります。不安は人は直接電話で聞いてみるのもありですね。

「フリー」:知らない人同士で遊ぶ

セットと違い、知らない人同士で遊ぶのが「フリー」です。

セットは知り合い同士ですが、フリーは文字通り知らない人同士で麻雀をします。システムは後で書きますが、簡単に説明するとお店に来た人順で面子を集め、4人そろったら対局開始という流れです。

ネット麻雀で4人そろうのと同じ要領ですね。4人そろわない場合はメンバー(雀荘の定員)が数に入って卓をつくります。

知らない人と打つの?と不安に思われがちですが、要はネット麻雀でランダムに打つのがリアルになっただけです。みなさん麻雀を打ちに来る人ばかりなので安心してください。

後で説明しますが、4人そろったら対局開始。オーラスが終わったらお店に”ゲーム代”(場代とも呼ばれる)を支払います。セット麻雀の貸し卓代に相当するお金です。

辞めるときは「次で辞めます(ラスハン)」と店員さんに付けることで辞めることができます。

(後ほどフリー雀荘の流れについて説明します)

麻雀は風俗店。18歳未満は入店禁止!

雀荘は俗にいう風俗店というやつで、当たり前ですが18歳未満は入場禁止です。逆に18歳以上で麻雀がわかってたら誰でも入れます(もちろんマナーを守れる人ですよ!)

また風俗店ですので怪しい人はNGです。この記事を読んでる人でいないとは思いますが、暴力団関係の人や指に欠損がある人は入店を断られることがあります。

なので麻雀漫画みたいに怖い人がいるというのはほとんどありません(ほとんどというのは場末の雀荘にはいるというのを友人から耳にしました。市内の雀荘、チェーン店ならまず大丈夫です)

フリー雀荘の選び方~ルールやレートを確認しよう

さぁフリー雀荘がどんなとこかわかったところで早速!

・・・といいたいところですがもう少し待ってください。フリー雀荘に入る前に確認すべきことが少しあります。

パチンコ屋が一玉○円だったり置いてある種類がパチンコ屋で変わるように、フリー雀荘もお店によって様々なルールやレートがあります。

ここでは簡単にどんなお店があるのか、チェックすべき項目を紹介します。

フリーかセットか~営業方法について

先ほども紹介しましたが、その雀荘がフリーなのかセット専用なのかチェックしましょう。

お店によっては時間帯でセットのみの営業をしているところもあります。

遊ぶ前にまずはいつからフリーをやっているのかチェックしましょう。ネットで調べられますが、不安は人は直接電話で確認するのもありですね。

麻雀の種類について~4麻か3麻か

フリー雀荘ではお店によって3人麻雀専用のところもあります。

普通麻雀といえば4人麻雀ですが、地域によっては3人麻雀が多いところもあります(大阪や名古屋など関西圏はが多い)

4人麻雀を打つならこれも事前に確認しておきましょう。ネットで簡単に確認できるので行く前にスマホでチェックですね。

レートについて~自分に合ったレートを確認しよう

あんまり大きな声では言えませんが、雀荘にも様々なレートがあります。お店によっては”ゴールド”や”チップ”を取り扱うところもあります。パチンコで1パチ・2パチがあるのと同じですね。

現在営業しているレートは以下のとおりです。

  • ノーレート…ゴールドの動き無し。順位によってゲーム代の支払が変わる。健康麻雀と呼ばれるお店が多い
  • 点2~3…1,000点うまい棒2~3本ほど。1ゲームで大体1500Gほど動く
  • 点5…1,000点うまい棒5本ほど。1ゲームで大体3000Gほど動く
  • 点ピン(10)…1,000点=マックのハンバーガー。1ゲームで大体5000Gほど動く

多くの雀荘はノーレート(健康麻雀)~点5の雀荘です。都心部はピンのお店も多いですね。

レートについての注意点は後ほど紹介しますが、まずはコレくらいのレートがあるんだな~とおもっていただければOKです。

【コラム】雀荘は違法なのか?~麻雀と法律について

たまに「雀荘で遊んでたら警察に捕まった!」という噂を聞きます。

実際はというと現状営業しているお店は大丈夫です。(正確にはグレーですが・・・

よっぽどのことが無い限りは問題はありません。風俗店で遊ぶとつかまるか?というのと同じですね(多分。

警察沙汰になるのは大きなお金が動いたときや暴力団関係が絡むときぐらいです。安心して遊べますよ。

お店のレートの見分け方

レートはどれくらいかと言うのは電話で確認することは出来ません(大人の事情で

ですが見分け方はあります。チェックするのはゲーム代のところ(ゲーム代は公表できるため

大体300円~400円はノーレート~点5、500円~700円はテンピンのところがほとんどです。今のところそういう相場になっています。

ルールについて~雀荘によって様々なルールがある

雀荘には雀荘特有のルールがあります。大まかにはネット麻雀のようなスタンダードなルールが多いですが、店によっては特殊なルールを採用しているところもあります。

特殊ルールを楽しみたいなら別ですが、遊ぶ前にルールはネットなどで確認しておきましょう。

ここではチェックすべきルールについて紹介します。

東風が東南か

ほとんどの雀荘はスタンダードな東南の半荘ですが、お店によっては東風のお店もあります。

特に都心部は東風のお店も多いのでチェックしておきましょう。

見分け方としてはネットで「条件付き東南戦」と書いているところは東風です。なんでそのように書いてるかは”大人の事情”です。

祝儀について~面前か鳴き祝儀か

フリー雀荘では祝儀というシステムがあります。いわゆるチップと言うやつですね。

雀荘によっては祝儀獲得条件が異なります。多くの雀荘は鳴いても祝儀がもらえる「鳴き祝儀」ですが、お店によっては面前でしか祝儀がもらえない「面前祝儀」もあります。

祝儀の取り方で若干戦術も変わるので要チェックです。

祝儀麻雀についてはをご覧ください。

アガリ連荘かテンパイ連荘か

細かいですが連荘の違いもあります。

チェーン店や関西圏のお店はアガリ連荘の割合が多いですね。テンパイでも親は連荘しないので結構早く終ります。

逆に関東圏のお店はテンパイ連荘が主流です。(諸説はよくわかってません)ネット麻雀で慣れてる人は安心ですね。

連荘が違うからといって戦術はあんまり変わりませんが、慣れてないと戸惑うのでチェックしておきましょう。

供託点数の違い~300点か1500点か

供託は300点と言うのが普通のルールですが、レートが高いお店だと供託が1500点(バセンゴと呼ばれる)のところがあります。特に東風のお店が採用されています。

供託が5倍という数字になるので若干打ち方が変わります。特に2本場の緊張感は凄いですよ。

慣れてないと痛い目に合うので打つときは気をつけましょう。慣れると結構面白いですよ~

新宿・歌舞伎町ルールに注意

東風のお店限定ですが、麻雀打ちの中では新宿ルールと呼ばれるものがあります。普通の麻雀と同じですが、若干特殊なルールですので注意しましょう。

基本レートも安くないので遊ぶなら潤沢なタネ銭とやる気をもっていってください。

(初心者で新宿ルールを打つ人は少ないと思いますが・・・)

詳しくはと言う記事をごらんください。

スポンサーリンク

フリー雀荘の流れ~入店からお店を出るまでの流れ

さてフリー雀荘のお店が決まったところで早速入店しましょう!

初めてのフリー雀荘は緊張すると思いますが、慣れれば楽しい遊び場になります。

ここではざっくりと入店から遊び終わるまでの流れを紹介します。

入店~待ち席で時間をつぶそう

フリー雀荘のお店が決まったら早速お店に向かいましょう。緊張すると思いますが、入ればこっちのもんです。

いらっしゃいませ~!ご新規の方でしょうか?

初めて入る店の場合新規でフリーを打ちに来たと伝えましょう。セットと一緒に営業してるところだとセットのお客さんと間違われやすいです。

お店に着いたら待ち席(テーブルとイスが置いてる)にすわります。店によりますが大抵喫煙可能です。

お飲み物はいかが致しますか?

大抵のフリー雀荘だとカラオケみたいにフリードリンクがサービスで付いてきます。コーラやお茶、コーヒーなどひととおりそろってます。

(お金を払えばビールやレッドブルも飲める)

初めての来店だと大抵店員(以下「メンバー」と記す)さんがルール説明にやってきます。お茶でも飲みながらゆっくり待っておきましょう。

店によっては待ち席に漫画が置いてるので(大抵近代麻雀がおいてる)暇つぶしになりますよ。

お店によっては(大抵のお店がそうですが)個人情報を登録することもあるので待っている間にささっと書いておきましょう。

ルール説明~不安なことはちゃんと質問しよう

待ち席でゆっくりしているとメンバーがルール表を持ってきてルール説明を始めます。

このときに自分が麻雀初心者だったらきっちりと麻雀初心者と伝えておきましょう。メンバーも初心者向けの説明を行います。

(逆に打ちなれていたらささっとルール表に目を通すぐらいでもOKです)

当店のルールを説明いたします。ご不明な点がありましたらいつでも質問してください。

先ほども書きましたが、ルールでチェックすべき所は・・・

  • レート(点どれくらいか?)
  • 祝儀の有無(面前か鳴きか)
  • 流局の有無(店によってルールが違う)

フリー初心者の方はしっかり確認しましょう。

マナーもしっかり確認しておこう

大抵のお店だとルール説明と一緒にマナーの確認も行います。

リアルで麻雀を触る人はどんなマナーを守ればいいかわからないと思いますので、しっかり確認しましょう。

対局前~預かり金を払って面子がそろうのを待とう

一通りルール説明が終わると対局の準備は完了です。

が、その前にオンレートのお店だと換金(預かり金)の支払が発生します。

オンレートですので鉄砲(無一文で遊ぶこと)対策とナマGのやり取りはよろしくないということで大抵チップに換金されます。(カジノのようなものですね)

大抵5000G~10000GあればOKです。(高レートは20000G)

換金後チップが入った”カゴ”が渡されます(メンバーも”カゴ”と呼びます)。大事に手元においておきましょう。

【コラム】フリー雀荘で遊ぶにはどれだけ必要?

オンレートで遊ぶときにどれだけのゴールドが必要か気になりますよね。

大体相場としてレートの100~200倍用意すれば大丈夫です。不安なら200倍を用意します。

  • 点2…5000Gほど
  • 点5…10000Gほど
  • 点ピン…20000Gほど(高レートは60000Gほど)

3回トンでも耐えれるくらいです。不安であれば平均より多めに用意しましょう。タネ銭はあるに越したことはありません。

対局~4人そろったら闘牌開始!

換金後状況によっては他の客がそろうまで待つ場合があります。長いと1半荘ほど待つので(40分ほど)漫画でも読みながら気長に待ちましょう。

他のお客さんが来店したり、卓にラスハン(この半荘で終わること)コールがあればそこに入ります。

大抵はお客さんが途中で来てお客の変わりにメンバーが入ることがほとんどです(客3、メンバー1。客2、メンバー2が多い)。意外とすんなり入るのでそこまで待ちません。

ルール説明の時に点棒計算が不安、ほとんど初心者だ、と伝えておくとほとんどの場合メンバーと同卓することになります。

さて面子もそろったので対局開始です。

当店ご新規のお客様になります!皆様よろしくお願いします!

こんな感じでメンバーが紹介してくれるので「よろしくお願いします」といっておくとGOODマナーですね。印象もよくなります。

対局中~普段どおりの麻雀を打とう。疑問があればメンバーに質問

対局が始まったら後は普段どおりの麻雀です。リアルで触るのが始めての人はドキドキするはずです。あぁ初めてフリー雀荘に通った大学生時代が懐かしい・・・

大抵のお店は「アルティマ」という自動卓を採用しています。この機械、手配まで自動で持ってきてくれるという優れもの。ネット麻雀みたいにスムーズです。

マナーについてはメンバーが説明してくれたとおりにやればOK。同卓している場合は慣れるまで教えてくれるので安心です。

特に気をつけるマナーとして

  • 捨て牌(河)は1列6枚にする(見やすくするため)
  • ポン・チーの発生はわかりやすく
  • 点棒や祝儀は投げ渡さない(スゴイシツレイ)
  • ながら麻雀は極力さけよう(スマホいじりなど)

マナー一覧はポスターで貼っていることも多いので事前に目を通しておきましょう。

点数計算がわからない場合は素直にメンバーや同卓している客に「すいませんこれ何点ですか?」と聞くと教えてもらえます。

牌をこぼした場合は「すいません」といってきちんと元に戻しましょう。ルールによってはこぼした牌では出アガリできないところもあります。注意しましょう。

【コラム】対局中トイレや用事が出来た場合は?

対局中緊張して急にトイレに行きたくなったり、電話が鳴ったりすることもあります。

そんなときは開いているメンバーに「代走お願いします!」と告げましょう。

代走とはお客の変わりに変わりでメンバーが麻雀を打ってくれます。ただしあくまで変わりなので結果は全てお客の支払になります。

代走をしたらなるべく早く戻ってくるようにしましょう。自分の麻雀は自分で打ったほうが楽しいですからね。

ちなみに代走するメンバーはお店によりますが規制はありません。常連は「田中ちゃん!好きに打っちゃって!」とドラクエのように指示するおっちゃんもいます。

対局を終わるとき~メンバーに「ラス半コール」を伝えよう

フリー雀荘は文字通りフリーなので閉店まで好きに打ち続けることができます。つわものはオープンからラストまで12時間以上打ち続ける人もいるとか。

さてある程度打ち終わって疲れてきました。フリー雀荘で終わるときは必ず「ラス半コール」をメンバーに告げましょう。

ラス半!というとこの半荘でラストという意味合いになります。

ラス半コールをしておかないとお店側が卓の調整(お客をどこに入れるかなど)が難しくなるので必ずコールしましょう。マジで大事です。

半荘の精算は基本半荘の終りごとに行います。オーラスが終わるとメンバーが「ラスト!ありがとうございました!優勝(トップ)は○○様です!おめでとうございます!」というマニュアル掛け声を出します。

そのときにスコアボードやアルティマに精算金額が表示されるので、それに従って精算します。

その際トップの人がまとめてゲーム代を出すことがあります。(精算もゲーム代込みで計算されてる)メンバーが「ゲーム代を頂戴します」と声をかけてくれるので、指定された料金をきっちり払いましょう。間違えてもとぼけないように。

ラス半コールをしたら精算が終わったと同時に席を立ちましょう。次の客が待っているのでだらだらはNGです。

最後は必ずカゴのチップを換金してもらいましょう。初心者は意外と忘れがちです。おつりがあれば両替や逆両替(100円玉10枚を1000円札に変えてくれる)をしておきましょう。

これでフリー雀荘の対局は終了です。お疲れ様でした。

フリー雀荘あれこれ~雰囲気や客層について

これで一通りフリー雀荘の説明は終わりました。コレであなたも十分フリー雀荘で楽しむことが出来ます!

・・・でも実際の雀荘ってどんなところだろう、雰囲気ってどんな感じ?と不安に思う人もいるはず。

ここではフリー雀荘の雰囲気についてざっくり紹介します。

雀荘ってキレイ?サービスは?

最近の雀荘ってかなりキレイです。サービスも充実していて、下手したら空港のラウンジよりも充実してるんじゃない?というレベル。

特にチェーン店はお金を持ってるだけあってか非常にきれいです。(勝手にフタがあくトイレがあってびっくり)

雀荘=汚いイメージがありますが、まったくそんなことありません。むしろ見習って欲しいレベルです。

基本ドリンク無料。出前サービスやフードが特典で付いてきたりする

一部地域を除いてはカラオケのようなドリンクサーバーを使って自由に飲み物を利用できます。(コーラとかお茶とかコーヒーとか)

また追加料金を払うことでアルコールが飲めたり、レッドブルなどのエナジードリンクが購入できます。

お店によっては近くの飲食店の出前をとることが出来たり、フリー雀荘独自のフードを無料で頂くこともできます。つわものはフリー雀荘だけで三食を済ます人もいるらしいです。住んでるの・・・?

客層について~客の9割は男性。学生からおっちゃんまで

フリー雀荘の客層は9割男性です。鉄火場に女はいらねぇんだよ!ってわけじゃあないですが、まぁ気持ち良いほど男性しかいません。

(健康麻雀は女性もちらほら)

麻雀漫画の”咲”のような世界は所詮マンガです。現実・・・!コレが現実・・・!

メンバーもほとんど男性ですが、中には女流プロが働いてたり、バイトでしっかり打てる女性もいます。大抵はウェイトレスですが、打てる女性は大抵強いですね(自分が弱いだけ

客層もいろいろで、麻雀を覚えたての学生から筆者のようなサラリーマン、おっちゃんもいれば引退したおじいさんまで、年齢層も様々です・

(たまにこの人働いてるのか?という人も)

いろんな麻雀好きが遊びに来るので結構面白いですよ。中には常連同士でセットを行ったりする人もいるそうです。常連になると楽しさも倍増しますね。

麻雀プロがゲストで来店したりする

有名チェーン店や一部の雀荘ではイベントとして麻雀プロをゲストに迎えることがあります。(プロが常勤している、オーナーのお店もあります)

男性プロはもちろん、今流行の女流プロも盛んにゲストに迎えるお店も多いですね。中にはおっかけのごとく、女流プロに合う為に雀荘に通う人もいたり・・・

麻雀プロ以外にも天鳳高段位者がゲストというお店もあります。アマチュアでも有名な人がいますからね。お目当てのプロがいたら是非来店してみてはいかがでしょうか?

喫煙OKの雀荘がほとんど~チェーンは禁煙のお店も

ほとんどの雀荘は喫煙OKのところが多いです。麻雀は好きだけどタバコは嫌いと言う人にはちょっと辛いかもしれません。

大抵の雀荘のおっちゃんはタバコを吸いながら麻雀をすることが多いですね。雀荘もタバコ代で稼いでるくらいです。

気になる人は都内の禁煙雀荘がオススメです。最近の流れに沿ってか禁煙のお店も増えてきました。タバコのにおいが気になる人は是非禁煙雀荘に行ってみてはいかがでしょうか?

フリー雀荘のレベルってどれくらい?

ネット麻雀で打ちなれている人は「フリー雀荘ってどのくらいのレベルなんだろう」と気にしてるかもしれません。

鉄鳴きの麒麟児という麻雀マンガもネット麻雀廃人がリアルでトップを目指すという実践的なマンガもあるくらいですからね(メッチャ面白いですよ!

で、実際のレベルはと言うと、測定不能です。

え~!なんでだよ!とツッコミが来そうですね・・・というのもフリー雀荘って文字通りフリーなので面子の強さが一定しないんですね。点5でも初心者もいれば熟練の玄人までいろんな人がいます。

ぶっちゃけ答えは「面子によりけり」としか答えられません。

あえてネット麻雀の天鳳で例えるなら、フリーの強さの平均値として

  • ノーレート~点2…天鳳上級卓(初段~3段レベル)
  • 点5…天鳳上級卓(2段)~天鳳特上卓前半段位(5段レベル)
  • 点ピン…天鳳特上卓~鳳凰卓(7段レベル)
  • 歌舞伎町ピン東…天鳳特上卓(R2000以上)~鳳凰卓(8~10段レベル)

中には点5なのに安定8~9段レベルの人もいます。舐めてかかると痛い目に合いますよ。あくまで参考程度にしておいてください。

フリー雀荘では稼げるのか?

たまーに「フリー雀荘で食ってるぜ!」という書き込みを掲示板で見ますが、実際のところどうなんでしょうか?

 

実際は稼げません。というかやればやるほど赤字です。

なぜかと言うとゲーム代がべらぼうに高いからです。カジノが1%だとしたら雀荘は20%ほどです。ぼったくりですね。

唯一稼ぐとしたら現状最高レートの歌舞伎町ピン東でしょうか。ただ浮き沈みが激しく、よほど暇か実力があるかタネ銭が無い限りキツイです。

フリー雀荘は稼ぐというよりお金を払って遊ぶと割り切ったほうがいいですね。どうしても稼ぎたいならマンション麻雀という手もありますが・・・ゴニョゴニョ

スポンサーリンク

フリー雀荘初心者にオススメのお店

最後にフリー雀荘がはじめての初心者にオススメの雀荘を紹介します。

初心者は低レート(ノーレート~点3)でなれよう

麻雀初心者でほとんど実戦経験はありません!と言う人はノーレートの雀荘で麻雀になれて見ましょう。

最近だと都内や地方でも健康麻雀(ノーレート)のお店も増えてきてます。禁煙のところも多く、お客もアナタのように初心者が多いのが特徴です。

ノーレートのお店はネットの雀荘検索サイトで地域ごとにチェックできるのでオススメです。

雀サクッ公式HP

麻雀王国公式HP

以上の二つがオススメです。

フリー初心者はチェーン店がオススメ

健康麻雀じゃなくてもっと鉄火場の麻雀を味わいたいぜ!という人はまずはフリーになれるためにもチェーン店で練習してみてはいかがでしょうか?

麻雀ZOO

全国チェーンで展開している雀荘。ノーレート~点3~点5まで対応。

禁煙席も設けており初心者にもオススメ。場所柄学生が多いイメージです。

良く言えばフレンドリー、悪く言えばなれなれしいというのが率直な感想。フリー初心者はまずここで雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。

麻雀ZOO公式サイト

麻雀ウェルカム

こちらも麻雀ZOOと同じく低レートのチェーン店。レートだけ合ってゆるい雰囲気ですね。学生にはオススメかもしれません。

自分も近くにウェルカムが合ったの学生時代はしょっちゅう打ってました。

麻雀ZOOが近くに無いときはウェルカムもオススメです。

麻雀ウェルカムHP

マーチャオ

雀荘チェーン最大手のお店です。レートはノーレートから点5~点ピン。

三麻のお店もあり、全国展開しています。従業員の育成に力を入れてるだけあって、接客もかなり高レベルです。(麻雀の腕も中々)

ある程度フリーになれた人はマーチャオの点ピンに挑戦してみるのもありかも知れません。

初心者はノーレートのお店もオススメです。とにかく接客が丁寧なので居心地がいいのがポイントです。

お店によっては麻雀プロも来店することがあるので気になる方はHPをチェックですよ!

マーチャオ公式HP

最後に:フリー雀荘は楽しい!麻雀を打つなら是非フリーへ!

というわけで初めての人向けのフリー雀荘講座でした。これでフリー雀荘で楽しく遊べることができますよ!

麻雀といえばネット麻雀が主流になってきましたが、今でもフリー麻雀は続いてます。やっぱりリアルはリアルの面白さがありますね。ネットでは体感できない雰囲気が最高です。

麻雀初心者の人はもちろん、ある程度ネット麻雀で打ちなれた人も一度フリー雀荘で遊んでみてはいかがでしょうか?麻雀って楽しいね!

 

 

それでは皆さん良い夢を(締めの言葉

ABOUT ME
daisen1101
15卒のメーカーで働いている20代。よく30代の課長っぽいと言われます。このブログは働きながら疑問に思ったこと、社会人について書いています。趣味は合気道(初段・5年目)と麻雀と一人旅。JAZZとプログレが大好きな20代です。 詳しいプロフィールはこちらから
音楽聴き放題ならアマゾンの”MusicUnlimited”

最近はスマホやPCで音楽を聞いている人も多いはず。

そんな音楽好きにオススメなのが音楽聴き放題サービスの『AmazonMusicUnlimited

▼公式サイトはコチラ▼

月額980円、シングル1枚の料金でで6500万曲以上がスマホやPCで聴き放題になります!

  • 6500万曲以上が聴き放題(洋楽はもちろん最新の邦楽も聴ける!)
  • 30日間の無料体験サービス実施中(途中解約してもタダ!)
  • シンプルなUI、プレイリストやラジオなど機能充実

アマゾンを使ってない人にもオススメ!音楽を聞くなら是非チェックですよ!

30日間無料体験をチェック