page contents
麻雀本レビュー

【麻雀本レビュー】『最強雀士が語るデジタルの向こう側』メンゼン派最強プロが語る高打点で勝つ方法

最強雀士が語るデジタルの向こう側 大きく打ち、大きく勝つ麻雀

今回は最高位戦日本プロ麻雀協会の近藤プロの麻雀戦術本『最強雀士が語るデジタルの向こう側 大きく打ち、大きく勝つ麻雀』をレビューします。

モンド杯や最高位など様々なビックタイトルを保持する実力派。

2018年度のMリーグではセガサミーフェニックスの選出として活躍するベテランプロです。

デジタルの向こう側、というタイトル通り先手・速度重視といったデジタル麻雀に一石を投じる内容となっています。

近藤プロのアイデンティティでもある良形高打点のメンゼンで攻める戦術を解説。

さらに戦術だけでなく数々のビッグタイトルを獲得した近藤プロならではの麻雀の向き合い方も伝授。

ゴリゴリのデジタル派(麻雀プロでいうと小林プロとか)の人でメンゼンについて勉強したいという人は是非オススメします!

飯田プロとの思い出を書き綴ったコラムも必見、近藤ファンの方にもぜひ読んでもらいたい一冊です!

学べる内容メンゼンでの良形高打点の戦術、赤なし麻雀の戦術
レベル中級者~上級者(競技プロにもおすすめ)
おすすめな人メンゼンの打ち方を学びたい人、近藤プロのファン、メンタルを鍛えたい人。
総合評価

本の内容:メンゼン派の近藤プロが語る良形高打点麻雀のコツ

全体の内容としては良型高打点のメンゼン派である近藤プロが例題や実戦譜を用いて打ち方や考え方を綴っていくという流れです。

【本の内容】

第一章:構想力(序盤の考え方、押し返しについて)

第二章:向かったその先は(メンゼンでの手組みについて)

第三章:分析力(対戦相手に合わせた戦術)

第四章:自己の確立

第五章:感性

第六章:実戦譜(最高位戦やモンド名人戦の実戦譜を解説)

その他コラムを掲載

前半は良型高打点の手組みや考え方、メンゼン派の戦略について。

後半は近藤プロの麻雀に対する考え方や精神論について解説しています。

 

正直に書くとこの本は麻雀戦術本というよりも戦術を踏まえたエッセイといった印象です。

このときはこうする、ではなく近藤プロの考え方を例題を用いて解説するといったスタイルです。

がちがちの戦術本を期待している人にとってはちょっと残念かもしれません。

後半はメンタルを中心とした精神論が多くなるので人によっては説教っぽく感じるかもしれません(笑)。

戦術の内容も最高位戦ルールを想定しているため赤なし麻雀で話が進められています。

Mリーグのような赤あり麻雀とはちょっと違うため、すぐに役立つかと言われるとちょっと美微妙ですね。

ですがメンゼン派の中でも実力がある近藤プロの解説はデジタル派の人には手組みや方針等は新鮮に感じるでしょう。

天鳳でいうとZEROさんや木原プロ、独歩さんのようなスタイルを目指している人は大いに参考になる内容となっています。

・ポイント:麻雀の基本は良型高打点!メンゼン派の人は参考になる内容

前半の手組みや方針、戦略の解説はとてもためになる内容でした。

アガリ速度が重視されがちなデジタル麻雀ですが、最近は打点も重要視さてれいます。

赤なし麻雀を主軸としているのでそのまま主流の赤あり麻雀に応用するのは難しいですが、打点の作り方の引き出しを増やしておくことで後手でも押し返しやすくなるのがポイントです。

ドラがなくリーチのみのコースが見えるならペンチャンカンチャンを外したり、ヤオチュー牌を崩して役をつけていくのは赤あり麻雀でも役立ちます。

弱いターツを払って好形を目指したり、スピードを落とすことで打点を上げる方法などは大いに参考になりました。

また手組みだけでなくメンゼンで進めるにあたって場況を踏まえた戦略や相対速度の図り方などメンゼンで勝つための方法も紹介。

鳴き派が多い卓での戦い方も詳細に解説しているのもポイントです。他の戦術本にはないメンゼン派の近藤プロだからこその戦術は説得力があります。

メンゼン派の強者は場況読みや対応力が強いので、そうした部分を学べるのもポイントですね。

スポンサーリンク

歴戦プロに学ぶ麻雀の姿勢・メンタル論

後半は戦術でなはく麻雀全体を通した向き合い方、精神論を中心に進みます。

精神論というとデジタル麻雀派の人は拒絶反応を起こすかもしれません(笑)。

ですがさすが歴戦のトッププロだけあって麻雀に対する姿勢や考え方は非常に参考になりました。

特に私が参考になったのは『気まぐれ力』という部分。

毎回同じスタイルで打っているとどうしても対応されてしまうのが麻雀。デジタルに打つほど読まれやすくなってしまいます。

そこで2割ほど非論理的に、気まぐれを起こして打ってみることも大事。

理詰も大事だけどたまには自分の感性に従って打ってみるのがオススメよ、ってな感じですね。

スパイスを入れて味を効かせるように、ちょっとだけスタイルを変えてみるというのは面白い視点だなぁとおもいました。

ほかにも「鈍感力」や「感性」といったデジタル一辺倒とは違った麻雀の考え方を紹介しています。

内容も普通におもしろいのでガチガチのデジタル雀士は新たな発見があるはずですよ。

近藤プロのコラムが面白い!~歴戦のプロを偲ぶ

プロ雀士の戦術本といえばコラムですが、近藤プロのコラムは軍を抜いて面白い!

なんか普通に麻雀エッセイを読んでるかのような面白さでした。

最高位戦リーグでの話も面白かったし、なにより故飯田永世最高位との絡みは必見です。

飯田プロを通して近藤プロの今があるんだなぁ~としみじみ思いました。

いぶし銀といいますか(笑)、読めば読むほど近藤プロの人柄が好きになるといいますか、歴戦プロだからこそ書ける内容となっております。

Mリーグを見て近藤プロのファンになった人はぜひ読んでみてください。もっと好きになりますから(笑)。

スポンサーリンク

最後に:デジタル派麻雀の人にこそ読んでもらいたい麻雀戦術本

麻雀 近藤プロ近年の麻雀研究ではスピードに加え打点も考慮されており、早いだけじゃだめだよね~という流れになっています。

近藤プロのアガれる高打点の打ち方はデジタル麻雀が普及した今だからこそ参考になるのでは?と読んでで実感しました。

この本だけでなく他の戦術本と合わせて読むとより勉強になりますね。

この本の真骨頂は後半の精神論です。理詰めのデジタル雀士の人に是非オススメしたい!と読んで思いました。

他の戦術本にはない学びを得られる、そんな近藤プロらしい戦術本でした。

ABOUT ME
daisen
15卒のメーカーで働いている20代。よく30代の課長っぽいと言われます。このブログは働きながら疑問に思ったこと、社会人について書いています。趣味は合気道(初段・5年目)と麻雀と一人旅。JAZZとプログレが大好きな20代です。 詳しいプロフィールはこちらから
麻雀本が読み放題になる『KindleUnlimited』がおすすめ!

麻雀本を揃えたいけど意外と高いんだよね・・・

と買うのを戸惑っている人におすすめなサービスがあるんです。

それがAmazonの『KindleUnlimited』。

↓KindleUnlimited公式サイト↓

月額980円で電子書籍のKindleが読み放題になるというサービス。麻雀本が1冊1000円ちょっとなので一冊ダウンロードするだけでも元が取れちゃいます!

スマホやタブレットでダウンロードすればどこでも読み放題。通勤通学やちょっとしたスキマ時間があればOK。

もちろん麻雀本以外にも漫画や小説、雑誌など12万点以上が月額980円で読み放題になります。

さらに今なら30日間無料キャンペーンを実施中!30日以内なら解約してもお金は一切かかりません!

無料で麻雀本をたくさん読みたい人は是非キャンペーン中にKindleUnlimitedをチェックしてみてください!

 

30日間無料体験を始める