page contents
麻雀

【麻雀】麻雀で勝てる方法がすぐに分かる!”現代麻雀 手作りと押し引きの鉄戦術”

手作りと押し引きの鉄戦術

雀ゴロサラリーマンのdaisen【@kiteretu1101】です。鉄の意志で定時退社。

 

今回は麻雀戦術本の紹介。戦術本では毎度おなじみの福地誠センセイの新著です。

「手作りと押し引きの鉄戦術」

 

ちょっと前に「押し引き本」という画期的な麻雀戦術本を出版されましたが、今回もまた麻雀力アップに役立つ本を出しました。

今回の”福地本”の内容を簡単にまとめると

  • 実践で絶対抑えておきたい戦術をまとめた一冊
  • 従来のセオリー+迷いやすい&間違えやすい戦術を掲載
  • 福地誠の麻雀人生が学べる

という戦術書です。(最後のいる?)

 

今回の戦術本は初心者よりも

  • 基本戦術は学んだからもっと上達したい
  • 細かい状況でも対応したい
  • 強者の考え方を学びたい

という麻雀中級者におすすめしたいです。

手作りと押し引きの鉄戦術の概要

鉄とは、確かな戦術であり、確実に役立つものであり、何よりも基礎ということです。
基礎といったら簡単と考えてしまうかもしれませんが、根底にあるものが基礎であって、
難しくても基礎は基礎です。

(中略)

麻雀は正確さが勝負の作業ゲーなんだという部分までを
すくい取っていただけたら幸いです。そうすれば成績はめちゃめちゃアップしますよ。間違いなく!

引用:Amazon商品紹介ページより~現代麻雀 手作りと押し引きの鉄戦術

全部で四章。はじめに著者の福地先生の麻雀人生から鉄戦術の重要性を書いたもの。

そして

  1. 牌効率(一向聴での打牌選択)
  2. 手作り全般(満貫は無理して狙うか?など)
  3. 押し引き(鳴き手2000点の終盤で親リーに勝負する?など)

とそれぞれの戦術が全部で84(中途半端やな~)紹介されています。

ぶっちゃけ初めの章は必要…?と思ったんですが、説得力を増すにはちょうどいいかな?と思いました。

(むしろ雀ゴロ時代だけをまとめたエッセイが欲しい)

鉄戦術の内容①福地誠blog~【麻雀本】新刊の内容紹介~より

こんな感じで見開きで一問一答。内容も非常にシンプルで読みやすいですね。

校正の鬼、ウザクさん監修。隙間時間に解ける親切さ。

校正は福地本で毎度おなじみのウザクさん。何切る300問という麻雀何切る本の常識を覆したすごい本を書いた人です。

レビューはこちら▶【麻雀】読むだけで強くなる!麻雀 傑作「何切る」300選【レビュー】

やっぱり今回も非常に読みやすい構成でした。

右に問題。左に回答というシンプルな見開き。意外とこういう形の麻雀戦術本って少ないのよね…

 

あえて文句を言うなら回答を端っこの方にしてほしかった。ぱっと見たとき解答が目に入っちゃうのがちょっとな…って感じです。

手で隠せば問題無いんですけどね、ここらへんのフォーマット作りは難しいとおもいます。

 

あとは鉄戦術の中でも特に抑えたい戦術をまとめたら親切かな、と思いました。全開の押し引き本の形式みたいに

この鉄戦術は鉄より硬いダイヤモンド戦術だ!

みたいに分けてくれると理解し易いかなぁと思いました。

 

巻末には麻雀プロと天鳳十段プレイヤーの回答~強者の鉄戦術が学べる

鉄戦術本の内容②福地誠blog~【麻雀本】新刊の目次等~より

末巻に麻雀プロの村上プロとネット麻雀でおなじみの天鳳十段プレイヤーのzeRo氏がそれぞれの問題にコメントしています。

この形式も押し引き本でも採用されていた形式ですね。

競技プロと天鳳プレイヤーという異なったルールで戦っている強者だけあって鉄戦術でも回答が分かれる問題もありました。

逆に言えば全員同じ答え=絶対に覚えるべき戦術と言うことですね。

実践でも頻繁に出てくる鉄セオリーが満載。

問題の内容は実践でもあぁ〜悩むんだよなぁ〜という問題が勢揃いです。

手作りからリーチ判断、鳴き対応や押し引きなど実践でも悩む、かつ成績に重要する問題ばかりです。

押し引き本や麒麟児本みたいに何かに特化したものはありませんが、バランス良く重要な戦術が書かれてるのがいいですね。

殆どの問題が実践から。納得できる問題が勢揃い。

この本のポイントは殆どの問題が実戦から取ってきたもの。

つまり麻雀をやっていたら必ず出くわす状況が問題になってるんですよ。

本書で何度も書かれてることなんですが、

”分かる”と”出来る”

は全然違います。

こんなの鉄戦術だろ?と頭では理解してても実戦では中々反応できないのが麻雀。

実践の形を覚えておくだけでも

「あ、この場は福地本で見た!」

って反応できるようになりますよ。

スポンサーリンク

量産デジタルから脱却せよ!麻雀で勝てる人は何を考えているのか

読んでてハッとなったのは

量産デジタルからの脱却

という一文。

現代麻雀のセオリーだとカンチャンドラ1は即リー、シャンテン押しは罪手役は追わない…

ですが表面上だけのデジタルでは強者になれない、というのが読んでて実感できました。

 

 

現代麻雀はデジタルな戦術が主流とされていますが、案外アナログ(昭和的)な選択も場合によっては鉄戦術であるということ。

成績が思うように伸びない人は表面的なデジタルに囚われているかもしれませんよ。

雀荘のアナログおっちゃんにも強者はいるということです。

まとめ:重要な戦術がバランス良く詰まった戦術本。麻雀を打つ前に読むのも効果的?

 

最後にこの本の評価を一言でまとめると、

麻雀中級者が強くなりたければ鉄で買い

です。

ただ自分みたいな麻雀戦術本を買い漁ってる人からしたら

「あれこれって他の戦術本にも書いてるじゃん」

と内容が重複してるように思えるかもしれません。

確かに全開の”押し引き本”や今まで出版された戦術本と内容がかぶる問題もありました。

逆に言えば重複してるということは絶対に大事な、まさしく”鉄”戦術ということです。

もう一度書きますが、

分かってると出来る

は大きな違いです。んなもん鉄で分かるわ!とあぐらを書いてる人がいたら実戦で出来てるか、一度確認してみてください。

鉄戦術とは100回同じ状況で100回正解することができることです。

麻雀で勝ってる強者ほどこの鉄戦術の”ミス”が少ない、つまり”出来ている”んですよ。

 

そういう意味では中級者は鉄戦術が実践では出来ていないことが多いと思いますので、最近勝てないな…と悩んでる人は是非問題を解いてみてください。

目からウロコな問題ばかりですよ!

他にも戦術本をレビューしてます。どれも”鉄”で買いです!

【レビュー】強くなるにはこれを読め! 現代麻雀押し引きの教科書はガチでオススメの戦術本!

一児のパパは麻雀の日本一!日本一麻雀が強いサラリーマンの必勝法【レビュー】

【麻雀】読むだけで強くなる!麻雀 傑作「何切る」300選【レビュー】

それでは皆さんいい夢を(締めの言葉

ABOUT ME
daisen1101
15卒のメーカーで働いている20代。よく30代の課長っぽいと言われます。このブログは働きながら疑問に思ったこと、社会人について書いています。趣味は合気道(初段・5年目)と麻雀と一人旅。JAZZとプログレが大好きな20代です。 詳しいプロフィールはこちらから
麻雀本が読み放題になる『KindleUnlimited』がおすすめ!

麻雀本を揃えたいけど意外と高いんだよね・・・

と買うのを戸惑っている人におすすめなサービスがあるんです。

それがAmazonの『KindleUnlimited』。

↓KindleUnlimited公式サイト↓

月額980円で電子書籍のKindleが読み放題になるというサービス。麻雀本が1冊1000円ちょっとなので一冊ダウンロードするだけでも元が取れちゃいます!

スマホやタブレットでダウンロードすればどこでも読み放題。通勤通学やちょっとしたスキマ時間があればOK。

もちろん麻雀本以外にも漫画や小説、雑誌など12万点以上が月額980円で読み放題になります。

さらに今なら30日間無料キャンペーンを実施中!30日以内なら解約してもお金は一切かかりません!

無料で麻雀本をたくさん読みたい人は是非キャンペーン中にKindleUnlimitedをチェックしてみてください!

 

30日間無料体験を始める