page contents
会社/働き方について

社長が新入社員に贈った”社会人に絶対必要な「3つのスキル」”

先週本社で新人社員の半年目の研修が行われました。
 
そこで社長の眠くなるようなありがたい講義がありまして、これがまたひざを何回もたたくような内容だったので、備忘録もかねて書こうと思いました。
 
社長曰く、仕事は何も特別なスキルは必要ない。
 
仕事の出来は「プライオリティ」「整理整頓」「正しいコミュニケーション」がすべてだ。
 
とおっしゃりました。
一体全体どういうことなのでしょうか。
 

 プライオリティのセンスを磨け。

プライオリティ
優先順位。優先順。また、優先権。先取権。
 
一つ目は「プライオリティ」。ビジネスの世界でよく使われる使ってる人は本当に意味がわかってるのかわからない単語ですね。
 
いわゆる「優先順位」ってやつです。
 
よく「プライオリティが低いから」とか「プライオリティを意識して」とか聞きますけど、用はその仕事は優先してやるべきかどうかをしっかり見極めろ!ということですね。
 
仕事が出来る人ほどやるべき仕事を率先してやって、仕事を捌く。当たり前のことなんですけども、じゃあプライオリティをどうやってつけるのか、結構難しいところなんですよね。
社長も未だにプライオリティをつけるのは難しいっておっしゃるくらいですから、仕事をこなす上で非常に重要で、難しい要素なんだなぁと思いました。
 

 緊急でなく重要を意識する

ジョハリの窓って聞いたことありますか?用はマトリクスを作って自分と他人の知ってること、知らないことを分析しようというアレです。
 
今やってる仕事をそれぞれ
  • 緊急で重要
  • 緊急で重要でない
  • 緊急じゃないけど重要
  • 緊急じゃなく重要でない
 
に分けます。
図にするとこんな感じ。
 
importance_urgency_001

 

みんな緊急の部分に注目しがちなんですが、大切なのは重要な部分をいかにこなすか。緊急だけど重要じゃないことよりも、重要なことが何倍も大事!ということです。これもあたりまえだけど中々実践できませんね。
 
 
仕事が忙しくて首が廻らない・・・仕事してるのに中々成果が出ない・・・という人は一度自分の仕事を整理してみるとすんなりことが運ぶこともありますよ。
 
[amazonjs asin=”4479791779" locale=”JP” title=”自分の小さな「箱」から脱出する方法”]
 

整理整頓は永遠の課題

二つ目は整理整頓です。整理整頓が出来る人は仕事も出来る!というのが社長のモットーです。なるほど。社長のデスクをチラッと見たんですけど、まぁ綺麗に整理されていました。
 
学生のころからよく言われていますが、あらためて社会人になって整理整頓は大事だなぁと思いました。
 
整理整頓といえば机周りの整理をイメージしますが、整理整頓はいろんな場面で使われるなぁと社会人をやっていて実感しました。
 
というのも(仕事によりますが)社会人はとにかく書類が多い多い!紙媒体でもエクセルでもメールでもとにかくたくさん送られてくるので、気を抜くとたくさん書類がたまってしまいます。下手したら机が書類の山。社長が見たら100%雷が落ちる。
 
散らかってるほうがやりやすいという人もいますが、整理整頓すると仕事の効率も上がりますし、なにより気分が爽快になります。
 
書類の整理だけではなく、仕事の整理、お客さんの整理、納品の整理・・・やろうと思えばいろいろ整理しないといけないものがたくさんありますね。
 

仕事の2:6:2の法則。無駄な仕事は断捨離ングだぁ!

2:6:2の法則って知ってますか?
組織には必ず優秀な人材が二割。普通が6割。だめなのが二割の割合でいるという法則です。
 
上の話(プライオリティ)もあわせて、仕事もこの法則に沿ってるんじゃあないかなぁと思います。
 
別の理論では8:2理論(2:8理論)が考えられます。これも大事なのが二割で、残りの二割はそうでもないんだよ(気にしなくてもいい)で構成されているという感じです。おおまかに説明すると、です。
詳しい内容は下のサイトをご参考下さい。
 
社長もおっしゃられていましたが、仕事の整理整頓もこの大事な絶対必要な仕事とそうでもない仕事でごっちゃになってると思うんです。
 
仕事があふれて大変!という人も、一度仕事のたな卸しをしてみてはどうでしょうか。上で書いたジョハリの窓や法則も応用すると、スッキリしますよ。
 
[a[amazonjs asin=”B00IR3B55G” locale=”JP” title=”モノが少ないと快適に働ける―書類の山から解放されるミニマリズム的整理術”]div>
 
スポンサーリンク

コミュニケーションはしゃべるだけではない!

三つ目はコミュニケーション。なんだよ!結局コミュ力かよ!って突っ込みたくなりますが、社長が言うんだから必要なんでしょうね(他人事
社長はこうおっしゃられました。
 
「そもそもコミュニケーションは「取る」ものではない、ということを理解していただきたい。
コミュニケーション=会話とどうしても勘違いしやすいが、会話だけがコミュニケーションではない。
もしそうだったらお笑い芸人はみんなコミュニケーションが上手ということになる。コミュニケーションは言葉だけではない。
体全体を使って行うものだ。
例えば怒りという感情を伝えるには机を思い切りたたく、うれしいときは笑顔になったり体を大きく動かしたり・・・どうやって相手に気持ちを伝えるか。
コミュニケーションの目的を考えてみて欲しい。
 
 
なるほどなぁと思いました。コミュ力と巷で言われていますが、用はどれだけ的確に相手に自分の気持ち伝えるかどうかがポイントなんですね。
 
だから無理してしゃべる必要もないし、お客相手のときもどうやって商品の魅力を伝えるか、そこが出来る人との違いなんですね。
 
 
 
前に記事で取り上げたのですが、自分はコミュ障だと思っている人は三人に一人とのこと。結構みなさん自分のコミュニケーションに自信が無いらしいですね。
 
あんまり深く考えず、どうやったら自分の思いが伝わるか、一度考えてみるのもいいかもしれません。
[a[amazonjs asin=”4804717544" locale=”JP” title=”"内向型”のための雑談術―自分にムリせずラクに話せる51のルール”]div>
 

資格よりも大切な3つのスキル

「プライオリティ」

「整理整頓」

「本当のコミュニケーション」

この3つができる社会人が持つ3つのスキルだということがわかりました。

社長もおっしゃられましたが、特別な才能はいらない。大切なのはこの3つのスキルをどうやって継続させるかが問題。資格をとるよりも難しかもしれません。

でも社会人、というか日々の生活にも欠かせないスキルですね。

わかっちゃあいるんだけど中々ちゃんと出来ない(特に整理整頓なんか)、だからこそ愚直に守っていく必要があるんだなぁと思いました。

新入社員の自分はもちろん、今後社会人になる方や、すでにベテランのビジネスマンも一度初心にかえって、この3つのスキルを磨いてみてはどうでしょうか?

 

最後に社長が新入社員に向けた3つの言葉でシメましょう。

  1. あきらめない
  2. いいわけしない
  3. 失敗を恐れない(積極的に仕事を取る!)

 

 

社長!僕も諦めず言い訳せず積極的に頑張りますのでお給料ください!(あと残業代は良いので早く帰りたいです!)

 

 

それではみなさんいい夢を(締めの言葉

ABOUT ME
daisen1101
15卒のメーカーで働いている20代。よく30代の課長っぽいと言われます。このブログは働きながら疑問に思ったこと、社会人について書いています。趣味は合気道(初段・5年目)と麻雀と一人旅。JAZZとプログレが大好きな20代です。 詳しいプロフィールはこちらから
音楽聴き放題ならアマゾンの”MusicUnlimited”

最近はスマホやPCで音楽を聞いている人も多いはず。

そんな音楽好きにオススメなのが音楽聴き放題サービスの『AmazonMusicUnlimited

▼公式サイトはコチラ▼

月額980円、シングル1枚の料金でで6500万曲以上がスマホやPCで聴き放題になります!

  • 6500万曲以上が聴き放題(洋楽はもちろん最新の邦楽も聴ける!)
  • 30日間の無料体験サービス実施中(途中解約してもタダ!)
  • シンプルなUI、プレイリストやラジオなど機能充実

アマゾンを使ってない人にもオススメ!音楽を聞くなら是非チェックですよ!

30日間無料体験をチェック