page contents
マンガ

【人間関係】誰でも簡単にできる!ストレスから立ち直る折れない心の作り方【職場】

叫ぶサラリーマン

現代社会はストレスとの戦いである。

-shared-img-thumb-OZP85_yabeeonakaitai_TP_V

職場や家庭やプライベート、どこでも人間関係が生まれ、歪が現れ、仕事でストレスを感じる…なんてのは今の時代珍しくないですよね。

 

とある調査では会社員の84%が仕事内容や職場の人間関係でストレスを感じており、4割ほどの人が毎日ストレスを抱えているとのこと。

特に新卒の人や転職してきた人、新しい環境に変わった人は特に強いストレスを感じてしまいます。

これじゃあお腹も痛くなるし、眠れなくなるし、調子も悪くなって禿げてしまいますよね(最後は余計か)。

 

ストレスやプレッシャーで心がポッキリと折れて鬱に…なんてなったら目も当てられません。

働いている人たちの多くはそういった心が折れるというリスクと隣合わせにいるんですね。

 

じゃあどうすればどんなことがあっても「折れない心」を作ることができるのか。

 

それを叶えるのが「レジリエンス」というトレーニング方法です。

 

「レジリエンス」~どんな逆境でも立ち上がれる力~

「レジリエンス」という言葉をご存知でしょうか。あまり聞き慣れない言葉ですね。

 

レジリエンスを簡単に説明すると、

 

「逆境や強烈なストレスに対面した時でも適応できる精神力」

 

という定義です。どんなことがあってもめげずに立ち向かう、まるで少年漫画の主人公のような感じがします。まさに主人公のような精神をレジリエンスといっても過言ではありません。

 

レジリエンスは「心の筋トレ」

もっとわかりやすく言うとレジリエンスは「心の筋トレ」です。

大失敗をしたり心に大きなストレスを抱えた経験は誰しもあると思います。

その経験を克服してまた新しく挑戦していく、ということを繰り返して心を鍛えていきます。

 

例えるなら少年漫画のスポーツ系なんかがわかりやすいですね。

 

  1. 主人公のチームが強豪校に挑むも見事完敗(底打ち)
  2. 負けたショックで落ち込むも仲間のサポートで自信を取り戻す(立ち直り)
  3. 次の大会で勝つために凄腕トレーナーと猛特訓し、メンタル強化(教訓化)

まさにこれがレジリエンスの特訓、レジリエンス・トレーニングです。

 

ビジネスやスポーツの著名人の本でよく「何度も失敗して何度も挑戦した」ということを耳にタコができるほど聞きましたよね。

レジリエンスが高い人=心が強い人は自然とレジリエンス・トレーニングを行って、どんどん心の筋肉を鍛えたからこそ成功できたんですね。そう言われると納得出来ませんか?

 

レジリエンスなんて意識高いような横文字で分からない…という人も大丈夫。

レジリエンスは日常生活で十分に鍛えるチャンスが転がっています。

心の強さ=ネガティブ感情から回復する力

 

レジリエンスを行う上で欠かせないのが「自分のネガティブ感情を知る」こと。

 

というのもストレスのほとんどは自分が持っているネガティブの感情から来ているんですよ。

 

例えばまさにいまこの記事を読んで

 

「レジリエンスで心が鍛えられるって言うけど自分には出来ないし…」

って考えた人、まさにそれがネガティブ感情です。

レジリエンスはそうしたネガティブな感情をコントロールして前に向かって進むこと…つまりポジティブに考えることです。

心の強さ、それはネガティブ感情から回復する力と言い換えることが出来ます。

 

ネガティブ感情ほど厄介なものはない!

ネガティブ感情というのはとっても厄介なものです。

 

例えばチームのメンバーがものすごくイライラしたり、泣きじゃくってめそめそしている人がいたらどうなるか。

大抵の人はその人達を見て機嫌が悪くなったり、伝染して自分まで落ち込んじゃうことってありますよね。

という風にネガティブ感情はインフルエンザの如く他人に伝染していきます。風邪とちがって特効薬はありません。これほどやっかいなものはないですよね!

 

ネガティブ感情はどんどん自分の心を蝕んでいきます。悩めば悩むほど、起これば怒るほど、不安になればなるほど、どんどん感情が大きくなっていきます。

しまいにはポジティブ感情すら飲み込んでしまい、暴力や鬱といった行動に移してしまいます。

 

なのでレジリエンスはそういったネガティブ感情を如何にしてコントロールするか、というのも重要なポイントなのです。

 

スポンサーリンク

人は誰しも心に思い込みがある~感情をコントロールするには~

bsAJG_hartnochoko

ネガティブ感情をコントロールするには自分のネガティブ感情は何か、を知る必要があります。

その中で大切なのは自分の「思い込み」を理解すること。

 

OOはこうであるべき!

どうせOOはダメだから…

失敗したのは私のせいだ…

自分には絶対できないよ…

 

みたいな感じで思い込んだことってありませんか?

人は誰しもこうした思い込みが心のなかに潜んでいます。

そしてそうした思い込みがネガティブ感情を生み出す原因になるます。

ということはこの思い込みをうまくコントロールすることで回復力を高めていくのです、

 

そしてその思い込みを見える化するために思い込みを犬に例えるのです。

 

 

…何で犬なの?猫でも馬でも何でもええやん!というツッコミはなしで。(気になったら協会の偉い人に聞いてみてください)

心の7種の思い込み犬(思考)を飼いならす

-shared-img-thumb-PPW_uturogenashibaken_TP_V

レジリエンスでは7種類の思い込み犬がいます。

 

正義犬(べき思考)自分の考えを持ち、他人と合わないとイライラする
負け犬(減点思考)自分が出来ないことを心配し、ネガティブになる
心配犬(悲観思考)将来がうまくいかないのでは…と心配してしまう
諦め犬(無力思考)問題に出くわすと自分には出来ないと決めつける
誤り犬(自責思考)自信がなく、失敗すると必要以上に自分を責める
批判犬(他責思考)問題の原因を他人のせいにして批判・避難する
無関心犬(無責思考)トラブルが起きても自分には関係ないと考える

 

どうでしょう。もしからしたら自分の中にいろんな犬を飼っていると思います。

 

心のなかの犬小屋を探したら今度はその犬をどうするすかを考えます。

 

思い込み犬に対する選択肢は3つ。

  • 追放…思い切ってその思い込みを切り離す
  • 需要…思い込みを受け入れ、気にしない
  • 訓練…思い込みと付き合っていく

実際の犬の訓練を想像していただけるとわかりやすいですね。

 

自分の中の思い込み犬をどうすればいいか、一度自分体験をノートに書いてみて整理すると新しい発見がありますよ。

 

自己効力感が自信を生み出す~私はやればできる!~

自分の思い込み犬がどんなものかわかった。

でもどうしても自分に自信が持てない…

 

中々自信がありすぎて商売したいぐらいですよ~!なんて人いませんよね。自分も自信ある、と断定する自信がありません。

 

レジリエンストレーニングは挑戦していくことが大切ですが、どうやってその挑戦に対して自信をつけていくか。

 

ポイントは「小さな成功体験」を積み重ねることです。

自分の好きなことだと誰にも言われずにどんどんチャレンジしていくじゃあ無いですか。

あれって失敗を恐れずにどんどん小さなことから挑戦していってるから自信がついていきます。

 

するとどんどん「自己効力感」が高まっていくのです。

自己効力感とは即ち「自分ならやればできるぞー!」という気持ちです。

 

自己効力感を体感するてっとり速い方法が趣味、興味があるものや得意な物をどんどんやっていきます。

そうすると失敗してもあまりへこたれないし、どんどん挑戦していって、成功体験を積み重ねることが出来ます。

 

それを仕事に応用して自分にはこれができる!ということからやっていきます。

そうすると自然と自信がついていってネガティブ感情に対する考え方も変わっていきます。

 

自分の強みを知る~強みが自信に変わる

もう一つ大事なのが自分の強みを知るということ。

人間誰しも得手不得手はあります。

野球が得意な人がアイススケートをできるかと難しですよね。

 

何か仕事をする上で自分の強み…自分はどういう分野で、どのようなことができるのか、といった強みを知っているとよりレジリエンスが高まります。

自分の強みを知る方法はイロイロありますが、自分はストレングスファインダーをオススメします。自分もやってみましたがとても説得力があるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク

レジリエンスで人生を充実させよう!

 

というわけで簡単なレジリエンスの説明でした。

 

まとめると、レジリエンスを高めることで…

  1. 気持ちが落ち込み続けることがなくなる
  2. ネガティブ感情から立ち直る自信がつくと、失敗を恐れなくなる
  3. 本当にやりたいことに挑戦して仕事と人生が充実できる

ということができます。

(まるで進研ゼミみたいな感じだなぁ…)

 

この記事を読んでよりレジリエンスについて勉強されたい方はマンガや本、セミナーがありますので、是非一度読んでみてください。

[amazonjs asin=”4820719351" locale=”JP” title=”マンガでやさしくわかるレジリエンス”]

 

[a[amazonjs asin=”4794221304" locale=”JP” title=”レジリエンスの教科書: 逆境をはね返す世界最強トレーニング”]p>

 

[ama[amazonjs asin=”4479794964" locale=”JP” title=”スタンフォードのストレスを力に変える教科書”]

じつは自分もマンガを読んで備忘録も含めて皆さんにご紹介しようと書きました。

入門編としてマンガ版から入るのがオススメです。マンガなのでスラっと読めますよ。

 

 

明日からレジリエンスを高めて折れない心で人生を充実させて行きましょう!

 

それではみなさんいい夢を

ABOUT ME
daisen1101
15卒のメーカーで働いている20代。よく30代の課長っぽいと言われます。このブログは働きながら疑問に思ったこと、社会人について書いています。趣味は合気道(初段・5年目)と麻雀と一人旅。JAZZとプログレが大好きな20代です。 詳しいプロフィールはこちらから
音楽聴き放題ならアマゾンの”MusicUnlimited”

最近はスマホやPCで音楽を聞いている人も多いはず。

そんな音楽好きにオススメなのが音楽聴き放題サービスの『AmazonMusicUnlimited

▼公式サイトはコチラ▼

月額980円、シングル1枚の料金でで6500万曲以上がスマホやPCで聴き放題になります!

  • 6500万曲以上が聴き放題(洋楽はもちろん最新の邦楽も聴ける!)
  • 30日間の無料体験サービス実施中(途中解約してもタダ!)
  • シンプルなUI、プレイリストやラジオなど機能充実

アマゾンを使ってない人にもオススメ!音楽を聞くなら是非チェックですよ!

30日間無料体験をチェック