page contents
会社/働き方について

なぜ社内営業が嫌いと感じるのか~上司が社内営業を履き違えてる!社内に必要のは「コミュニケーション」だ!~

社内営業に訴える会社員

媚を売るより油を売るのが得意なdaisen(@kiteretu1101)です。

 

社内営業を行う社会人

社内営業ってあるじゃあないですか。よく先輩から「社内営業も大事だからな〜」ってな感じでアドバイスを受けたことありませんか?

 

個人的な考えとして、なんで社内営業我必要なのかって思うんです。というか上司や同僚、世間一般でいう「社内営業」ってなんか変だなぁとおもうんですね。

確かに仕事を進める上で社内の人たちとのコミュニケーションは必要不可欠です。大きな仕事をしようとしたら自分一人だけでは出来ません。それに社内とのコミュニケーションが円滑だと仕事もはかどるのでやるに越したことはありません。

でも社内営業っていうとイメージとして上司に好かれる為にしんどい思いをして飲みについて回ったり、印象が悪いから付き合い残業をし、変に気をつかって有給を取らなかったりなどなど・・・

こういうことをしないと正しく評価されないし、仕事がうまく回らないというのは馬鹿馬鹿しいと思います。

そもそもとして会社に必要なのは社内営業じゃあなく円滑なコミュニケーションです。

な~んか日本の社内営業って凄くヘンだと思いませんか?

なぜ社会営業をするのか~社内営業のメリット~

営業中のサラリーマン

そもそもなぜ社内営業をしないといけないのか。した方がいいということは何かしらのメリットがあるわけです。

そこで社内営業を行うことでどんなメリットが考えられるのでしょうか。

  • 社員間でコミュニケーションが取れる→情報伝達しやすい
  • 情報が伝わりやすいので仕事の効率化が望める
  • 上司とのコミュニケーションを行うので仕事がしやすくなる(書類の話など上司の許可が必要なとき)
  • 何かあったときに助けてくれる

といったことが考えられます。(他にも多くあると思いますが・・・)

こうしてみると社内営業を行うことで、仕事を円滑化し、より効率的に仕事がおこなえるわけです。あれ?社内営業ってめっちゃ大事なことじゃあないですか!

そうなんです。社内営業ってのは仕事を行う上で重要なことなんです。社内間でちゃんとコミュニケーションをとってないと職場全体の活気も高まりません。それに上司としっかりコミュニケーションをとっていたらいざってときになにかと仕事がし易いんです。(これを根回しと言うんだ。)

 

それに極端な話、一切会話がない職場ってなんか嫌ですよね。私コミュ障なんで~って言ってる人も一言も言葉をかわさずに職場にいるのってこたえますよ。

 

社内営業が嫌だ!めんどくさい!と思う理由って?

理由を考えると社内営業って理にかなった行動なんですよ。納得。

でも社内営業ってグーグル先生に尋ねると「社内営業 嫌」「社内営業 めんどくさい」みたいなネガティブワードが出てくるんです。正直自分も社内営業大事だよって先輩から言われて「めんどくせ~」って思ってます。かくいう私も一人が好きな社会不適合者です。ランチに誘われても極力一人で孤独のグルメがしたい人間です。

 

じゃあなんで社内営業ってめんどくさい!嫌!って思うんでしょうか?

社内営業=ゴマすりのイメージ

社内営業っていうと上司に媚び売って、ごますって、創業明治、やずやのごま油…ってな感じで「上司に媚びを売る」っていうイメージがつよいからじゃあないかとおもいます。

出世のために上司に営業をかけてひたすらっていうイメージ。出世のためならいいんじゃないの?っていうおじさんもいらっしゃるとおもいますが、最近の若者は出世ってコスパ悪ッ!って思ってますからね。

参考:出世ってコスパ悪くないですか?働く若者の60%が出世したくない現実

社内営業のために上司に気を使う(空気を読む)

なんで上司や先輩に気を使って営業しなくちゃあならんのだと。上司を舐めているとかそういうのじゃあなく、もちろん尊敬はしてますが、だからといって無理して気をつかってまでする必要があるのか、と思うんです。

そう考えると社内営業って嫌だなぁっておもいますよね。特に社内の「お局様」に好かれようとするってのが自分は好きであありません。嫌われるような事はしませんし、失礼なことは気をつけますが、好かれるために自分を曲げてまでやりたくない、という人間です(私だけ?

てなもんで社内営業のために空気を読むってのがどうなんだ?っておもいます。そもそも空気は読むものではなく作るものだ!というのが私の哲学です。(実行は出来てない)

参考:空気は「読む」ではなく「作る」。合気道流「自分の世界を作る」考え方。

社内営業のために無駄に残業したり有給をとらないようにする

これが自分の中で一番許せません。実は会社の先輩にも「理由もないのに休みを取ると上は良くは思わない」とアドバイスを受けました。

知ったこっちゃないわ!っておもいます。上司や先輩が残ってるし、早々に変えると印象が悪くなるから残業して社内営業しようね、っていうのはアホらしいです。

先の過労死「事件」(あえて事件と書かせていただきます)もこうした空気があったからじゃあないかとおもいます。って書くほどじぶんは残業が嫌いです。

参考:日本人は残業しすぎ?社会人は「必要な残業」を考えないから仕事が増える

参考:残業なんて、頭が悪い奴がすることです。

参考:残業ゼロが当たり前だと叫びたい!~残業しないで働くは理想か~

[amazonjs asin=”B016ZEIS0I” locale=”JP” title=”君はまだ残業しているのか PHP文庫”]

 

スポンサーリンク

なんで社内営業は「部下」がしないと駄目なの?上司も社内営業しないの?

社内営業に失敗したサラリーマン

こうして書いてみると一つ気づいたことがあります。

 

社内営業ってなんで「部下」がしなくちゃあならないんだ?

上司に気を使ったりってのも部下がやる前提じゃあないですか。そもそも社内「営業」っていうんだったら上司だって客であり、部下も客であるはずです。なのに上司がさもお客様みたいな感じになってるんですよ。そりゃあおかしいわけですよ。部下だって立派なお客様じゃあないですか。

 

社内営業は仕事の生産性を向上させるため、というのなら上司も部下に対して営業をかけるべきです。例えば部下の仕事の調子が悪いときは積極的に問題点をあぶり出したり、部下がしんどきときは変わって仕事の調整をしたりなどなど…

上司(管理者)でも全然社内営業できる部分はあるとおもいます。そもそもコミュニケーションを取るのに「営業」って言葉を使うこと自体どうなのよ、とは思いますが…

 

社内営業を履き違えてるな!実際の営業でも必要な「コミュニケーション」

[amazonjs asin=”4902969513" locale=”JP” title=”営業の魔法―この魔法を手にした者は必ず成功する”]

上司(課長)が私に

「社内営業が出来ない人間は社外でも物は売れない。なぜなら社内でもどうしたら相手のためになるか、ということを常に意識しなければならないからだ」

とおっしゃりました。成る程、と思います。

営業…モノを売るには相手に対してメリットを感じさせないと買ってくれません。同じように社内で上手く仕事をするには社内の人間に対してメリットを感じさせるようにしないといけないからです。

 

こいつに仕事を任せたらメリットがありそうだな…」と思わせるのが社内営業だと思います。そうするためにもしっかりと社内の人間に対してコミュニケーションを取るべき。だから社内営業は大切。ということでしょうか。

 

社内営業の問題点は上司や先輩が「社内営業を履き違えてる」からだと思います。残業してるから、媚をうるから、だからメリットを感じる。たしかに気分はいいかもしれませんが、果たして売上が上がるか?って話です。

 

営業に大事なのは「コミュニケーション」です。コミュニケーションこそ営業にとって必要不可欠なスキルです。そのコミュニケーション能力を高めるためにも社内営業は必要です。そのための社内営業だと私は考えます。

 

「社内営業」=「コミュニケーション」

ここを履き違えてる人がいるから社内営業は嫌だなぁと思って業績がさがってしまうんじゃあないでしょうか?

[a[amazonjs asin=”4074149540" locale=”JP” title=”図解 職場の嫌いな人の取り扱い方法”]p>

媚びを売るなら客にモノを売れってことですね。お後がよろしいようで。

 

 

それでは皆さんいい夢を(締めの言葉

 

ABOUT ME
daisen1101
15卒のメーカーで働いている20代。よく30代の課長っぽいと言われます。このブログは働きながら疑問に思ったこと、社会人について書いています。趣味は合気道(初段・5年目)と麻雀と一人旅。JAZZとプログレが大好きな20代です。 詳しいプロフィールはこちらから
麻雀本が読み放題になる『KindleUnlimited』がおすすめ!

麻雀本を揃えたいけど意外と高いんだよね・・・

と買うのを戸惑っている人におすすめなサービスがあるんです。

それがAmazonの『KindleUnlimited』。

↓KindleUnlimited公式サイト↓

月額980円で電子書籍のKindleが読み放題になるというサービス。麻雀本が1冊1000円ちょっとなので一冊ダウンロードするだけでも元が取れちゃいます!

スマホやタブレットでダウンロードすればどこでも読み放題。通勤通学やちょっとしたスキマ時間があればOK。

もちろん麻雀本以外にも漫画や小説、雑誌など12万点以上が月額980円で読み放題になります。

さらに今なら30日間無料キャンペーンを実施中!30日以内なら解約してもお金は一切かかりません!

無料で麻雀本をたくさん読みたい人は是非キャンペーン中にKindleUnlimitedをチェックしてみてください!

 

30日間無料体験を始める