page contents
雀荘

新宿歌舞伎町のピン東麻雀ルールを紹介!勝って稼ぐための戦術とは?

歌舞伎町の風景

マンガでおなじみの歌舞伎町。つわものぞろいの鉄火場、一度は挑戦してみたいという人もいるのでは?

 

一度は新宿・歌舞伎町の雀荘でデビューしてみたいという方、ちょっと行く前に待ってください。

 

新宿歌舞伎町で打つ雀荘のルールはいつも通っている雀荘とは若干が違うんですよ。

実際に何回か新宿・歌舞伎町の雀荘で遊んだことがありますので、今回は新宿歌舞伎町の雀荘ルールについて書いていこうと思います。

新宿・歌舞伎町で勝負したい!という方は参考にしてやってください。

(歌舞伎町の雀荘ってどんな感じ?という方は↓の記事をどうぞ)

【麻雀】雀ゴロサラリーマンの歌舞伎町旅打ち日記【&オススメ雀荘紹介】

新宿・歌舞伎町の雀荘のルールについて

麻雀牌と自動卓

普段近所にある雀荘のルールだと、

0.5-1-2の鳴き祝儀2000点相当や1-1-2(3)の鳴き祝儀5000点相当、赤牌が3枚

というのが主流ですね。

しかし歌舞伎町の雀荘は若干違います。

同じ麻雀ですが、ウマや祝儀が高く、特殊な牌が使われているのがポイントです。

歌舞伎町の雀荘ルールをまとめてみた

簡単に歌舞伎町の雀荘で使われるルールをまとめてみました。

  • 条件つき東南戦(トップが30000万以下だと南場に入るなど)
  • 本場は1500点
  • 1-2-5(2万点-5万点)。1-2-4もある
  • 祝儀は10000点相当
  • 祝儀が二倍になる金(青)牌が採用
  • 東と西が役牌(西家だとダブ西になる)
  • リーチ後オールマイティになる白ポッチがある
  • トビ賞を採用しているところが多い(ハコラスになると祝儀を払う)
  • ゲーム代は500~600G。 ポイントカードが手厚い

 

 

基本的に新宿・歌舞伎町の雀荘のほとんどは東風戦です。

普段打っているルールと若干違うところがありますね。(白ポッチや祝儀牌、西が役牌になる等)

 

それでは個別にピックアップして新宿・歌舞伎町ルールの特徴を説明したいと思います。

歌舞伎町の雀荘はウマがでかい!

麻雀の画像

まず通常の雀荘と比べてウマオカの比重がでかいです

普通なら1-3ですが、歌舞伎町は2-5とトップの比重がかなりでかいんです。

 

通常のピン南だとハコで6000Pほどですが、新宿・歌舞伎町だと大体8000P。

トビ賞と合わせると下手したら1万Pは吹き飛んでしまいます。

 

東風なのでゲーム数も多く、場代もかさなるので、調子が悪いとフリーターが稼ぐバイト代ぐらいは軽く溶ける恐れがあります。

3位→2位の価値が結構でかい。連帯率が純黒のコツ

トップのウマが+8000Pとでかく見えますが、大事なのは連帯率を上げることです。つまり二位の価値が結構高いんですよ。

 

単純にウマの動きを見ると、二位→一位だと+3000。

対して三位→二位は+4000です。

もちろんトップを取るに越したことはありませんが、接戦のときは無理して一位を狙わずに二位をキープするほうが長期で見たらプラスになるんですね。

スポンサーリンク

東風戦がメイン~慣れてないとスピードで負ける?

歌舞伎町の雀荘は基本東風戦です。打ちなれていないと一瞬で終わってしまうので、苦労するかもしれません。

東風戦と東南戦の打ち方について書きましたが、簡単に特徴を説明すると

  • 親が一回だけなので逆転しずらい
  • スピードが速いので鳴きが重要
  • 一回のミスでラスになることが多い
  • より精密な押し引きが必要

東南戦と違い、ゲーム数が少ないので、それを意識した戦術が必要です。

慣れてない人はちょっと戸惑うかも。一度ネットで練習するのをオススメします。

 

まるで結婚式!祝儀の価値が高すぎる!

麻雀の打ち方

ウマオカの比率が高いのはもちろんのこと、歌舞伎町の雀荘だと祝儀の価値がメチャクチャ高いのが特徴です。

ピンで5000点なのに歌舞伎町は10000点相当。たかすぎぃ!

チップ1枚が10000点相当なので、ゴットーのツモが

500+1000+10000×3=32000点

子の役満と同じ価値というアホみたいな高さですね。

お店によって祝儀が二倍になる

さらに新宿・歌舞伎町のお店だと通常の赤以外にも祝儀2倍の金(青や緑)牌が採用されています。

金牌があったらツモで60000点相当。ひえぇ~!

お店によって金の種類や枚数が変わりますので、ルール説明のときに確認しておきましょう。

赤の受け入れが重要ですので、要チェックですよ!

スポンサーリンク

歌舞伎町の雀荘で勝つための戦術

ここで歌舞伎町で勝つための戦術(コツ)を紹介します。

普通の雀荘とはちょっと違うので、いつもの戦術とは若干異なります。

 

基本的にはセオリー通りに打つのが前提です。

 

アガッたやつが偉い!クイタンのゴットーが最強

歌舞伎町の祝儀は10000点相当。これだけ祝儀の価値が高いので、必然的にアガリのスピードが重要になります。

なのでゴットーの1枚オールを積極的に狙っていきましょう。

牌に赤が合って愚形が多いなら積極的にタンヤオを狙っていきましょう。

リーチが間に合わないと思ったら即効です!

あわせて読みたい

赤を最大限に使い切る打ち方を

もう一つ大事なのが赤を意識して打つことです。

なにせ祝儀比率が高いですからね。

役を狙うよりも、3・4・6・7を残しておいて赤の受け入れを考えたほうが得です。(タンヤオも狙いやすい)

 

鳴きでも赤を食い取れる形を意識するなどの戦術が必要になります。

なるべく赤を使い切る!という意識を強く持ちましょう

守備力を最大限に意識する~遠くて安い鳴きはNG

スピードが重要!といって守備力が低くなる鳴きはNGです。

 

特に頭が無いのに役を鳴いたり、面子がそろってないのに鳴いたりなどなど。

スピードは重要ですが、それ以上に振込みは厳禁です。

東風なので一回の振込みが致命傷になります。上がるなら確実に、です。

アガラス上等!他人に上がらせないことも大事

ラスの状態で順位が変わらないアガリを「アガラス」といい、マナー的にはよろしくないといわれています。

が、新宿・歌舞伎町で生き残るなら積極的にアガラスをしましょう。

なぜなら祝儀の価値が高すぎるから。のんびり逆転の目を狙ってる間にゴットーの一枚を取られたら10000点のマイナスです。

それならのみ手のクソ鳴きでも他人に上がらせないことが重要です。

周りを気にせずアガラスが出来れば第一関門クリア、といったところでしょうか?

最強の役は「リーチ」!白ポッチが見えてなければのみ手でもリーチ!

新宿・歌舞伎町で採用されている「白ポッチ」。

あまり見慣れない牌ですが、こいつも新宿歌舞伎町で勝つためにも重要な要素です。

 

役牌の白の一つにマーク(ダイヤ)を埋め込んだのが白ポッチ。

通常は白として扱われますが、リーチでツモると上がり牌(オールマイティ)になります。

なので白ポッチが見えてなかったら基本リーチです。

白ポッチの特徴

白ポッチが入っていると

  • リーチのアガリ枚数が一枚増える
  • 祝儀の対象になる
  • 高めでアガれることができる

というメリットがあります。

両面の片方三色の場合、白ポッチだと高めになります。

白ポッチが見えていないときは積極的にリーチを狙っていきましょう。

 

歌舞伎町デビューにおすすめの本

最後に歌舞伎町でデビューする前に読むとおすすめしたい戦術本を紹介します。

 

真剣 実録!!フリーで1000万貯めた男

[amazonjs asin=”B00I36DN20" locale=”JP” title=”真剣 実録!!フリーで1000万貯めた男 (近代麻雀コミックス)”]

プロ連盟の佐々木寿人プロを題材にした漫画。作中で新宿のピン東の戦術と描写が書かれているので、ピン東がどんな感じなのかがわかるのでオススメ。

いまだとキンドルでも発売されているので購入しやすいのもポイントです。

純黒ピン東メンバーが教えるフリー麻雀で食う超実践打法

[a[amazonjs asin=”B01BOZXQGE” locale=”JP” title=”純黒ピン東メンバーが教える フリー麻雀で食う超実践打法”]p>

ご存知?あの最強メンバーの雀ゴロKさんの戦術本。いろんな戦術本が出てますが、フリー麻雀に特化したのはこの本だけ。

祝儀を意識した戦術・鳴きの要素が詰まっているので、祝儀の比率が高い新宿歌舞伎町ルールにはもってこいの一冊です。

鉄鳴きの麒麟児

[a[amazonjs asin=”B00UJC2JJE” locale=”JP” title=”鉄鳴きの麒麟児 歌舞伎町制圧編(1) (近代麻雀コミックス)”]p>

ネット麻雀の最強がリアル麻雀で最強を目指す麻雀マンガ。

実在する雀荘をモチーフにしたお店での闘牌描写があるので、こちらも歌舞伎町の麻雀がどんなものかがなんとなくイメージできる作品です。

特にネット麻雀で最強を誇る人は歌舞伎町デビューの前に読んでみるといいかも?

レビュー:フリー麻雀で稼ぐ!”鉄鳴きの麒麟児”は麻雀漫画ファンに絶対オススメしたい作品!

新宿歌舞伎町の雀荘は一味違う!刺激がほしい人は挑戦してみる?

というわけで新宿歌舞伎町の雀荘についてひとおり書いてみました。

自分も歌舞伎町で遊んでみた感想としては「刺激的で面白い」です。

 

さすが日本屈指のレートだけあって緊張感が違います。

実際言ってみると店員さんも腰が低い方も多く、マナーも(比較的)いいお店が多いので、漫画のような怖い雰囲気ではないので大丈夫です。

 

一度刺激的なマージャンをしたい!という方は是非新宿歌舞伎町へ。鉄火場を味わえますよ。

歌舞伎町の雀荘レポートはこちら→【麻雀】雀ゴロサラリーマンの歌舞伎町旅打ち日記【&オススメ雀荘紹介】

こちらも読まれてます

【レビュー】強くなるにはこれを読め! 現代麻雀押し引きの教科書はガチでオススメの戦術本!

【麻雀】読むだけで強くなる!麻雀 傑作「何切る」300選【レビュー】

 

それではみなさんいい夢を(締めの言葉

ABOUT ME
daisen1101
15卒のメーカーで働いている20代。よく30代の課長っぽいと言われます。このブログは働きながら疑問に思ったこと、社会人について書いています。趣味は合気道(初段・5年目)と麻雀と一人旅。JAZZとプログレが大好きな20代です。 詳しいプロフィールはこちらから
麻雀本が読み放題になる『KindleUnlimited』がおすすめ!

麻雀本を揃えたいけど意外と高いんだよね・・・

と買うのを戸惑っている人におすすめなサービスがあるんです。

それがAmazonの『KindleUnlimited』。

↓KindleUnlimited公式サイト↓

月額980円で電子書籍のKindleが読み放題になるというサービス。麻雀本が1冊1000円ちょっとなので一冊ダウンロードするだけでも元が取れちゃいます!

スマホやタブレットでダウンロードすればどこでも読み放題。通勤通学やちょっとしたスキマ時間があればOK。

もちろん麻雀本以外にも漫画や小説、雑誌など12万点以上が月額980円で読み放題になります。

さらに今なら30日間無料キャンペーンを実施中!30日以内なら解約してもお金は一切かかりません!

無料で麻雀本をたくさん読みたい人は是非キャンペーン中にKindleUnlimitedをチェックしてみてください!

 

30日間無料体験を始める