page contents
会社/働き方について

営業の移動時間ほど無駄なものはない~結果の出る時間の使い方を考えよう~

打ち合わせの確認をする男性
営業(同行)をやってて思ったこと。
 
 
「移動時間がものすごく無駄」
 
 
会社によっては様々なのは先刻承知ですが、営業の移動時間ってものすごく無駄な気がしてなりません。
 
朝から営業に行くために車に乗って、帰ってくるのは定時ギリギリなんてざらです。
 
 
遠くのお客さんに営業しに言ったのに不在でしたー^^ってなったら何のために遠くにいってるのかわからなくなります。ドライブしてるのとほとんど変わりないような・・・(景色が綺麗だからまだまし?)
 
 
営業ってお客様と面と向かっていろいろ話したりするから意味があると思うんですけど、こうも移動時間を消耗してたらこれでいいのかなぁ・・・と持ってしまいます。
 
 
一日の仕事で結果に結びつく時間をどれだけ使っているか、移動するだけで売上が伸びるのなら誰だって移動ばっかりしていますよね。
 
 
仕事の中でどれだけ結果に結びつく時間があるのか、これを意識するだけでガラッと取り組み方が変わります。
 
 

移動時間でどれだけ使っているか

大体仕事でどれくらいの割合で移動時間を使っているのでしょうか。自分のケースで考えて見ます。(ルート営業です)
 
 
 
一日の移動の平均を行き帰り合わせて2時間かかるとして、一週間で10時間。
 
週8時間働くとして(嘘だゾ、ホントは10時間以上…)40時間。
 
なんと!仕事の4分の一を移動時間に使っているわけです!
 
二時間と決めましたが、もし遠くのほうに営業に行ったり、渋滞につかまったりしたらそれだけで大きなロスになります。
 
もちろん業界によりけりだと思いますが、仕事の4分の一が移動だけって考えると、なんだかものすごく無駄にしているような気がします。
 
ことさらルート営業だとお客さんも決まってるので、移動時間も計算できるわけです。お客さんのところに行くのに何時間かかるかがわかっていたら余計にどうにかできないかなぁと思うわけです。(嗚呼どこでもドアが欲しい・・・)
 
10時間あったら何ができるかって考えるともっといろいろ工夫できないかなぁと思います。この時間を上手いこと使ったら残業もなくなるのかなぁ・・・
 
[amazonjs asin=”B013SOU6K8" locale=”JP” title=”グルマンディーズ ドラえもん iPhone6対応 どこでもドアカバー DR-28A”]
 

その営業は数字に結びついているのか?

営業にバリバリ行ってます!でも数字が中々出せなくて・・・と嘆く営業マンの少なくないと思います。(自分もそうならないように気をつけないと)
 
たくさん営業に行っているのに数字が出ないのはなぜだろう?と考えたときに、そもそもその営業は結果(数字)に結びついているのか、を考えるべきです。
 
というのもそもそもなんで営業に向かうか、といえば、お客さんとコミュニケーションを取ることです。話の中で新しい情報を引き出したり、困っていること、ニーズを引き出す・・・ってのは本屋に出ている営業の本にかかれてますよね(読まなきゃ・・・)
 
ぶっちゃけ話をするだけならケータイでもいいし、コミュニケーションをとるならメール、最悪LINEでのやりとりでもできるわけですよね。
 
それなら無理して移動時間をかけて営業しなくてもいいわけです。電話や書類のやり取りで済む話ならそれに徹っすればいいわけですから。
 
でもそれだけじゃあうまくいかないのが営業(だと思います)。やっぱりお客さんのところに直接向かってヒアリングなりをする必要があります。
 
たくさん営業に行っているのに売上が伸びない・・・と嘆いている人は、その営業自体に意味があるのか、つまり数字に直接つながっているのか、を考える必要があります。
 
スポンサーリンク

売れる時間の使い方を考える(時間の有効活用)

ネットや本を読んでいると、出来る営業マンって上手いこと時間を使うんですよ。
 
結果を出せる時間の使い方、と言い換えてもいいかもしれません。売上に直結する時間をどれだけ使うか、これが成績向上のポイントです。
 
一日の仕事の中でどの時間が売上に結びつくのかを考えたことはありますか?営業に行ってる!といっている人は移動時間だけ消耗してお客さんとの打ち合わせはちょろっとだけ、なんてのもあるかもしれません。
 
いろんな本にも書かれていますが、一日の仕事にどのくらいの時間を使っているのか、「たな卸し」をすると、目に見えてきます。もしかしたらものすごく無駄な時間を消耗しているかもしれません。
 
営業の移動時間だけでも4分の一を使います。もしこの時間を売上に結びつく行動に当てたとしたら、単純計算数字が25%上がるということです。これってすごくないですか?
 
[a[amazonjs asin=”4426606861" locale=”JP” title=”営業マンにホントに必要な「数字」の話をします。”]div>
 

最後に・・・タイム・イズ・マネーの徹底

会社や仕事に限った話ではないですが、時間をどれだけ有効に使うのかは今後の人生を左右させるなぁとしみじみ思いました。
 
時は金なり、という言葉も社会人になってわかってきました。何のために時間を使うのか、という意識を強く持たないと消耗しているばっかりです。だらだらして残業するくらいならささっと切り上げてほかの事に時間を使って、もっと経験地を増やしたほうがいいと思います。
 
前に当社の社長が新入社員に向けて(つまり僕達)送った言葉がありますが、まさにこれのことです。何が一番大事で、どれに時間を使うのか。時間もおんなじ値段というわけではないんですよね。
 
時間をささげるのではなく、結果を出すことが会社への貢献である。なるほどだと思いました。
 
もしいい結果を出したい!と思ったら、一度自分の時間をたな卸しして、無駄のない時間の使い方を考えてみると新しい発見があるかもしれません。
 
無駄な時間は断捨離!って使い方違うかなぁ…
 
[ama[amazonjs asin=”4847093461" locale=”JP” title=”ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ -"]v>
 
それでは皆さんいい夢を(締めの言葉
ABOUT ME
daisen1101
15卒のメーカーで働いている20代。よく30代の課長っぽいと言われます。このブログは働きながら疑問に思ったこと、社会人について書いています。趣味は合気道(初段・5年目)と麻雀と一人旅。JAZZとプログレが大好きな20代です。 詳しいプロフィールはこちらから
音楽聴き放題ならアマゾンの”MusicUnlimited”

最近はスマホやPCで音楽を聞いている人も多いはず。

そんな音楽好きにオススメなのが音楽聴き放題サービスの『AmazonMusicUnlimited

▼公式サイトはコチラ▼

月額980円、シングル1枚の料金でで6500万曲以上がスマホやPCで聴き放題になります!

  • 6500万曲以上が聴き放題(洋楽はもちろん最新の邦楽も聴ける!)
  • 30日間の無料体験サービス実施中(途中解約してもタダ!)
  • シンプルなUI、プレイリストやラジオなど機能充実

アマゾンを使ってない人にもオススメ!音楽を聞くなら是非チェックですよ!

30日間無料体験をチェック