page contents
合気道

アナタが頑張ってもライバルに絶対勝てない理由~合気道に学ぶ”必勝法”とは?

悔し泣きするサラリーマン

売られたケンカはクーリング・オフ。daisen【@kiteretu1101です。

 

学校でテストの成績で勝てない!スポーツでいつもあいつに負けてしまう!

会社の同期に営業成績で数字を追い越せない!どんだけ練習しても”ライバル”に勝てない!

 

そんな感じでライバルとの競争に勝てずにもんもんとしてる人、いるんじゃあないでしょうか?

なぜアナタが勉強やスポーツ、会社で勝てないのか?お答えしましょう。

 

「相手よりも勝とうと思っているから」

です。

え?負けたくないから普通は必死になって勝とうとするんじゃないのか?

って思いますよね。たしかにそうなんですが、勝つことに”執着”してしまうと不思議と”勝てなく”なっちゃうんですよ。

どういうことでしょうか?そのヒントは”合気道”にありました。

というわけで今回は合気道のお稽古で気づいたことを書いていこうと思います。

そもそも合気道って何?という人は

【入門】合気道ってどんな武道?合気道歴5年の黒帯がよく聞かれる質問に答えてみた

道場に天才少女がやってきた

女性同士の合気道

ちょっとだけ昔話。

自分は大学時代に地元の合気道道場に入門しまして、今は6年目の初段です。

ちょっと昔話。

道場に入門して2,3年目の頃、当時中学生の少女が入門しました。

そのお嬢さん。まぁ体の使い方が上手と言いますか、漫画風に言えば

「この少女…もしや合気道の天才では…?」

と師範がうなるほど合気道が上手かったんですよ。

当時は先輩だった私のほうが級は上だったんですが、年が過ぎる内にぐんぐんと差が縮まり、とうとう先にそのお嬢さんが初段になりました。

 

当時(今でも)青かった私は

「なんで後に入ってきた人に抜かされるんだ?しかも年も離れた少女に!」

と腹の底でつぶやいてました。

ちょっと悔しかったら真似をするもお稽古が下手になった

負けず嫌いな性格では無いのですが、どうも無性に悔しくなりました。

悔しい、というよりも「なんであんなに上手くできるんだ?」という▶私の強みの一つである分析欲が強くなりまして。

コチラもどうぞ

一時期その子に”勝とう”としてお稽古をつづけたんですよ。

 

見出しにも書いてますが結論を言うと”下手になりました”。

そりゃそうです。普段通りお稽古をせずにその子に”勝とう”という心が強くなったんですから。

結局「別に追い抜かされてもいいや」とおもって普段通りにお稽古をつづけたら元通りになりました。

人に勝とうとすればするほど勝てなくなる理由

魂心Tシャツ 僕はあの人に勝ちたい。(Mサイズ長袖Tシャツ白x文字黒)

で、この合気道の経験で一つ学んだことがありました。

 

「人は勝ちたいと思えば思うほど勝てない」

 

普通は勝つために必死に練習したりするじゃないですか。確かに練習したら相手よりも技術や経験が身について勝てるはずなんです。

でも実際勝とうと思って色々やってみたものの結局ウマイこと行きませんでした。

(お前が下手くそなだけだろ!というツッコミはなしで…)

なんで勝ちたいと思えば勝てないのか、それは

「勝つこと自体が目標になってる」からです。

勝つことが目的になると成長が止まる

母親と仕事のことで話してたんですが、駄目な営業マンの共通点ってわかります?

答えは

 

「数字も目標にする」

ことです。

 

営業といえばノルマがありますよね。当然ノルマのために一生懸命頑張るんですが、数字を目標にしたら数字を達成した時点で終わりなんですよ。

100というノルマが合ったら100になったら終わり。101以上は目標じゃあないのでそこで”止まります”。

同じように勝つことを目標にしてる人は”相手に勝った時点で終わり”になるんです。

だから勝とうと思う一生勝てないんですよ。

スポンサーリンク

勝ちたければ勝とうとするのではなく”最高のパフォーマンス”を出すこと

叫ぶサラリーマン

合気道という武道は基本的に”勝ち負け”という概念がありません。なので試合も当然ありません。

じゃあ何を目標にしてお稽古を続けるかというと”最高のパフォーマンス”を出せるようにすることです。

 

合気道は試合ではなく”演武”…今までお稽古した技がどれだけ上手にできるかが問われます。

なので”勝つ”ためではなく”上手”にやることが目標なんです。これって対象がないんですよ。究極自分との戦いみたいな感じです。

できる営業マンは数字でなく結果を出す

上に書いた営業マンの話ですが、逆にできる営業マンは何をしているかというと、”結果”を出すことを目標にしています。

ノルマが100あったらそれを到達点として最高のパフォーマンスを出すように一生懸命がんばります。

そうすると自然と100以上の結果が出てノルマが達成されるわけです。そもそも数字という”勝つべき相手”なんか気にしてないんですよ。できる営業マンは。

 

合気道も相手に勝ったか黒帯!というのはありません。最高のパフォーマンス…結果を認めらた証として黒帯をいただけるんですね。

勝ちたければ勝とうと思わずに自分を成長させ続けること

格闘ゲームで有名な梅原大吾サンの名著に「勝ち続ける意志力」という本があります。

私が言いたいことをタイトルが代弁してくれました。本の中でもひたすら「勝ち続けるには?」という内容が著者の格闘ゲームの経験から書かれています。

まさにそのとおりで勝つ人は勝とうとするのではなく”成長し続ける”人なんですよ。

合気道のお稽古で上手な人もあの人よりもうまくなりたい!というようりも自分の技をもっと磨こう!とおもう人が上達してるんですね。

 

もしどうしてもあいつに勝ちたい!でも勝てない!という人はもしかしたら”勝つ”ことに囚われているかもしれません。

そんなときは

「別に勝てなくてもいいや。あいつはあいつ。私は私。自分の技術を磨いて最高の結果を出せばいいさ!」

と気楽に考えてみて下さい。そうするといつの間にかどうしても勝ちたかった人よりも先に進んでいるはずです。

 

競争社会で疲れたらまずは自分自身に目を、耳を傾けてみて下さい。きっと今まで見えなかった気づきがあるはずですよ。

 

合気道に興味を持ったらコチラもどうぞ

眠たくない時に試して欲しい、わずか1分でぐっすり寝れる合気道の呼吸法とは?

空気は「読む」ではなく「作る」。合気道流「自分の世界を作る」考え方。

頑張っているのに結果が出ない人は”結果を出すことに執着してるから”です

それではみなさんいい夢を(締めの言葉

ABOUT ME
daisen1101
15卒のメーカーで働いている20代。よく30代の課長っぽいと言われます。このブログは働きながら疑問に思ったこと、社会人について書いています。趣味は合気道(初段・5年目)と麻雀と一人旅。JAZZとプログレが大好きな20代です。 詳しいプロフィールはこちらから
音楽聴き放題ならアマゾンの”MusicUnlimited”

最近はスマホやPCで音楽を聞いている人も多いはず。

そんな音楽好きにオススメなのが音楽聴き放題サービスの『AmazonMusicUnlimited

▼公式サイトはコチラ▼

月額980円、シングル1枚の料金でで6500万曲以上がスマホやPCで聴き放題になります!

  • 6500万曲以上が聴き放題(洋楽はもちろん最新の邦楽も聴ける!)
  • 30日間の無料体験サービス実施中(途中解約してもタダ!)
  • シンプルなUI、プレイリストやラジオなど機能充実

アマゾンを使ってない人にもオススメ!音楽を聞くなら是非チェックですよ!

30日間無料体験をチェック